フィリピンセブ不動産の売買、賃貸はCCPI社~そよ風に吹かれて

フィリピンセブ不動産の売買、賃貸お困り相談所。8ニュータウン他

フィリピン不動産CCPIのお問合せはinfoccpinc@gmail.com になります. 2018年2月よりフィリピンマニラマカティーオフィスに事業拡張のために移転いたしました。日本語対応は2人、マニラオフィスは現在6人体制、セブオフィスは2人体制です。 CEOは日本の金融、不動産が日本の高度成長期に一番伸びたことからその経験を踏まえて フィリピン不動産から銀行、VISAまでのワンストップサービスを目指しています。 フィリピン不動産で特に、放置された物件は没収など非常に危険な状態です。 日本人の資産を守るために販売でもアメリカ法、イギリス法も勉強し、もちろんフィリピン法も弁護士と共に一番いい方法を模索させていただきます。 お気軽にメールいただければと思います。 Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

皆さんのGWのご予定は?

この2か月いろんなことがありすぎて多忙を極め。ブログも書けないでいました。

さて、フィリピンは雨季に入る前の4,5月が実感的に一番暑い時期。
昨年4月も外で写真を撮ろうと携帯を取り出したら、高温注意と出て全く起動せず、こんな経験は初めてでした。

 ブログ フィリピン不動産ブログ フィリピン不動産   

一昨年までは毎月のように仕事でタイに行っていましたがタイもやはり4,5月はおそろしく暑かった記憶があります。

 

3月も下旬に入りそろそろフィリピンのいい季節も終わろうとしています。

特にGWは今年は10連休みたいですね。

 

フィリピンに一度来て、感じてくださいとよく言っていますが、さすがに4,5月は来てくださいとは言えない感じ。

現在香港にいますが香港も日ごとにだんだん暖かくなり、もう長袖のTシャツでいい感じです。

まあ、4,5月はフィリピンに来なくていいのではないでしょうかね?なんていうフィリピン不動産会社も無いかとおもいますが。。。笑

捕まりそうになりました、、、

SEANです。

 

治安が悪いと言われていて、実際に悪い(笑)フィリピンですが、先日、マカティ、

GIL PUYAT通りを赤信号の時に走って横切ったら、ピーピーと強い笛の音が、、、

 

ああ、交通整理員に注意されちゃった、確かに赤信号はまずかったなあ、と思っていたら、なんだか、その交通整理員の35歳くらいの男性が猛然と私に近づいてきました。

 

そして、なんだか、タガログであれこれ喚いているのですが、私にはほとんど分かりません。それで、英語しかわからないからと言っても、英語が出来ません、、、

 

ちょうど、フィリピン人の友達と一緒に居たのですが、35歳男性が、なんだかよく

わからない私服の男性を50メートル先あたりから、こちらに呼び寄せてきました。

 

そして、タガログが当然わかる連れに対して、この男性は中国人か?とか、あーだ、

こーだ、と言っています。

 

35歳男性は、私にIDないのか?と聞いてきます。

この時点で、なんで交通指導員がID求めるの(運転もしていないのに、、、)?

と疑念がわいてきて、多分、SCAMMER 詐欺師だと断定。

 

IDは持っていましたが、それを持ち去られては嫌なんで、IDはないけど、ATM

カードを出して、これで名前判るだろうから、許して?と頼んだら、じゃあ、

一緒にATMに行こう!と提案されました。

 

なんで、罰金の金額も言わないで、一緒にATMだよ!と思いまして、もう、ぼちぼち、

出番と思いまして、僕から伝家の宝刀、

 

”ごめんね。確かに赤信号で渡ったのは悪かったよ。今、私の弁護士に電話するから、

そのアトニーと話をしてくれる?”

 

と言ったら、その35歳は慌てて、オッケー、オッケー、と言って、そいつから立ち去っていきました、とさ。笑

 

フィリピンに来られる方は、携帯電話の連絡先に、「ATTORNEY」と入れておくと、

こういう時に役立つかもしれませんよ 笑

 

なお、僕は、この35歳にアタマが来たので、いったん別れた後、そいつを尾行して

やろうかと連れに言ったのですが、やめて起きなさい、ろくな奴じゃないから、相手に

しない方がいいよ、と言われました。

 

確かに、フィリピンでは、感情的な行動は良くないですね。

 

 

セブパシ 日本発着片道300円セール2時間限定

セブパシ、ひなまつりフェアで3月3日、3月4日。
11時から13時限定で日本からどこでもフィリピン。(例えば成田=セブでも)300円からのセールが開始されます。

しかも今回は燃油サーチャージャー込み。(日本の出国税とかは別ですが。。)

今年9月1日から2020年2月29日まで、まさに乾季のベストシーズン。

多分早い者勝ち。

 ブログ フィリピン不動産ブログ フィリピン不動産   

で、もちろん光回線の人は取りやすいですが、そうでない場合には実はセブパシのアプリで取得するのが取りやすいのですよね。。。

セブパシのアプリを携帯に入れておいていざ明日出陣!!

SRRV保有の方へ、パスポート切り替えの時、どうするか

SEANです。

SRRVを取得したら、パスポートの査証欄にヴィザのシールを貼られます。

カンボジアやかつての中国と同じようなものです。

 

ブログ フィリピン不動産ブログ フィリピン不動産   

 

ちょうど、先日、お客様から質問を頂いたのですが、そのパスポートが更新になるので、どうしたらいいでしょうか?と。

 

私自身、同じ経験を以前したので確認はしていたのですが、方法はふたつ。

 

ひとつは、新しいパスポートにシールを貼り変えてもらう申請をPRAに行う、というもの。これは一番正しいやり方ですが、手続きの間(私の場合は2週間程度、と言われました)フィリピンに滞在しなければいけない(パスポートを預けるわけですから)、ということで、二つ目の方法を選びました。

 

ふたつ目は、フィリピンの出入国時、常に旧パスポートも持参しておき、入管で求められた際には提示できるようにしておく、というものです。

 

私自身、2014年にSRRVを取得してからしばらくは、二つ目の方法、つまり、旧パスポートも持参していたのですが、イミグレで提示を求められた事は皆無で30回以上の入出国をしてきたので、すっかり意識から遠のいていまして、持参は止めていました。

 

ところが、先週末の日本帰国から戻ってきた時のマニラ空港イミグレで、30回以上の入国ではじめて、”旧パスポートはどうしましたか?” と聞かれました。

 

”自宅に置いています”と答えたら、しばらくしかめっ面をされましたが、次回以降は必ず持ってくるように、と注意されたものの、入国が認められたので、まあ、ラッキーでした。日本以外の国ではたいていどこでも、審査官の裁量で何ともなるものですから、下手したら、旧パスポートをマカティの自宅から空港まで届けてもらわないと入国できなかったかもしれませんし、さらに怖いのは出国時ですね。もう搭乗時間に間に合いませんから。

 

ということで、SRRVをお持ちで、ヴィザのシールが旧パスポートに貼られている方は、多分、要求される可能性は低いですが念のため、旧パスポートも持参してくださいね。もちろん、SRRVカードも、ですが。

 

余談ですが、昨日、外国人で辺野古への移設反対をしている人が日本の入管で足止めを喰らい、それが人権侵害だ、といったトーンで日本の新聞で報道されていましたが、フィリピンはもちろん、かつて住んでいたタイでも、こんなに外国人に優しい?報道がされることは皆無です。さらに言えば、野党の国会議員が入管に電話して入国の働きかけ?をした、との記載もありましたが、こういう事も日本以外では殆ど考えられないと思います。

 

いくら日本のパスポートが世界最強クラス?と言っても、くれぐれもイミグレで居丈高に振舞ったりしないで、スムーズに入出国していただければと思います。

 

 

ターミナル3出国時の裏技?

SEANです。

先週、JACKとセブ出張したのですが、その際、ターミナル3LOVER?のJACKより、

アライバルのフロアーにタクシーで乗り付けて、そこからターミナルに入れますよ、

というアドバイスを受け、トライしました。

ブログ フィリピン不動産ブログ フィリピン不動産   

マニラ空港を利用した事のある方でしたらお分かりかと思いますが、ターミナルビル

に入館するのに荷物チェックがあったり、出口は出口だけの機能で、そこからは入れないとか、日本や香港など他の空港とは違って出たり入ったり、とか、ターミナルビルの

上下移動が簡単ではないので、今まで、ターミナル3の出発階に着いたけど混雑しているからアライバル階に降りて、といった動きはしていなかったのですが、今回トライしましたら、別に裏技でもなく、ちゃんと入り口があり、そこから入った後、エスカレーターで出発フロアに移動したら、これまでの入館への長い行列もなく、あっさりとチェックインカウンターまで行けました。

 

さて、これが永遠にできるか?は判りませんが、末永く続いてほしいと祈っている今日この頃であります。

 

 

マニラ空港第3ターミナルから出発時は、余裕を持って空港へ

SEANです。

先週末、弾丸で関空往復の一時帰国をしました。

ジェットスターのマニラ関空便に初めて搭乗したのですが、全くストレスなく移動でき

ました。

理由はマニラ、ニノイアキノ空港のターミナルの違いです。

ブログ フィリピン不動産ブログ フィリピン不動産  

 

私はフィリピン航空はここ5年利用していないので、第2ターミナルは詳しくありませんが、JALやタイ航空が発着している第1、そして、ANAやセブパシフィックの第3は良く利用しています。

 

第3は一番新しいビルなので、ネットの記事を読んでも一番評価が高いのですが、私は

以前から違う見解をこのブログに書いていました。とにかく混雑が酷い、からです。

 

混雑というのはターミナル内のイミグレ等ではなく、ターミナルに入るまでが大変、という事です。セキュリティチェックがあるのですが、その機材と人員が致命的に不足しているのです。

 

先週末、午前6時55分マニラ発に乗るべく、朝5時にGRABでターミナル1に到着したの

ですが、いつもと同様、ターミナルにはほとんど待つことなく入れました。

 

その後、上級会員などないジェットスターなので、普通に行列に加わって20分ほど

待ちましたが、チェックインカウンターの列で待つというのは、ターミナルの外で

待たされた経験が何度もある私としては、ほとんど何のストレスでもないのです。

 

いくらフィリピンでも、さすがに、チェックインカウンターで待っている人達を

無視して離陸はしません(しても不思議ではないと思ってしまいますが 笑)。

 

しかし、ターミナルの外まで、エアラインの地上スタッフがプラカード持って

呼びに来ているのは見たことがありません。十分に乗り遅れる可能性があります。

 

昨年12月21日のターミナル3では、ポーター料金払ったにもかかわらず40分待たされました。一般の列なら余裕で1時間以上は待たされたでしょう。

これは、強烈なストレスになります。

 

かつては、チェックインカウンターの行列でさえ忌避していたのに、マニラで生活するようになってから、すっかりハードルが下がってしまいました 笑

 

チェックインやイミグレで待たされてもいいので、どうか、3時間前に空港に着いたのに、ターミナルに入れなくて乗り遅れました、という悲劇が起きませんように、と祈る自分になりました。

 

実際のところ、常に大混雑という訳ではないのですが(3タミの横の高速道路をよく通るので、その際、必ず混雑状況をチェックしていますが、行列でない方が多いのは確かです)、感覚的にはフィリピンの祝日や連休に関わると職員が休むからか混雑度が増すような気がしています。

 

3タミ発の国際線ならば、フライト3時間前、国内線でも2時間前には空港に到着していることをお勧めします。

ついでに、空港のオフィシャルウェブサイトで運行状況もチェックしておくのをお勧めします。

Manila Airport Departures - Today

 

マニラで良いサービスに感動!

SEANです。

私の記事を読んだお客様のひとりから、

 

SEANさんはフィリピン嫌いなんですか?

なんでフィリピンに住んでいるのですか?

 

と聞かれたことがありますが、そもそも私は仕事のためにフィリピンに来て、

住んでいます。7年前から6年間バンコクに住んでいたのは、特に仕事というのでは

なく、バンコク、タイが好きだったからです。

今回は仕事のために住んでいる、という事です。

 

最近は、割と頻繁に週末だけ日本帰国というのをやっていまして、この点では、

東南アジアの中では一番近いのがフィリピンでフライトも大阪の場合3時間ちょっと

ということで、疲労が残りません。これはメリットだと思います。

(余談ですが、GRABの運転手と世間話していて、フライト時間が3時間だと言うと、

それじゃ、マカティからケソンシティまで朝晩、クルマで移動するのと同じでっせ、旦那、みたいに言われて盛り上がります)。

ブログ フィリピン不動産ブログ フィリピン不動産  

 

基本的にフィリピン、マニラのサービスレベルは満足いかないので、バンコク時代には

満喫していた外食は殆どしなくなっていますし、自宅のすぐ下にあるスーパーはレジの

待ち行列が改善しないので利用を控えて職場近くの店で購入したりと、いろいろある訳ですが、昨日、とあるカフェで(フィリピンでは)感動レベルのサービスを経験しました。

 

マカティやBGCではかなり多くお店がある、TIM HORTONSというカフェチェーンで価格帯はスタバと同じ位、昨日は早朝からの仕事だったので、コーヒーとサンドイッチを買いにカウンターで注文しました。対応は、はきはきとしていて感じ良し、でした。

timhortons.ph

 

会計を終えて、コーヒーとサンドイッチが出てくるカウンターで待っていたら、

コーヒーを出してくれた男性店員から、”ハーイ SEAN"と名前で呼ばれたのです。

 

これ、スタバでは以前からやっているのですが、スタバと違うのは、注文時に

名前を聞かれなかったことです。なんで僕の名前知っているの?

 

それは、支払いをデビットカードで行ったので、そこで名前を把握できた。

実際、レシートには、THANKS SEAN! といったメッセージが印字されていました。

 

フィリピンでも高級ホテル、レストランでしたら、この程度のサービスはあるでしょうが、コーヒーチェーンでも、このレベルのサービスができるのかあ、と感心しました。

 

感心していたら、コーヒーの後でサンドイッチを作って渡してくれた別の店員さん

からも、HI SEANと呼ばれました。

 

すごく徹底されていました。

 

久々にフィリピンでのサービスに感心したのですが、さて、それでは、現金で

支払いしたらどうなるのか? 確認のために再訪してみます。

 

このようなサービスを経験したフィリピンの人達が、サービス水準への期待レベルを

向上させてくれて、質が悪い店が淘汰されていく流れが出てくるのを期待している

ところです。そうしたら、フィリピンの人達も、もっと気分よく利用できるわけですから。

 

 

 

フィリピン不動産お困り相談受け付けています。 フィリピン不動産の本当の運用ができていない方、転売、賃貸を希望される方は、 infoccpinc@gmail.com までお気軽に相談内容をメールください。