フィリピンセブ不動産の売買、賃貸はCCPI社~そよ風に吹かれて

フィリピンセブ不動産の売買、賃貸お困り相談所。8ニュータウン他

フィリピン不動産CCPIのお問合せはinfoccpinc@gmail.com になります. 2019年10月よりフィリピンマニラマカティーオフィスからメインオフィスをバコールに移転いたしました。日本語対応は2人(うち1人はフィリピン人)、バコールオフィスは現在9人体制、セブオフィスは3人体制です。 CEOは日本の金融、不動産が日本の高度成長期に一番伸びたことからその経験を踏まえて フィリピン不動産から銀行口座、VISA及び移住希望まで お気軽にメールいただければと思います。 Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

セブとマニラの物価比較(体感的に)

フィリピンに移住を考えているのであれば普通はマニラかセブ。

マニラであれば最初に考えるのがマカティー、BGC,マラテのどこか。。

 

家賃で考えたらセブよりマニラの方が2,3割家賃が高い感覚。(同程度のコンドミニアムで)

マッサージや散髪などの主に人件費がかかるものもマニラの方が2,3割~5割くらい高い印象。

ドラッグストアで売られているものはほぼ同じ価格。

マニラ発、セブ発のエアラインチケットは感覚的にセブ発が若干高いイメージ。

銀行の小切手帳発行手数料などの大手企業の手数料および携帯の通信回線使用料はほぼ同じ。

スーパーで売られているものは日用品はほぼ同じ金額。

食品もほぼ同じかセブが若干安い感覚。。

 

空港の免税店の価格はUSD表記ですがほぼ同じ。

といった感じでしょうか?

 

下のフィリピン情報をぽちっと押していただけるとフィリピンの他の人の情報も見れます。↓

ブログ フィリピン不動産ブログ フィリピン不動産 

アルーガリゾート欲しいなあ。。

アルーガレジデンス&リゾート

マクタン島のプンタエンガニョに今建設していますアルーガリゾートの写真です。

200mにおよぶ海岸線を独り占め?(にはできないか)にして、150戸限定。

外国人枠はその40%の60件。

この物件は1LDK~4LDKですが既に3LDKは1件買いました。

あと1件気に入ったユニットがあれば買いたいなあと思っていますがなかなか向き、階層で気に入った物件がありません。。泣

デベロッパーもマニラで街を作ったロックウェル。

さらにこのすぐ近くにエメラルドも建てられる(というか今同じく建設中ですが)のでこれからの発展性では全面の道路幅を除けば言うこと無しと思っています。

この写真の右上に見えるのはアミサなのですがこのアミサはデベロッパーはロビンソン。

ロビンソンなのでショッピングセンターが併設されるかもと思っていましたが最終的には併設されませんでしたが違う会社がすぐ近くにショッピングセンターを作り昨年開業しましたのでこのアミサも現在価値が上がってきていますね。

アミサのすぐちかくにDusit hotelもできました。(タイの系列ですね)

この地域の開発がこれから進むかと思いますがそうなると一番先端にあるSta Luciaの今投げ売りがどんどんでている物件。

ほぼ180度パノラマ展望なのでこれもいいなあと。(ただし自分住用には。賃貸需要は難しいかと思いますが。。。)

 

とラプラプ島に特化した情報ですね。。

 

フィリピン政府4日で台湾からの渡航解除。

フィリピン政府の対応に右往左往されています。

WHOの提言で台湾からの渡航者に対するフィリピンへの渡航制限を4日で解除しました。

これで現在は中国本土と香港、マカオだけなのですが、今週にもここにシンガポールが加わるかもしれないと噂されています。

その次は日本と。

その場合には自分は完全にフィリピンに孤立となりますが、ここはあきらめてフィリピンにいるとしましょう。ww。

フィリピンに既に来ている方は日本側が拒絶しない限りは日本には帰れます。

逆にフィリピンに入るのが難しいということです。

 

そう考えると医療水準を考えなければフィリピンにいるのが一番安全と思うのは自分だけでしょうかね??

下のフィリピン情報をぽちっと押していただけるとフィリピンの他の人の情報も見れます。↓

ブログ フィリピン不動産ブログ フィリピン不動産 

フィリピンの格付けがそろいました。

フィリピン国債の格付けでフィッチもBBB+ということでこれで今年格付けの会社から全部出そろいました。

ムーディーズがBaa2であと2段階でA入り。

S&PがBBB+であと1段階でA入り。

フィッチもBBB+であと一段階でA入りしかも今年安定的から楽観的に見通しを変えてほんとにあとわずかでA入り。

R&IもBBB+であと一段階でA入り。

 

思えば確か2011年か2012年初めにCCC+からB入りをした時にはこれからはフィリピンと大騒ぎになったかと記憶しています。

 

Aの格付けをもつアジアの国は上からシンガポール、香港、日本、マレーシア、タイになります。この次にフィリピンがつけている形になりますが、財務大臣が2022年のA入りを目指していて可能だと先日発言していました。

 

さて、あと2年でフィリピンは格付けA入りしますかね??

 

下のフィリピン情報をぽちっと押していただけるとフィリピンの他の人の情報も見れます。↓

ブログ フィリピン不動産ブログ フィリピン不動産 

 

フィリピンでいいビジネスありませんがと聞かれますが。。

10日に1回位、フィリピンに移住した時に何かいいビジネスはありますか?

と聞かれます。

ありますが、それを教えたら皆さんマネするので教えられません。ww

自分はやっています1例をあげますが、香港にはフィリピン人がよく日曜日に集まるビルがあります。ほとんどが出稼ぎのフィリピン人ですからフィリピンにいるフィリピン人に比べて圧倒的に稼ぎがあります。

同じくフィリピン人はカトリックの国ですから自分は東京の赤羽という土地に土地勘があります。その近くに大きな教会があり、同じように日曜日にはフィリピン人が集まります。

フィリピン⇒香港、東京はいつも同じものを頼まれますのでそれをフィリピンからもっていきます。

香港⇒フィリピンはある電気製品と調味料を持って行きます。

東京⇒フィリピンへは同じく結構な荷物を毎回運びます。

自分が通常運べるのは、23キロ×3個=69キロ(とはいっても60キロくらいですが)または32キロ×3個=96キロ(といっても90キロくらいですが)のどちらかがエアラインによってです。

フィリピンには無くて日本にはあるものを運べばいいのですが、その一例としては自分は炭酸シャンプーとかを運んでいます。あとは6%ハイドロキノンクリームとか。

これらは、最近やっと美容や健康にも気を遣うようになったフィリピン人富裕層からしたら垂涎の的です。

売り先を見つけるのはなぜか天性のコミュニケーション能力と営業能力があるのでそれを駆使しますが日本人の教育からしたら簡単です。ww

ハイドロキノンクリームとかは50本でもスーツケース半分くらい、それで10万円弱の実利が取れます。

 

食品でしたら信用してもらえたらずっと買い取りしてくれます。

キザミニンニク(おろしでなく)、ある種類のふりかけ、ごま油、ラー油。。

 

日本の方はチョコかシーフードヌードルと思っているかもしれませんが、フィリピンにもっていくとビジネスになるものたくさんあります。

 

シーフードヌードルならタイでいつもいろんな種類のものを買っていき、従業員にくばっていて評価をもらっています。。ですから日本のシーフードヌードルよりもはるかに安くて同じ金額くらいで評価してくれる銘柄を知っています。

同じアジア圏なのでタイの方も見ているかもしれませんが、ぜひいろんな種類のインスタントヌードルを買ってフィリピン人に食べさせてみてください。

 

フィリピンでビジネス。日本にいる方でしたら全く難しいことないですよ。

下のフィリピン情報をぽちっと押していただけるとフィリピンの他の人の情報も見れます。↓

ブログ フィリピン不動産ブログ フィリピン不動産 

アヤラランド フィリピン初の不動産投信上場申請へ

既にフィリピン市場に上場しています。アヤラランド。

フィリピン不動産業界ではアヤラ、アヤラと言われていますが、このほどアヤラランドの物件。商業物件の上場申請を証券取引所に対してしました。

 

この上場申請は約5億株、約300憶円の資金調達をします。

上場時に1株60円、約30ペソでの上場を目指しているということになります。

この上場によりすでにマカティーの有名な物件の取得は決まっており、調達金額によりセブシティーの物件も調達する可能性があるということです。

 

空港に近いマンダウェーからセブシティーを抜けてタリサイまでのスカイウェー構想が公式に出たのでアヤラランドがセブの物件も買うとなるとマニラ首都圏に比較して値上がりが緩やかだったセブの物件価格に火がつくかもしれませんね。

 

今回上場投信の中に組み入れられるのは商業施設ということですので住居は入っていません。それがどう左右するか?フィリピン不動産の皆さんが買うような価格には関係が無いのか?が今後の課題ではないでしょうか?

 

下のフィリピン情報をぽちっと押していただけるとフィリピンの他の人の情報も見れます。↓

ブログ フィリピン不動産ブログ フィリピン不動産 

マクタン島のインフラ開発計画が出ました。

先週、ラプラプ市役所に行ってきたのですがその時に建設関係の部門にも立ち寄り今年の予算執行がもう少しで始まることからマクタン島の開発計画を聞いてきました。

と言っても自分だけでは詳しくまではわからないので自分のセブのスタッフと一緒に。。

まずは、マクタン島を1周する外周道路の拡張計画です。

現状は往復1車線ずつなのが、往復最低2車線にするということです。

セブマクタン空港から時計回りではプンタ岬に行く手前、マクタンニュータウンの入り口で曲がります。ですのでシャングリラ方面の道路拡張計画は現状無しになっています。

ここまでの道路は最大片道3車線計画。

マクタンニュータウンの前からJパークを越えていく道は2車線に拡張予定、そしてコルドバは回避して地図で言うと上に上がっていく感じなのでガイサノマクタンの前を通り、オールドブリッジの方に上がって行き、ここまでが2車線。

そしてオールドブリッジからセカンドブリッジを越えて空港までが3車線の予定です。

 

この計画によりこの外周道路沿いの開発地域の不動産に関しては未来があるかなと思います。

問題はオールドブリッジ~現在建設中の3rdブリッジ。

ここの拡張工事が入っていませんでした。

ここはコルドバ自治区になるので、ラプラプ市には入っていないだけかどうかはセブ市に聞かないとわからないですね。。。

 

ラプラプ市役所に外国人がたびたび行くのは珍しいことなのですぐに覚えてもらえて、既に何人かはプライベートでもやり取りしています。

フィリピンは腐敗指数でも世界的に最悪指数。

そこは自分の持前のコミュニケーション能力で何とかなっています。

 

質問もいくつかいただいていますが、フィリピンでビジネスをしているくらいだからビジネス英語できるんですよね?と言われますが、会計士、弁護士もメトロマニラではそれなりに有名なところとの契約に4月から変えるためやり取りを英語でしていますが、そんなにうまい英語でなくてもフィリピンでは全然大丈夫。(全然とまでは言えないかもしれませんが)

どちらかというと語学よりも、法律や会計の基礎を知っているというのが大事かなと思います。

語学ができればビジネスが成功するならばフィリピン人はみんな成功していますね。

 

下のフィリピン情報をぽちっと押していただけるとフィリピンの他の人の情報も見れます。↓

ブログ フィリピン不動産ブログ フィリピン不動産 

フィリピン不動産お困り相談受け付けています。 フィリピン不動産の本当の運用ができていない方、転売、賃貸を希望される方は、 infoccpinc@gmail.com までお気軽に相談内容をメールください。