フィリピンセブ不動産の売買、賃貸はCCPI社~そよ風に吹かれて

フィリピンセブ不動産の売買、賃貸お困り相談所。8ニュータウン他

フィリピン不動産CCPIのお問合せはinfoccpinc@gmail.com になります. 2018年2月よりフィリピンマニラマカティーオフィスに事業拡張のために移転いたしました。日本語対応は2人、マニラオフィスは現在6人体制、セブオフィスは2人体制です。 CEOは日本の金融、不動産が日本の高度成長期に一番伸びたことからその経験を踏まえて フィリピン不動産から銀行、VISAまでのワンストップサービスを目指しています。 フィリピン不動産で特に、放置された物件は没収など非常に危険な状態です。 日本人の資産を守るために販売でもアメリカ法、イギリス法も勉強し、もちろんフィリピン法も弁護士と共に一番いい方法を模索させていただきます。 お気軽にメールいただければと思います。 Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

プノンペン不動産③ ラスト

プノンペン不動産は本日で一旦ラストになります。

中心地で今完成したら当初物件価格のグロスで年率10%という感じでしょうか?

 ブログ フィリピン不動産ブログ フィリピン不動産 

フィリピン不動産

ペソ(銀行口座開設は1年以上のVISAがあれば簡単)

中心地でグロス利回り5~6%

プレビルド方式で3年ぐらいの最初積み立て

権利の保全は強固

定期預金の利回り3%台

VISAを取得するのはけっこう大変

 

プノンペン不動産

USD(E-VISAを取得すれば源泉徴収の割合が半分に減る恩恵あり)

中心地でグロス利回り10%

プレビルド方式で3年間で積み立て全額支払い

権利の保全は強固に移行中

定期の利回りは約5%

VISAの取得は現在非常に容易

 

ちなみにヘーベー単価はマカティー2000USDに対してプノンペン1200USD

マニラへは日本からの直行便多数に対してプノンペンはANA1便のみ。

フィリピンはASEAN最悪のIQ、カンボジアシンガポールに次ぐマレーシア、タイとほぼ同じIQ

と比較すると面白いですね。。

フィリピン不動産お困り相談受け付けています。 フィリピン不動産の本当の運用ができていない方、転売、賃貸を希望される方は、 infoccpinc@gmail.com までお気軽に相談内容をメールください。