フィリピンセブ不動産の売買、賃貸はCCPI社~そよ風に吹かれて

フィリピンセブ不動産の売買、賃貸お困り相談所。8ニュータウン他

フィリピン不動産CCPIのお問合せはinfoccpinc@gmail.com になります. 2018年2月よりフィリピンマニラマカティーオフィスに事業拡張のために移転いたしました。日本語対応は2人、マニラオフィスは現在6人体制、セブオフィスは2人体制です。 CEOは日本の金融、不動産が日本の高度成長期に一番伸びたことからその経験を踏まえて フィリピン不動産から銀行、VISAまでのワンストップサービスを目指しています。 フィリピン不動産で特に、放置された物件は没収など非常に危険な状態です。 日本人の資産を守るために販売でもアメリカ法、イギリス法も勉強し、もちろんフィリピン法も弁護士と共に一番いい方法を模索させていただきます。 お気軽にメールいただければと思います。 Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

管理費長期滞納→最悪、差し押さえ競売に

SEANです。

 

ダウンペイメントの遅延で物件没収、以外にも怖いお話が(JACK含め、怖い

話ばかり書いているので、フィリピン不動産が否定されてしまうかもしれないですが、

ルールを知って対応していけば、大丈夫ですよ。ただし、日本とは違うので、

注意してくださいね、という意味合いです)。

 

ASSOCIATION DUE FEE 管理費修繕積立金について、です。

 

マカティのワン セントラルや ツー セントラルのSTUDIOであれば、

月4,000ペソ程度と思います。基本は、各ユニットの郵便受けに投函されます。

 

さて、このASSOCIATION DUEについても、支払いが遅れると、ひと月毎に

3%のペナルティが掛かってきます。

仮に3か月遅れだとすると、4000×(2%+2%+2%)で6%と、4000×

(2%+2%)の4%と、4000×2%という風に、ずっと過去にさかのぼって

加算されてのペナルティとなります。

 

とはいえ、物件本体のペナルティ(こちらは、遅延の場合、”遅延した”金額だけでは

なくて、未払金額全体に3%かかってくるので、かなり強烈です)と比べたら、

大したことない、と思われるかもしれないですが、怖いのはペナルティよりも、

 

長期滞納が続くと、物件が差し押さえとなり、競売にかけられる恐れがある

 

ことなのです。

 

これ、注意いただきたいのが、引き渡しの通知は認識しているけれども、フィリピンに

も来ていない、とか、先日お話したDEEMED ACCEPTANCEになっている場合ですね。

 

DEEMEDになった方の中には、内装チェックもしていないのに、管理費の支払など

ないだろう、位に思われている方がいるかもしれませんが、これは非常に危険です。

 

一方、すでに管理会社に管理を頼んでいる、というのであれば、そこはきっちり

モニタリングしてくれているでしょうから、問題にはならないでしょう。

 

ちなみに、当社CCPI社のサブリース事業に参加の方のユニットについては、

毎月、当社のスタッフがアドミン オフィスに支払しております。当たり前ですが。

 

Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

フィリピン不動産お困り相談受け付けています。 フィリピン不動産の本当の運用ができていない方、転売、賃貸を希望される方は、 infoccpinc@gmail.com までお気軽に相談内容をメールください。