フィリピンセブ不動産の売買、賃貸はCCPI社~そよ風に吹かれて

フィリピンセブ不動産の売買、賃貸お困り相談所。8ニュータウン他

フィリピン不動産CCPIのお問合せはinfoccpinc@gmail.com になります. 2018年2月よりフィリピンマニラマカティーオフィスに事業拡張のために移転いたしました。日本語対応は2人、マニラオフィスは現在6人体制、セブオフィスは2人体制です。 CEOは日本の金融、不動産が日本の高度成長期に一番伸びたことからその経験を踏まえて フィリピン不動産から銀行、VISAまでのワンストップサービスを目指しています。 フィリピン不動産で特に、放置された物件は没収など非常に危険な状態です。 日本人の資産を守るために販売でもアメリカ法、イギリス法も勉強し、もちろんフィリピン法も弁護士と共に一番いい方法を模索させていただきます。 お気軽にメールいただければと思います。 Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

本日から順番に問題の無い中国企業から再開。

大量逮捕が出ましたPEZA指定されています、マクタンニュータウンオフィスビルですが、本日からライセンスなど問題無い企業を対象に今週中には業務再開の指示を順次出していくということです。

 

新しくできます、シェラトンホテルの建設内部に潜入しましたがホテル部分と住居部分が混在している感じですね。

住居部分もかなりいい感じで仕上がりそうな感じです。

 

マクタンニュータウンからも近いですし。

 

同じくマクタンニュータウンから近いタンブリリゾートの開発も着実に行われています。

タンブリのコンドミニアムは8ニュータウンの3年後の2014年発売だった記憶がありますが、こちらは既にホテル部分は出来上がりまして、10月にはパーティー?か何か催事があるみたいです。

下のフィリピン情報をぽちっと押していただけるとフィリピンの他の人の情報も見れます。↓

ブログ フィリピン不動産ブログ フィリピン不動産 

中国人200人以上の大量逮捕。。

いつか来るとき。それは何となく感じていましたが、その時がついにきてしまいました。

今まででも最大で47人の逮捕劇はありましたが今回は200人以上の中国人の逮捕。

そして、マクタンニュータウン内のワンオフィスを含めた中国企業の業務停止命令が調査終了するまでということで、現在マクタンニュータウン内部は騒然としています。

 

オンラインゲーム(オンラインカジノ)のライセンス無しでコールセンター業務をしていた企業の摘発およびその従業員が対象なのですが、ちゃんとライセンスを取っていた企業も調査終了するまで出社できないそうです。

 

ということでセブデイリーニュースは下記から。

Chinese company denies being an illegal gambling operator

 

下のフィリピン情報をぽちっと押していただけるとフィリピンの他の人の情報も見れます。↓

ブログ フィリピン不動産ブログ フィリピン不動産 

フィリピン不動産会社のライセンスにつきまして

フィリピンの不動産会社で、当社はマカティー専門です。BGC専門です。という会社がネット上ではいっぱいあります。ある意味その会社は信用していいかと思っています。

うちに問い合わせしてきましたとあるお客様のトラブルでマカティー専門に取り扱いをしている不動産会社にSPAをもって行ってきたことがあります。

ビジネスパーミット、BIR(税務署)はきちんとマカティーで登録。SECの上でも不動産賃貸、売買仲介業が入っていましたので全く問題無し。

不動産ブローカーズライセンスを持った人はいなかったのですが、その代り、売買が5%ではなくて3%の仲介手数料なのでごく普通。

セカンドオピニオンとして行ってきました結果になります。

 

同じくマクタン島内でビジネスをするにはLAPULAPU市のビジネスパーミット、BIRとコルドバ自治区までカバーするのでしたらコルドバ自治区はセブ市なので両方の営業許可証が必要となります。

個人的には香港ランドが開発をしていますマンダウェーのビジネスパーミットを取得したらマクタン島とその隣接部の市はほぼカバーできるようになるのではと考えていますが、固定コストもかかりますのでそことの比較になりますね。

 

下のフィリピン情報をぽちっと押していただけるとフィリピンの他の人の情報も見れます。↓

ブログ フィリピン不動産ブログ フィリピン不動産 

フィリピン不動産会社の登録につきまして

フィリピンの会社、日本では本店があればどこでも営業できますが(もちろん支店登記もできますが)フィリピンでは各市でのビジネスライセンスとBIR(税務当局への申請)が必須です。

そもそもこれが無いと会社?(会社のていを無していませんが)はSECという日本で言う法務局に登録すれば問題無しですが、営業となるとまたこれは別物になります。

 

当社はSECの上ではマカティーを本店所在地、あとは、バコール市(マニラの南に隣接しています)、セブ市、ラプラプ市の4つのビジネスパーミットとBIRの申請をしています。

現在中華系から話があるマンダルヨン(マカティーの隣)、およびセブ市に隣接するマンダウェーで現在香港企業が開発を行っていますのでその2つの市でもライセンス取得を検討しています。

 

ビジネスパーミットは車のナンバープレートみたいな感じのものですが、どこのお店に行ってもあります。それぞれの市によってデザインが違いまして、ラプラプはかなりカラフルでトロピカルな印象になります。

 

ということで、フィリピンの不動産会社を見る時の事務所に行きましたらまずはビジネスパーミットとBIRは必ず掲示されているはずですのでご確認くださいね。

 

下のフィリピン情報をぽちっと押していただけるとフィリピンの他の人の情報も見れます。↓

ブログ フィリピン不動産ブログ フィリピン不動産 

香港でのデモで催涙弾が近くに落ちまして。。。

フィリピン不動産とは関係無い話が続いていますが。。。

何とかセブに日程変更しまして行ってきました!!!

 

夏休み?はフィリピンに行きます!セブに行きます!というメッセージを何人かからいただきましたので昨日やっとフィリピンから香港に帰国。

フィリピンは治安が悪いとは言われていますが、自分にとっては今は香港の方が治安が悪く。8月13日に3人様と一緒にアジア最高峰と呼ばれる香港のキャセイのファーストクラスラウンジに入りたいということで自分がJALダイアモンド会員なので1人同伴できますので、1人ずつ、ファーストクラスラウンジで堪能してのんびりしてからそのままセブに行く予定でした。

皆さんには片道だとレガシーキャリアのJALやキャセイは高いので、ある手法で片道を安く取ってあげて。。。

お一人目はシャンパンバー(ドンペリとか飲み放題)があり、ガバナー(個室で90分制限ですがバスタブやベッドも置いてある)を取ってあげて、自分はガバナーにシャンパンを持ち込みして、90分のんびりと過ごしました。

そのウイングというラウンジからピアというラウンジに移動して、こちらはマッサージをしてくれて、食事が一番豪華なラウンジにまた他の方と一緒に入り、堪能。

ここらで自分はおなかがいっぱいになりましたが、最後のラウンジは、初セブの方でして英語も全くダメな方なのですが、英語のメニューを見ながら説明してあげてお食事を堪能されていました。

この日は朝9時には16時過ぎのフライトでしたが前日のデモの影響で早めに到着。

12時まではチェックインカウンターは15時以降の便は飛ぶかわからないからオープンできないということで、現地のツイッターの情報から、皆さんをビジネスクラスのチェックインカウンターにお連れして搭乗券だけは確保、そしてイミグレまで超えて、ラウンジを堪能していました。

そうこうしているうちに14時過ぎには警察と空港での衝突が始まりまして。。。

 

下のフィリピン情報をぽちっと押していただけるとフィリピンの他の人の情報も見れます。↓

ブログ フィリピン不動産ブログ フィリピン不動産 

本日からのセブのツアーは自分は行けません。。

セブを夏休みを兼ねて雨季にも関わらず、3人の方がいらっしゃる予定でしたが、とりあえず自分は香港で足止めを喰らっています。

pic.twitter.com/y0qaIk2jaw

上記が現状の香港空港の動画。

民主化、民主主義というものを共産国の隣で間近で見てきた香港人

明日の午後のフライトをとりあえず抑えましたが、特にキャセイ航空のデモで管制官も3分の1は休み(病気という名の)ということでハブ空港としての機能が完全にマヒしています。

 

昔はフィリピンに行くのは安全面でストレスでしたが、今は香港にいるのがストレスですね。。。

フィリピン不動産視察中に。。。

この週末とあるブログの読者の方から連絡をいただきました。

ボラカイがきれいになったということでボラカイの不動産視察ツアーに来ているのですが、その最中で蚊にさされてデング熱になったということです。

今年は、ご存じのようにデング熱の当たり年。

まずは刺されたら絞り出すように流水で洗い、そしてアルコール消毒。というかその前に必ず虫よけスプレー。

万一デング熱になった場合には、マーキュリードラッグなどで売っているジクロフェナックという解熱剤は強いのですが、デング熱には禁忌。

日本で売られているロキソニンも同じ。

 

日本ではカロナール。これくらい。

カロナール1回3錠、1日3回は結構MAXですが、多く飲んだから倍効くというものでもありません。薬の量と薬効は比例しませんので。

 

田舎?のフィリピンの病院で間違えて診断されて死亡なんてならないように多少の薬の知識はあった方がいいですよ。

 

フィリピン不動産視察ツアーはきれいになったボラカイの不動産を買おうというものみたいですが、外国人は土地を買うことはできません。

フィリピン人かフィリピン法人だけなのでちょっとどのようなスキームなのか心配なのですが騙されないようにしてくださいね。

 

下のフィリピン情報をぽちっと押していただけるとフィリピンの他の人の情報も見れます。↓

ブログ フィリピン不動産ブログ フィリピン不動産 

フィリピン不動産お困り相談受け付けています。 フィリピン不動産の本当の運用ができていない方、転売、賃貸を希望される方は、 infoccpinc@gmail.com までお気軽に相談内容をメールください。