フィリピンセブ不動産の売買、賃貸はCCPI社~そよ風に吹かれて

フィリピンセブ不動産の売買、賃貸お困り相談所。8ニュータウン他

フィリピン不動産CCPIのお問合せはinfoccpinc@gmail.com になります. 2018年2月よりフィリピンマニラマカティーオフィスに事業拡張のために移転いたしました。日本語対応は2人、マニラオフィスは現在6人体制、セブオフィスは2人体制です。 CEOは日本の金融、不動産が日本の高度成長期に一番伸びたことからその経験を踏まえて フィリピン不動産から銀行、VISAまでのワンストップサービスを目指しています。 フィリピン不動産で特に、放置された物件は没収など非常に危険な状態です。 日本人の資産を守るために販売でもアメリカ法、イギリス法も勉強し、もちろんフィリピン法も弁護士と共に一番いい方法を模索させていただきます。 お気軽にメールいただければと思います。 Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

フィリピン不動産は中古がお得??

フィリピン不動産をいくつも購入、転売している経験からですが、フィリピン不動産は完成までは3年とかの分割で数万円の支払いですが、引き渡しの時に一気に残金精算かローンでの支払いになります。

 

今までの経験からするとその時点でつまずいて投げ売りが出て来ます。

タワーの高さや部屋数にもよりますが、だいたい引き渡しに1年間。

その間は完成しているにも関わらず、投げ売りが非常に出やすい状況です。

 

そんな投げ売り物件が出て来たら購入するのが1つのうまいフィリピン不動産の購入方法では無いかと個人的には考えています。

日本でもそうですが、完成時が一番高くてそのあとどんどん価値が下がっていくのとは違い、フィリピン不動産は完成時に支払い不能で結構没収または投げ売りが出て、でも1年もすればそれも止まり、投げ売りが終わったあとは価格が徐々に回復していく。

 

そんな感じを2007年発売のフィリピン不動産を持っていて価格変動を見ていますので印象として感じますね。

下のフィリピン情報をぽちっと押していただけるとフィリピンの他の人の情報も見れます。↓

ブログ フィリピン不動産ブログ フィリピン不動産 

アジアの病人だったのに今や優等生??

フィリピンは長らくアジアの病人と言われていて、タイやマレーシアが大きく発展したときも置いてきぼりでしたが、今韓国が青色吐息で韓国ウォンの防衛に外貨準備高を使い何とか防衛しているのに対して、フィリピンはあと数億ドルで過去最高の外貨準備高になる見通しです。

 

かつても1997年のアジア通貨危機が来た時にはタイバーツから始まり、韓国ウォン、インドネシアルピア、失敗には終わりましたが香港ドルも狙われました。

 

ビルド、ビルド、ビルドで公共事業にバンバンお金を使用しているにも関わらず、外貨準備高が過去最高水準にほぼ近いところまで来ているのは政府財政としては非常にいいことだと思います。

 

こういう国には外国からも資本が流入しやすいので今がフィリピンの天井に近いかな?と思っていましたがもう少し伸びしろがありそうですね。。

 

下のフィリピン情報をぽちっと押していただけるとフィリピンの他の人の情報も見れます。↓

ブログ フィリピン不動産ブログ フィリピン不動産 

今月フィリピンの病院に行ったら高額なのにびっくり!

今月、ちょっとしたことでフィリピンのマニラにあるそれなりに有名な私立病院に行ってきました。

診察代(約10分)3500ペソ

1週間分の薬代(複数種類)4200ペソ

 

トータル 7700ペソ。

約15000円でした。

マカティーの人のサラリーが2万ペソ台が多いという中で病気になったらたった1週間分で3分の1が吹っ飛ぶとなると、お金の無い人は病院にすらいけないですね。。。

 

国立病院に前に4,5年前に救急搬送されたことあります。日本では問題になる院内感染ですが、フィリピンでは当たり前。

若い間にセブで働くとかはいいかもしれませんが、60歳や65歳を過ぎてリタイヤメントでフィリピンにというのは個人的には早く死にに来るようなものだとフィリピンの病院に行って感じましたね。。。

 

下のフィリピン情報をぽちっと押していただけるとフィリピンの他の人の情報も見れます。↓

ブログ フィリピン不動産ブログ フィリピン不動産 

CCT(権利証)を受け取するメリット??

CCTが出ました!!と最近連絡がパラパラと来ています。

自分がフィリピンのとある大手銀行のプラチナメンバーなので支店長が貸金庫がある支店を探してくれて、8月から貸金庫を借りることになりました。

個人的にですが、日本に持って帰っても売却や担保にする場合にはフィリピンに持ってこなくてはいけない、特に有価証券に値するので当然申告も必要。

フィリピンからの出国(まずはここが大きなハードル)、日本への入国(これは税関申告すればいいだけ)、逆に日本からフィリピンに持ってくる時には日本での出国(これも税関での手続きなので簡単)、フィリピンでの入国(自分はその金額をどう評価すれば申告できるのかわからないのでとてつもなく高いハードルと考えています)

 

といくつかのハードルがあります。

最近はどのターミナルでもフィリピン入国時の手荷物検査が厳しくなっていて、外国人がよく捕まっています。

 

CCTを貸金庫に入れて保管しておいて、売却したいときや、それを担保にお金を借りる時だけ貸金庫から出すのが一番安全?だと思うのは自分だけでしょうかね??

 

下のフィリピン情報をぽちっと押していただけるとフィリピンの他の人の情報も見れます。↓

ブログ フィリピン不動産ブログ フィリピン不動産 

セブにもいよいよ高速道路建設!!

デトルテ大統領のビルド!ビルド!ビルド!

の重点政策の中で特に10件が選ばれました。

さらにその中の3件が今回の残り3年の任期中に行うということです。

 

そのうち2点はマニラ近郊の高速道路建設、そして1つはセブの高速道路建設みたいです。

セブ島の道路状況を勘案すると、多分マニラと同じ既存の道路を2階建てのようにして上を高速道路にするのではと想像できます。

 

東南アジアでは、マニラ、セブ、ジャカルタが交通渋滞では有名ですがジャカルタは首都移転が決まりましたし、マニラ、セブも高速道路建設が決まれば渋滞という無駄な時間を費やさなくてよくなるからいいのではないでしょうかね?

 

待つこと、待たせることが当たり前のフィリピンですがこれで少しでも時間の大切さを知ってもらえればありがたいのですが。。。

下のフィリピン情報をぽちっと押していただけるとフィリピンの他の人の情報も見れます。↓

ブログ フィリピン不動産ブログ フィリピン不動産 

経済区庁(PEZA)大統領令で無期限凍結。

商業ビルには非常に重要なIT関連などの税金優遇制度のあるPEZA.

マクタンニュータウンでもマニュライフ生命の隣のビルとワンオフィスはPEZAに指定されていますので、そのため多くのIT企業、コールセンターが中に入り活況となっています。

現在ワンパシフィックレジデンスの敷地内にあるもう1本のオフィスビル、今年頭には同じくPEZA指定待ちということでこの秋には完成予定ですが、PEZA指定されたのでしょうか?

 

大統領制の国なので大統領府からいきなり大統領令が出ることがあります。

悲しいけれどもそれに翻弄されてしまいます。

 

今年同じく、ずっとフィリピンで1年以上研究してきました太陽光発電のFIT(固定買い取り制度)これがいきなり終了となりました。

フィリピンは原油の精製施設がほぼ無いに等しいのでタイのPttから購入しています。

ですから個人的には自給自足をエネルギー政策にすると思い当分は続くだろうと考えていましたが、それも終了になりました。

計算上では日本よりも30%発電効率が高くて(パネル1枚あたり)元々アジアで一番高いと言われています電気代なのでFITの買い取り価格も40円位とパネル原価が落ちている今では非常に有望だと思っていたのですが。。。

 

大統領の国というのはそういう国というのを覚えておいた方がいいかもしれませんね。

先日フィリピンのロータリークラブ入会の手続きをしてきました。

日本でも事業をしていた時にはロータリークラブに入っていましたが、今回メトロマニラの中心のロータリークラブに推薦をいただきまして、入会手続き、審査をしてきました。

1,2か月の審査の上、入会ということになるそうです。

弁護士、医者、会計士、裁判官、入管のTOPクラスなどそうそうたるハイソサエティーな方が入会条件になります。

自分も日本にいた時には医療関係者でしたのでそのライセンス証明を今月末に取りに行きます。

英語が堪能なわけでは無いので自己紹介ができるかな??(それくらいはできますが)という一抹の不安を迎えながら、多分9月入会になるのでは無いかと思います。

日本のロータリークラブの審査に比べればはるかに審査も厳しいですし、フィリピンのお金持ち、人脈のつながりは素晴らしいものがあります。

 

逆にこのような方が、普通の労働者から搾取?しているのでフィリピン人の生活は一向に良くならないのかなと思います。

 

下のフィリピン情報をぽちっと押していただけるとフィリピンの他の人の情報も見れます。↓

ブログ フィリピン不動産ブログ フィリピン不動産 

フィリピン不動産お困り相談受け付けています。 フィリピン不動産の本当の運用ができていない方、転売、賃貸を希望される方は、 infoccpinc@gmail.com までお気軽に相談内容をメールください。