フィリピンセブ不動産の売買、賃貸はCCPI社~そよ風に吹かれて

フィリピンセブ不動産の売買、賃貸お困り相談所。8ニュータウン他

フィリピン不動産CCPIのお問合せはinfoccpinc@gmail.com になります. 2018年2月よりフィリピンマニラマカティーオフィスに事業拡張のために移転いたしました。日本語対応は2人、マニラオフィスは現在6人体制、セブオフィスは2人体制です。 CEOは日本の金融、不動産が日本の高度成長期に一番伸びたことからその経験を踏まえて フィリピン不動産から銀行、VISAまでのワンストップサービスを目指しています。 フィリピン不動産で特に、放置された物件は没収など非常に危険な状態です。 日本人の資産を守るために販売でもアメリカ法、イギリス法も勉強し、もちろんフィリピン法も弁護士と共に一番いい方法を模索させていただきます。 お気軽にメールいただければと思います。 Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

プノンペン不動産について②

プノンペンは国の政策により今後5年、10年と長い間人口増加率で言うと10%ずつ増加していきます。(政府の政策通りですと)

実際に昨年はすでにその年率10%という目標を達成した模様です。

プノンペン国際空港では簡単にお金を支払いすれば、E3というビジネスVISAが取得できます。それも3年間の。(数万円です)

これを持つことでカンボジア国内(といってもプノンペン市内しか確認していませんが)の銀行口座をどこでも開くことできますし、USDの定期預金も年率5%台。

最近ではインターネットバンキングも発達してきていて、スマホで送金や定期預金に移し替えというのも簡単にできるようになります。

CRSという税情報開示機関にも加盟していません。

ちなみに預金保険機構にも加盟していません。(笑)

 

全てがゆるゆるのカンボジアですが、中国人が今大量に押しかけて不動産を含む農作物や権益などを買いあさっています。

すごく今のフィリピンに似ていませんか??

人口が増加していて、物価が上がり、USD口座が作れます!!という。

 

日本のODAでプノンペン市内の不動産も規制で昔の市長のハンコが押されただけのソフトタイトルから現在は国が認めるハードタイトルに移行していますので最近建設開始の物件にはハードタイトル物件も多くなってきています。

これは国が不動産登録税4%を取りたいという意向もあるみたいですが、お隣タイの不動産は1%なのでなかなか今は浸透していないのですが、もちろんお金を支払いすればハードタイトルが取れる物件はどんどん増えていますね。

フィリピン不動産お困り相談受け付けています。 フィリピン不動産の本当の運用ができていない方、転売、賃貸を希望される方は、 infoccpinc@gmail.com までお気軽に相談内容をメールください。