フィリピンセブ不動産の売買、賃貸はCCPI社~そよ風に吹かれて

フィリピンセブ不動産の売買、賃貸お困り相談所。8ニュータウン他

フィリピン不動産CCPIのお問合せはinfoccpinc@gmail.com になります. 2019年10月よりフィリピンマニラマカティーオフィスからメインオフィスをバコールに移転いたしました。日本語対応は2人(うち1人はフィリピン人)、バコールオフィスは現在9人体制、セブオフィスは3人体制です。 CEOは日本の金融、不動産が日本の高度成長期に一番伸びたことからその経験を踏まえて フィリピン不動産から銀行口座、VISA及び移住希望まで お気軽にメールいただければと思います。 Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

フィリピンでのビジネスは買収が一番簡単??

フィリピン不動産のブログなのですが、フィリピン不動産のことをあまり書かないので不動産以外のいろんな問い合わせが来ます。

特に多いのが移住に関することと、フィリピンでビジネスをしたいのですが、あとは事業の売却の問い合わせですね。

 

先日フィリピン国内の宅急便で有名なLBCという会社が日本の会社を買収しました。

買収金額は40万円位。

今来ている話で安いのは電気工事会社。10万円~15万円。

電気工事会社を一工夫してちょっと面白い事業を考えています。

 

以下転載

宅配大手のLBCエクスプレスホールディングスは、日本を拠点にフィリピンなどへの宅配サービスを提供するマーメイドの全株式を20万ドルで買収したことを明らかにした。マーメイドは「バリックバヤンボックス」と呼ばれる、比人海外就労者と比を結ぶドア・トゥー・ドア方式の宅配サービスを提供している。

 

下のフィリピン情報をぽちっと押していただけるとフィリピンの他の人の情報も見れます。↓

ブログ フィリピン不動産ブログ フィリピン不動産 

さらば愛しの?セブパシフィック??

11月11日はフィリピンはLAZADA最大90%オフデーでおおいににぎわったフィリピンでしたが、11月11日にセブパシフィック航空の創業者のゴゴンウェー氏がお亡くなりになりました。

一応フィリピンのLCCではありますが、食事などのサービス無しのフラッグキャリア並みという雰囲気と安さで勝負してあっという間にフライト数ではフィリピンナンバー1になった航空会社でした。

11月11日は日本発100円セールやフィリピン発1ペソセールをやっていたさなかのお亡くなりということになりました。。。

 

同じくフィリピンのナショナルフラッグと言えばフィリピン航空ですが、2^3週間前に社長に就任しましたルシオタンJRが53歳の若さでお亡くなりになりました。

 

フィリピンの平均寿命が60歳ちょっとということを考えても若い命だったこと惜しまれます。

 

フィリピン航空は国際線はターミナル2なので自分は入れるラウンジがほとんどありません。フィリピン航空は日本のANAと提携はしていますので、ANAのマイルでフィリピン航空の航空券の発券はできます。

ANAの上級会員のステータスは持っていますが、あくまでも提携の範囲なので、日本行きの時のみ国際線はラウンジに入ることができて、香港行き、シンガポール行きの2回とも断られた記憶があります。

 

ということでフィリピンへの戻りは香港からですとセブパシフィックかキャセイパシフィック、日本からの戻りではANAかJALにしているのですが、成田=セブはフィリピン航空が就航していますので、フィリピンでもセブ直行の方には悪くないのではと思いますが。。。

 

下のフィリピン情報をぽちっと押していただけるとフィリピンの他の人の情報も見れます。↓

ブログ フィリピン不動産ブログ フィリピン不動産 

昨日から香港に戻ってきています。

昨日は香港の不動産会社3社とミーティング、本日は1日往復でマカオに行ってきますが、明日はさらに1社とミーティングになっています。

香港の不動産市況はざっと15%くらいここ数か月で下落といった感じです。

人民元のレートも落ちていることで中国、香港の資金が外国に出にくくなっているのですがそれならば国内に滞留するのでいいかと思いますが、日本のように将来を悲観して国内消費も落ち込んでいます。

 

中国から香港への資金の流れの地下銀行ルートが現在壊滅的な状態になっています。

そんなことから昔あったマカオへのルートが現在ふっかつしていて、マカオ=マニラ路線、マカオ=セブ路線はいつもほぼほぼ満席の状態です。

 

満席ということで思い出しましたが、本日は11月11日

日本=フィリピンは1フライト100円セール。

香港=フィリピンは1フライト1HKDセール

フィリピン国内は1フライト1ペソセールを本日から明日までしていますので、空港税などかかりますが、来年6月からのフライトを検討している方は事前に取得しておいてもいいかなと思いますよ。

 

下のフィリピン情報をぽちっと押していただけるとフィリピンの他の人の情報も見れます。↓

ブログ フィリピン不動産ブログ フィリピン不動産 

マニラ発券、日本(東京、名古屋、大阪、福岡行き)JAL

フィリピン不動産とは関係無いですが、マニラ発券の話題から。。

マニラ発羽田行き、羽田発マニラ行きの深夜便ができてこの2月で1年が経過しようとしています。

機材は新間隔エコノミーでは無い機材なのですが、自分のステータスからすると多分取れば非常口シートにはなると思っています。

ちなみに自分より下のステータスの方が今年2回マニラにこの便でいらっしゃいましたが、2回ともエコノミーからビジネスに無償アップグレードでしたということです。

 

そのマニラ発券ですが、フィリピンはデゥトルテ大統領の一声で燃油サーチャージが13ドルと固定になっています。

そのために、日本発券よりも安い金額での発券が可能です。

現在マニラ発=福岡行きのチケットを発券しましたが、空港税など全て含めて280USDということで3万円行くかいかないか??

 

これだけ安くなるとは思わなかったのが昨年。

昨年は1月、7月の発券だと、380USDに諸経費で約5万円と半年ごとのキャンペーンをJALマニラのカウンター限定で行っていました。

1年でずいぶん安くなったなあというのが印象です。

セブパシやジェットスターとも合計ではあまり変わらないのではと思ってしまいます。

 

下のフィリピン情報をぽちっと押していただけるとフィリピンの他の人の情報も見れます。↓

ブログ フィリピン不動産ブログ フィリピン不動産 

マニラ発券、日本(東京、名古屋、大阪、福岡行き)JAL

フィリピン不動産とは関係無いですが、マニラ発券の話題から。。

マニラ発羽田行き、羽田発マニラ行きの深夜便ができてこの2月で1年が経過しようとしています。

機材は新間隔エコノミーでは無い機材なのですが、自分のステータスからすると多分取れば非常口シートにはなると思っています。

ちなみに自分より下のステータスの方が今年2回マニラにこの便でいらっしゃいましたが、2回ともエコノミーからビジネスに無償アップグレードでしたということです。

 

そのマニラ発券ですが、フィリピンはデゥトルテ大統領の一声で燃油サーチャージが13ドルと固定になっています。

そのために、日本発券よりも安い金額での発券が可能です。

現在マニラ発=福岡行きのチケットを発券しましたが、空港税など全て含めて280USDということで3万円行くかいかないか??

 

これだけ安くなるとは思わなかったのが昨年。

昨年は1月、7月の発券だと、380USDに諸経費で約5万円と半年ごとのキャンペーンをJALマニラのカウンター限定で行っていました。

1年でずいぶん安くなったなあというのが印象です。

セブパシやジェットスターとも合計ではあまり変わらないのではと思ってしまいます。

 

下のフィリピン情報をぽちっと押していただけるとフィリピンの他の人の情報も見れます。↓

ブログ フィリピン不動産ブログ フィリピン不動産 

フィリピン不動産とデゥトルト政権との関係

デゥトルト大統領が天皇皇后陛下の祝賀のために日本に行ったようですが、1日だけであとは背骨の痛みで帰国してダバオ市長のサラさんにバトンタッチしたということです。

 

任期は残り2年半ちょっと、個人的にはフィリピンはこの3年余りというか最初の1年でずいぶん治安が良くなったというのを実感します。

中国からオンラインカジノの禁止をするようにと要請が来ていますが、フィリピン経済のためにかたくなに拒絶しているデゥトルト大統領。

多分ですが、この2年半拒絶して次の大統領にバトンタッチでしょうね??

次の大統領がどう考えるか次第ですが、世界的なクラッシュがもし無ければこの2年半はフィリピン不動産にとっては悪くない時が継続すると考えています。

 

逆にオンラインカジノを禁止したカンボジアのフンセン首相。

カンボジアは空港からなにから中国語ですが、今後経済が冷えていくかもしれないというのが自分が感じているところです。

下のフィリピン情報をぽちっと押していただけるとフィリピンの他の人の情報も見れます。↓

ブログ フィリピン不動産ブログ フィリピン不動産 

 

フィリピン不動産とデゥトルト政権との関係

デゥトルト大統領が天皇皇后陛下の祝賀のために日本に行ったようですが、1日だけであとは背骨の痛みで帰国してダバオ市長のサラさんにバトンタッチしたということです。

 

任期は残り2年半ちょっと、個人的にはフィリピンはこの3年余りというか最初の1年でずいぶん治安が良くなったというのを実感します。

中国からオンラインカジノの禁止をするようにと要請が来ていますが、フィリピン経済のためにかたくなに拒絶しているデゥトルト大統領。

多分ですが、この2年半拒絶して次の大統領にバトンタッチでしょうね??

次の大統領がどう考えるか次第ですが、世界的なクラッシュがもし無ければこの2年半はフィリピン不動産にとっては悪くない時が継続すると考えています。

 

逆にオンラインカジノを禁止したカンボジアのフンセン首相。

カンボジアは空港からなにから中国語ですが、今後経済が冷えていくかもしれないというのが自分が感じているところです。

下のフィリピン情報をぽちっと押していただけるとフィリピンの他の人の情報も見れます。↓

ブログ フィリピン不動産ブログ フィリピン不動産 

 

フィリピン不動産お困り相談受け付けています。 フィリピン不動産の本当の運用ができていない方、転売、賃貸を希望される方は、 infoccpinc@gmail.com までお気軽に相談内容をメールください。