フィリピンセブ不動産の売買、賃貸はCCPI社~そよ風に吹かれて

フィリピンセブ不動産の売買、賃貸お困り相談所。8ニュータウン他

フィリピン不動産CCPIのお問合せはinfoccpinc@gmail.com になります. 2018年2月よりフィリピンマニラマカティーオフィスに事業拡張のために移転いたしました。日本語対応は2人、マニラオフィスは現在6人体制、セブオフィスは2人体制です。 CEOは日本の金融、不動産が日本の高度成長期に一番伸びたことからその経験を踏まえて フィリピン不動産から銀行、VISAまでのワンストップサービスを目指しています。 フィリピン不動産で特に、放置された物件は没収など非常に危険な状態です。 日本人の資産を守るために販売でもアメリカ法、イギリス法も勉強し、もちろんフィリピン法も弁護士と共に一番いい方法を模索させていただきます。 お気軽にメールいただければと思います。 Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

カンボジア銀行口座開設ツアー

本日まで、プノンペンです。

いっぱいメールがたまっていますが、香港に戻りましたら一気に返信開始とさせていただきたいと思います。

プノンペンのとある銀行は未だホテルの住所で銀行口座開設ができます。

E3というVISAを空港で取っておくことが重要ですが。。。

源泉が非居住者14%、居住者6%ですが、E3VISAを持っていますと基本居住者扱いになります。

今回は3人の方と一緒でしたが、1人はプノンペンにそんなに来るわけでは無いので銀行口座を開こうと思っていたけど開きませんと、もう1人の方はスマホバンキングの下限の100USD,最後の1人は1万USDと思い思いの金額で口座開設していました。

 

1年に一度資金の移動が無いと口座が凍結されます。

ですから使わないのであれば開かないというのもありですし、最低限の金額だけしか入れないというのもアリですね。

空港はHauwie一色でしたからハーウェーの規制はこの国ではあまり関係無いのかな?と思ってしまいます。

ちなみに前は日本からのODAに資金が多かったのですが、最近は中国からの民間の投資金額が多くてカンボジアは今は中国語一色といった感じです。

USDの定期預金が約5%、マイクロファイナンスと呼ばれる消費者金融への貸付が7%位と結構高い利回りになっているのがこの国の特徴になりますね。。

下のフィリピン情報をぽちっと押していただけるとフィリピンの他の人の情報も見れます。↓

ブログ フィリピン不動産ブログ フィリピン不動産 

フィリピン不動産お困り相談受け付けています。 フィリピン不動産の本当の運用ができていない方、転売、賃貸を希望される方は、 infoccpinc@gmail.com までお気軽に相談内容をメールください。