フィリピンセブ不動産の売買、賃貸はCCPI社~そよ風に吹かれて

フィリピンセブ不動産の売買、賃貸お困り相談所。8ニュータウン他

フィリピン不動産CCPIのお問合せはinfoccpinc@gmail.com になります. 2018年2月よりフィリピンマニラマカティーオフィスに事業拡張のために移転いたしました。日本語対応は2人、マニラオフィスは現在6人体制、セブオフィスは2人体制です。 CEOは日本の金融、不動産が日本の高度成長期に一番伸びたことからその経験を踏まえて フィリピン不動産から銀行、VISAまでのワンストップサービスを目指しています。 フィリピン不動産で特に、放置された物件は没収など非常に危険な状態です。 日本人の資産を守るために販売でもアメリカ法、イギリス法も勉強し、もちろんフィリピン法も弁護士と共に一番いい方法を模索させていただきます。 お気軽にメールいただければと思います。 Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

フィリピンのサービス水準について

SEANです。

日本の方がフィリピンについて持つ印象としては、まずは治安の

悪さだと思いますが、私たちが仕事をしているマカティやボニファシオ

グローバルシティ(BGC)、ロックウェル、アラバン、オルティガスでしたら

怖い思いはあまりしないと思います。

 

日本の方にはマカティが圧倒的に知られていますが、マカティでも裏道とか

はホームレスが寝ていたりしますが、BGCは殆ど見ることはありません。

 

最近は日本人より韓国人男性が目立つマラテは、以前より改善されたとは

言え、日本人の駐在員の多くは危険だからとあまり近づきたがらないエリア

になっているのですが、確かに、コンビニでもマクドナルドでも、入り口には

マシンガンを持ったガードマンが立っているのですが、マカティやBGCでは

殆ど見ることはありません。

 

SEANは一日の大部分をマカティで過ごしていますが、日系企業のオフィスが

あるアヤラ アベニューあたりでも、日本人はあまり見かけません。

 

家族帯同の方は殆ど、BGCに住んでいるようです。日本人学校がありますし、

個人的にもBGCはとてもきれいで住みやすいと感じています。

 

お母さんと小さなお子さんだけで街を歩けるのがBGCです。

 

さて、本題のフィリピンのサービス水準ですが、これははっきり言って

非常に低いです。

 

約束はしても、守るかどうかは別。

明日までに仕上げると連絡が来ても、ちゃんと守られる確率は、

経験値では20%未満。

 

日本人客が多い居酒屋に行っても、日本レベルを決して期待しては

いけません。

先日、行ったお店ですが、最初に座った席が、キッチン側から見たら

死角になっている。

日本だったら、カップルが喜びそうな席ですが、こちらでこのような

席を選んではいけないと痛感しました。

 

何しろ、ホールスタッフが全く来ない、、、

大きめの声で呼んでも来ない、、、

 

聞こえないのではなくて、スタッフ同士のおしゃべり優先なのです。

 

ですから、途中で席を変えた訳ですが、それでも、手を挙げただけでは

まず、こちらに来てはくれません。声を出す時も、正直、周りのお客さんを

配慮して、あまり大きな声を出したくはないのですが、そうしないと、

スタッフは”聞こえていないもんねー” という雰囲気。

 

確実に気付いているのは、目元がぴくっとするから判るのですが(笑)、

優先なのはスタッフ同士との雑談なわけ、ですね、、、

 

かなり高額なホテルのレストランでしたら、こういう事はないでしょうが、

日本よりはるかに高い値段を日常的に払うのも、、、、、ということで、

最近ではもっぱら、自炊になっています。日本の飲食店は安くて美味しくて

サービスも(こちらよりは)はるかに素晴らしい、いいなあ、と思います。

 

あとは、昨日遭遇したのが、配車アプリ grab carでの出来事。

マニラ ニノイ アキノ空港でミーティングがあって、終わってから

grabを呼んで乗車したのですが、ドライバーが通行していたのが、

禁止されているレーンだったので、発車直後に、交通取締のスタッフに

呼び止められてしまいました。

 

こちらは急いでいたので、ドライバーに”あなたからキャンセルしてください”と

リクエストしたのですが、拒否。これ、はじめての経験だったのですが、grabは

乗車後にキャンセルできない(方法はあるみたいですが、普通のユーザーには

わからない)。

埒があかないので、降車して、grab ブースに行って、事情を話してキャンセル

するように頼んだのですが、女性スタッフは”私の責任じゃない” と言って、

まともに取り合う気配なし。こちらでキャンセルはできません、と、、、

 

本当にこの国は疲れるなあ、と思いつつ、

 

”それはわかっているよ。君が悪いわけではない。でも、僕も悪くない。

あなた、グラブのスタッフだよね。お願いだから、助けてもらえないかな?”

と仏レベルのやさしさで諭した答えが、そのドライバーがまもなく来るから

待っていてね、というもの。

 

まあ来るなら仕方ないか、と思って待ちましたが、全然クルマが動いていない。

どうやら、まだ、ポリスにつかまっている模様。

 

その間に、grab アプリを何度も操作して、再予約を試みたのですが、予約できました!

という画面に出てくるドライバーの顔は、件の”キャンセル拒否”ドライバーの

憎たらしい(笑)顔。

 

この時点で、もう40分経過。

 

しびれを切らして、再度、grab ブースに行ったら、画面も見ないのに、

”いま、さっきのドライバーがあなたの所に向かっているから”と言ってきたの

ですが、自分の携帯の画面見たら、そのドライバーの車は、空港からどんどん

離れていっている、、、

 

女性スタッフに”ほら!”と示したら、そこではじめて私の携帯をチャチャっと

操作して、あっという間にキャンセル終了。

 

一体、いままでのやり取りはなんだったんだ!と思いつつ、次のgrabを

呼んで、乗車できたのは結局60分後、、、、

 

本当に疲れました。

grab で向かった先は、知り合いの所だったのですが、席に着いた直後に、

マダムから

 

”あら、どうしたの今日は? なんか、すごく疲れた表情だけど”

と言われました。思いっきり、顔に出ていたようです、、、汗

 

この2つのお話以外でも、ビジネスにおいても、とにかく、約束は守らない、

メールの返信ない、何か大きなミスをした場合には徹底的に隠すか、

責任逃れをする。

 

ですから、毎日の仕事をしていくのは、本当に戦い。

 

何か書類などを手渡す時には、必ず受領証をもらう(詳細なもの)、など、

自分をプロテクトするのが必須。

 

でも、メールに返信がないから” あなたは何で約束守れないの!”といった

詰問口調は、フィリピンでは殆ど見かけません。プライドが非常に高いから、

のようです。

 

ですから、毎日毎日、”may i follow up this? といったメールを送り続けて、

気付いたら2週間とか1か月経過、、、

 

でも、これでは日本人のお客様に説明できないので、先方にアポなし突撃

訪問することも。

その時も、決して詰問口調ではなく、優しく、”よろしくねー”という感じで

お願いする。

 

日本人の感覚では、”甘いなあ”というところですが、これがフィリピンの

実情です。

 

でも、ここまで、ネガティブな事ばかり書きましたが、同僚とか友達に

なったらすごく優しくて、フィリピン人はいいなあ、と思いますし、さらに

家族の繋がりとなると、日本では考えられない位強い。

 

近しい関係になると、すごく温かいのが、フィリピンです。

 

 

 

Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

にほんブログ村 株ブログ 海外投資へ
にほんブログ村 にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

フィリピン不動産お困り相談受け付けています。 フィリピン不動産の本当の運用ができていない方、転売、賃貸を希望される方は、 infoccpinc@gmail.com までお気軽に相談内容をメールください。