フィリピンセブ不動産の売買、賃貸はCCPI社~そよ風に吹かれて

フィリピンセブ不動産の売買、賃貸お困り相談所。8ニュータウン他

フィリピン不動産CCPIのお問合せはinfoccpinc@gmail.com になります. 2018年2月よりフィリピンマニラマカティーオフィスに事業拡張のために移転いたしました。日本語対応は2人、マニラオフィスは現在6人体制、セブオフィスは2人体制です。 CEOは日本の金融、不動産が日本の高度成長期に一番伸びたことからその経験を踏まえて フィリピン不動産から銀行、VISAまでのワンストップサービスを目指しています。 フィリピン不動産で特に、放置された物件は没収など非常に危険な状態です。 日本人の資産を守るために販売でもアメリカ法、イギリス法も勉強し、もちろんフィリピン法も弁護士と共に一番いい方法を模索させていただきます。 お気軽にメールいただければと思います。 Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

SRRV、SQVビザについて、感じている、そもそも論

SEANです。

Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

SRRVやSQV の更新や、最近ですと、物件売却のためSRRVをキャンセルしたいので、

手続きを教えてください、といった問い合わせにお答えしている中で一番問題に

なっているのが、

 

手続きのためにフィリピン渡航および滞在が必要なこと

 

です。

 

日本で仕事があり、フィリピンへの渡航がなかなか厳しい、というお話は

良くいただきます。

 

でも、これは、どうやら、日本人に特有の現象、CONFCLICT のようですね。

最近、特に多い中国人や韓国人のヴィザ申請ですが、そもそも彼らのほとんどは、

フィリピンに住んで、さらに仕事をするためにヴィザ申請をします。

 

ですから、新規取得のために、30日間はフィリピンから出られない、とか、

更新のためにフィリピンに来なければいけない、といった問題はそもそも起きない

わけです。

 

一方、私どもにお問合せいただく日本人の方の多くが、フィリピンを生活の本拠に

していないことで、不便だなあ、と思っている。

 

でも、そもそも、ヴィザは、その国に居住するためのもの、という原則に立ち返れば、

 

SRRVもSQVも、年間最低滞在日数などの決まりがない

 

という点で、非常に有利なヴィザである事は間違いありません。

 

ですから、だれでも、とは言いませんが、将来の選択肢を広げておきたい、

それで預託金とか取得費用は十分に用意できる、という方には、

 

とても良いものだ

 

というのが、取得3年後にフィリピン居住となった、わたくしSEANの考えです。

 にほんブログ村 株ブログ 海外投資へ
にほんブログ村 にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

 

 

 

 

 

フィリピン不動産お困り相談受け付けています。 フィリピン不動産の本当の運用ができていない方、転売、賃貸を希望される方は、 infoccpinc@gmail.com までお気軽に相談内容をメールください。