フィリピンセブ不動産の売買、賃貸はCCPI社~そよ風に吹かれて

フィリピンセブ不動産の売買、賃貸お困り相談所。8ニュータウン他

フィリピン不動産CCPIのお問合せはinfoccpinc@gmail.com になります. 2018年2月よりフィリピンマニラマカティーオフィスに事業拡張のために移転いたしました。日本語対応は2人、マニラオフィスは現在6人体制、セブオフィスは2人体制です。 CEOは日本の金融、不動産が日本の高度成長期に一番伸びたことからその経験を踏まえて フィリピン不動産から銀行、VISAまでのワンストップサービスを目指しています。 フィリピン不動産で特に、放置された物件は没収など非常に危険な状態です。 日本人の資産を守るために販売でもアメリカ法、イギリス法も勉強し、もちろんフィリピン法も弁護士と共に一番いい方法を模索させていただきます。 お気軽にメールいただければと思います。 Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

フィリピンにもナンバーボータビリティー

先週のセブ=マニラ=香港(野宿)=プノンペン=香港で昨日赤痢と診断されダウンしております。

途中の香港(野宿)滞在時間が8時間ということを考えると、フィリピンかプノンペンの初日で感染した疑いが高く、とりあえず新興国の医療はいやなので頑張って香港に戻り昨日病院に行ってきました。

そうでなくても薬漬けなのに1週間さらに薬が増量。泣

自分の肝臓と腎臓は大丈夫なのだろうか??と心配。

一応、薬見ながら肝臓代謝型と腎臓代謝型をバランスよく飲んでいるつもり。。。

 

という新興国(&後進国)の洗礼を受けています。

 

さて、自分のフィリピンの携帯番号は2013年にフィリピンに行った時のプリペイドのまま。今はチャージすると1年の有効期限ですが、当時は確か300ペソチャージすると3か月の有効期限の電話番号。

ということで3か月に一度、年4回のフィリピン行きが年中行事だったかと思います。

それから6年、7月2日からフィリピンにもナンバーポータビリティーが始まることになりそうです。

この番号はかつてもフィリピン人とのつながりのお兄ちゃん、お姉さんの番号が入っていますので、番号は変えられません。

今度時間がある時にGlobeのショップに行きましてナンバーポータビリティーでプリペイドからポストペイドに換えて来たいと思います。

 

下のフィリピン情報をぽちっと押していただけるとフィリピンの他の人の情報も見れます。↓

ブログ フィリピン不動産ブログ フィリピン不動産 

フィリピン不動産お困り相談受け付けています。 フィリピン不動産の本当の運用ができていない方、転売、賃貸を希望される方は、 infoccpinc@gmail.com までお気軽に相談内容をメールください。