フィリピンセブ不動産の売買、賃貸はCCPI社~そよ風に吹かれて

フィリピンセブ不動産の売買、賃貸お困り相談所。8ニュータウン他

フィリピン不動産CCPIのお問合せはinfoccpinc@gmail.com になります. 2018年2月よりフィリピンマニラマカティーオフィスに事業拡張のために移転いたしました。日本語対応は2人、マニラオフィスは現在6人体制、セブオフィスは2人体制です。 CEOは日本の金融、不動産が日本の高度成長期に一番伸びたことからその経験を踏まえて フィリピン不動産から銀行、VISAまでのワンストップサービスを目指しています。 フィリピン不動産で特に、放置された物件は没収など非常に危険な状態です。 日本人の資産を守るために販売でもアメリカ法、イギリス法も勉強し、もちろんフィリピン法も弁護士と共に一番いい方法を模索させていただきます。 お気軽にメールいただければと思います。 Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

SRRVのVISAやクオーターVISAをこれから取得しようとする方へ

まずは、自分はSRRVVISAホルダーですが、本当にVISAが必要かどうか考えててから取得されるのがいいかと思います。

自分の住んでいます香港でもそのお隣のマカオでも簡単に1年の観光VISAが取得できます。それも1万円ちょっとで。

SRRVのVISAの更新が普通の更新でも360USD ですから約4倍。

クオーターVISA(SQV)を取得しようとする人は200万円近くの費用はイミグレーションへのアンダーマネーの様相が強いVISA.しかも5年に一度の更新をしないと(その間も毎年ですが)VISA自体が取り消されるという永住権という名前の永遠では無いVISA.

SRRVもSQVも元々はフィリピンに住むという目的のVISAですから当たり前ですが、1か月程度セブで冬場のいい時に息抜きというと言う人はそもそも必要ありません。(と思っています)

フィリピンに永住するというのは個人的には相当な覚悟が必要だと住んでみて思っています。(というかずっとは住めません)

食事、安全、衛生面、医療。どれを取っても住みにくいかと。

しかもカトリックの方ならまだしも多くの日本人はその宗教性の違いにも悩むことになるかと。

車も左ハンドルですし。

それでもと言う人がVISAは取るべきかなと思っていますが。。。

下のフィリピン情報をぽちっと押していただけるとフィリピンの他の人の情報も見れます。↓

ブログ フィリピン不動産ブログ フィリピン不動産 

フィリピン不動産お困り相談受け付けています。 フィリピン不動産の本当の運用ができていない方、転売、賃貸を希望される方は、 infoccpinc@gmail.com までお気軽に相談内容をメールください。