フィリピンセブ不動産の売買、賃貸はCCPI社~そよ風に吹かれて

フィリピンセブ不動産の売買、賃貸お困り相談所。8ニュータウン他

フィリピン不動産CCPIのお問合せはinfoccpinc@gmail.com になります. 2018年2月よりフィリピンマニラマカティーオフィスに事業拡張のために移転いたしました。日本語対応は2人、マニラオフィスは現在6人体制、セブオフィスは2人体制です。 CEOは日本の金融、不動産が日本の高度成長期に一番伸びたことからその経験を踏まえて フィリピン不動産から銀行、VISAまでのワンストップサービスを目指しています。 フィリピン不動産で特に、放置された物件は没収など非常に危険な状態です。 日本人の資産を守るために販売でもアメリカ法、イギリス法も勉強し、もちろんフィリピン法も弁護士と共に一番いい方法を模索させていただきます。 お気軽にメールいただければと思います。 Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

小切手 代理決済? サービス

SEANです。

 

前回の記事でJACKが書きましたが、これは、小切手がすぐに用意できない

オーナーさんのインハウスローン(IHL)の支払代行をしますよ、という

ものです。

 

デベロッパーでIHLを組む場合、決済方法は小切手のみ。5年、60か月であれば、

60枚+5枚程度(印字ミスなどを指摘され落ちなかった場合の予備として)を

用意しないといけません。通常50枚一冊ですから、2冊必要です。

 

余談になりますが、昨年、小切手の書式が変わった銀行がありまして、旧書式

ではダメです、と指摘を受けたケースもありましたね。

 

この小切手ですが、特にPNBは最近リクエストした方が2か月とか3か月待ち

と言われて困りました、という声をいくつも頂いていました。

(これも余談ですが、確かにPNBでしたらフィリピンから日本に送付するのに

時間が掛かるのはわかりますが、それにしても時間かかりすぎ、、、

でも、これがフィリピンの実情です。何事にも恐ろしく時間がかかります)

 

そこで、JACKと共にデベロッパーに出向き、お客様の声を伝えたところ、

特例としてではありますが、当社発行の小切手で、ユニット オーナーさんの

IHL返済をテンポラリーではありますが受け付けてもらえることとなりました。

 

小切手が発行されたら、そこからはオーナーさん自身の小切手で支払いと

なります。

 

地味ですが、このように、困ったなー、というお客様の声をサービスに

反映させていきます。

 

Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

にほんブログ村 株ブログ 海外投資へ
にほんブログ村 にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

 

 

フィリピン不動産お困り相談受け付けています。 フィリピン不動産の本当の運用ができていない方、転売、賃貸を希望される方は、 infoccpinc@gmail.com までお気軽に相談内容をメールください。