フィリピンセブ不動産の売買、賃貸はCCPI社~そよ風に吹かれて

フィリピンセブ不動産の売買、賃貸お困り相談所。8ニュータウン他

フィリピン不動産CCPIのお問合せはinfoccpinc@gmail.com になります. 2018年2月よりフィリピンマニラマカティーオフィスに事業拡張のために移転いたしました。日本語対応は2人、マニラオフィスは現在6人体制、セブオフィスは2人体制です。 CEOは日本の金融、不動産が日本の高度成長期に一番伸びたことからその経験を踏まえて フィリピン不動産から銀行、VISAまでのワンストップサービスを目指しています。 フィリピン不動産で特に、放置された物件は没収など非常に危険な状態です。 日本人の資産を守るために販売でもアメリカ法、イギリス法も勉強し、もちろんフィリピン法も弁護士と共に一番いい方法を模索させていただきます。 お気軽にメールいただければと思います。 Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

フィリピンの銀行口座、1年に1回は取引しましょう。それと仮想通貨関連取引について

SEANです。

今日は、ほぼ日中全ての時間、日本からのお客様の銀行関連サポートを行いました。

 

まずは、某銀行のクレジットカードのアクティベイト(有効化)。

日本であれば、自宅にカードが郵送されてきたら、すぐに利用可でしょうが、こちらの某銀行のものは、アクティベイトの手続きが必要なのです。

 ブログ フィリピン不動産ブログ フィリピン不動産 

3つの方法があって、ひとつは、保有している携帯電話からテキストメッセージ(これがまた、呪文みたいに長い文なのです、、、)を送って、返信で次の指示が来たらそれに従う。

2つ目は、ウェブサイトにアクセスして、指示に従う。

3つ目はコールセンターに電話する、というものだったのですが、当社のスタッフに電話を頼んで、本人確認の時にはお客様に代わることで、待ち時間は10分くらいは掛かりましたが、何とか終了。

 

ただし、絶対に必要なのが、フィリピンの電話番号です。

銀行以外にも、各種アプリ(GRAB)等の利用時にも、携帯電話番号が必要となる事は

ありますので、フィリピン渡航予定の方には、ポータブルWIFIではなくて、「SIMフリー携帯電話+フィリピンのSIM 」の組み合わせをお勧めします。

 

その後、銀行2行に向かい、1年以上取引していなかったので凍結になっている口座の凍結解除手続きを申し出たのですが、1行目では自営業であれば営業許可のような書類や納税証明書の提出が必要と言われ、てんやわんや、でした、、、

 

何せ、5枚もの書類に氏名だけではなく、職業やら母親の旧姓の氏名等を全て英語で書いていくのは日本からの方にはとても大変な事で、30分掛かって書き上げたら、しばらくお待ちください、と30分待たされ、何人かの係員をパスリレーされた後で言われたのが、自営業に関する書類を提出してください、という事で、また30分以上掛かって、もう、お客様もお疲れというか、キレ気味、、、でも仕方ないと思います(私はもう慣れてしまった、というか、麻痺していますが、、、笑)。

 

今まで、新規口座開設では要求されたことがありましたが、既存口座でも提出必要なの?という事で、なかなか、もめた1行め。でも、これもフィリピンあるある、です。

 

凍結解除できないと(当社サポートの場合は、何とかなるよう、ベストの努力はしますが)、当然ながら預金も引き出しもできません。どうにもならない訳です。

 

次の2行めも最初と同様、1年以上使っていない為の凍結解除だったのですが、こちらは天使のような対応で、何か所かのサインをしたら、それでアクティベイトオッケーです、と。銀行により、なんで、こんなに違うのでしょうね、、、

というか、同じ銀行でも、人とタイミングでかなり対応が違うのがフィリピンなんですが、、、いずれにしても、今後はアクティベイトの場合にも、事前に知り合いにアポイント取る必要があるなと感じました。

 

なお、大方の銀行で1年間、預金や引き出しなどの取引がないと凍結になります。

1回でも取引すればいいので、極力、凍結は回避するのをお勧めします。

 

それと、先日、ある方の銀行口座が強制閉鎖になりました。

その理由が海外の仮想通貨関連企業の口座からの着金のため、という事で、1発目の着金で即アウトとなり、口座の資金を受け取りのため、マニラに来られました。

 

私が聞いている範囲では、香港の銀行でもそうですが、強制閉鎖となると、預金は戻りますが、親切に日本に送金などしてくれないので、現地渡航が必要となりますが、これはかなり切ない渡航になります。

特にフィリピンであれば、ペソで受け取っても、5万ペソ超の海外持ち出しは禁止で、実際にニノイ アキノ空港の出国税関ではちょくちょくチェックしています。

(注:以前の記載では1万ペソ超としていましたが、読者の方からご指摘あり、確認したところ、5万ペソ超が正しい金額でした)。

 

となると、1万米ドル以下であれば、ペソから外貨に両替すれば合法的に持ち出し可能ですが、超えた場合にはハンドキャリーは不可で、別の送金方法が必要となります。

 

この仮想通貨関係のお話はマイナーな(ダジャレではありません)ネタですが、凍結回避はぜひ、意識していただきたいと思います。

 

お困りの方は、当社でサポートいたしますので、メールいただければと思います。

 

 

フィリピン不動産お困り相談受け付けています。 フィリピン不動産の本当の運用ができていない方、転売、賃貸を希望される方は、 infoccpinc@gmail.com までお気軽に相談内容をメールください。