フィリピンセブ不動産の売買、賃貸はCCPI社~そよ風に吹かれて

フィリピンセブ不動産の売買、賃貸お困り相談所。8ニュータウン他

フィリピン不動産CCPIのお問合せはinfoccpinc@gmail.com になります. 2018年2月よりフィリピンマニラマカティーオフィスに事業拡張のために移転いたしました。日本語対応は2人、マニラオフィスは現在6人体制、セブオフィスは2人体制です。 CEOは日本の金融、不動産が日本の高度成長期に一番伸びたことからその経験を踏まえて フィリピン不動産から銀行、VISAまでのワンストップサービスを目指しています。 フィリピン不動産で特に、放置された物件は没収など非常に危険な状態です。 日本人の資産を守るために販売でもアメリカ法、イギリス法も勉強し、もちろんフィリピン法も弁護士と共に一番いい方法を模索させていただきます。 お気軽にメールいただければと思います。 Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

海外生活したら、日本国内旅行が増える?

SEANです。

 

嵐の1週間、というか、当社はまだまだ仕事は続くのですが、デベロッパー等

関係先はもう業務終了ということで、ちょっとひと息。

 

お客様のユニットの没収回避のため、何枚もの小切手を切って、ダウンペイメントを

完了させて、デベロッパーの担当者に確認させて、併せて、インハウスローンの契約

手続きを進めて、そのためには、お客様の口座ステイタスを確認して、、、といった

感じで、とにかく同時並行で、見落としていることがないか、神経を張り詰めての

毎日。大変ですが、でも、一時は没収リスクがあった、FINAL NOTICEのレターが

届いていたユニットが救われた、と思うと、JACK もそうですが、良かったなあ、と

心から感じているところです。

 

さて、タイトルの件ですが、例えば、SRRVやSQVといったフィリピンの永住権ビザ

でも他国の永住権でも良いですが、この永住権というのは、単なる滞在ビザ、ワーキングビザとは全く違うものだ、という事が良くわかるのが、JALANAの国内線の

 

”外国人および海外居住の日本人向け”

 

割引設定です。

 

JALであれば、日本人の場合は、外国居住が条件ですから、別に永住権でなくても

良いですが、SEANの経験上では、国や旅行会社によって必要事項が微妙に異なり

ますが、VISAは必要でした。

oneworld で日本発見の旅を

羽田那覇でも10800円で、1度の日本滞在で5区間まで利用できる。

ここからは、不動産ではなくて、マイル飛行機ブログになってしまいますが、

いわゆるマイラー、あるいは、JALのフライオン ポイントをためて上級会員を

目指している方で、SRRV等のヴィザを持っていてフィリピンに住んでいたら、

JAL便マニラ発日本行の便で日本に入り、日本国内はどの区間でも10800円で、

2区間目からは変更自由で、ランクの高いチケットですから、ポイントもたくさん

貯まる、ということで、VISAを持っていて良かった!と実感すること、

間違いありません。

 

もうひとつは、ANAのEXPERIENCE JAPAN FARE。

 

日本国内線 - ANA Experience JAPAN Fare|ANA

 

これは、リンク先をご覧いただければわかりますが、永住権がないと

購入できません。

ハードルが高いかわり、上述したJALのチケットのように、ANA便

スターアライアンスの日本行きチケットでなくても、とにかく、

日本行きと日本からの出発便のチケットがあれば、予約できる。

 

これは、メリットのひとつだと思います。

 

ここからは、かなりマニアックになりますが、JAL のVISIT JAPANは

最大5区間、つまり、3往復できないのですが、このANAのチケットを

組み合わせれば3往復か、それ以上が可能となる。これは大きなメリット

です。

 

”修業”と称して、羽田那覇を1日で2往復した人を知っていますが(笑)、

その前後の日にさらに1往復とかそれ以上して、ポイントを稼ぎまくることも

可能です。

 

なんか、話がマイル、ポイント修行になってしまったのですが、SEAN自身、

SRRVを取ってから、大きく変わったことのひとつが、日本国内の旅行が増えた

ことです。何しろ、東京那覇とか那覇札幌でも片道10800円で移動できるのですから。

 

本当に大きなメリットです。もちろん、フィリピンをはじめとする外国居住者に

限定されるわけですが、それは当たり前で、もし、日本居住者がこんな料金で

チケット買えたら、利用されまくりになるでしょうからね。

 

このようなメリットがあるSRRVですが、このブログの読者の方の”物件担保”タイプ

の新規募集は終了したようですが、スマイルという物件担保ではなくて、2万米ドルを

預託すれば、あとは書類揃えて申請できるタイプでしたら、今でも登録できますから、

これから永住権、という方にはお勧めしています。

 

毎年の更新も、退職庁に書類一式と更新費用を提出すれば、すぐに完了。

フィリピンに来なくても代理申請もできますので、もしご興味ある方は

お問合せ頂ければと思います。

 

Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

にほんブログ村 株ブログ 海外投資へ
にほんブログ村 にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

フィリピン不動産お困り相談受け付けています。 フィリピン不動産の本当の運用ができていない方、転売、賃貸を希望される方は、 infoccpinc@gmail.com までお気軽に相談内容をメールください。