フィリピンセブ不動産の売買、賃貸はCCPI社~そよ風に吹かれて

フィリピンセブ不動産の売買、賃貸お困り相談所。8ニュータウン他

フィリピン不動産CCPIのお問合せはinfoccpinc@gmail.com になります. 2018年2月よりフィリピンマニラマカティーオフィスに事業拡張のために移転いたしました。日本語対応は2人、マニラオフィスは現在6人体制、セブオフィスは2人体制です。 CEOは日本の金融、不動産が日本の高度成長期に一番伸びたことからその経験を踏まえて フィリピン不動産から銀行、VISAまでのワンストップサービスを目指しています。 フィリピン不動産で特に、放置された物件は没収など非常に危険な状態です。 日本人の資産を守るために販売でもアメリカ法、イギリス法も勉強し、もちろんフィリピン法も弁護士と共に一番いい方法を模索させていただきます。 お気軽にメールいただければと思います。 Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

フィリピンで激安と感じるもの

SEANです

以前から重ねて書いていますが、実は物価が高いフィリピン。コンドミニアムの販売業者やヴィザのブローカーの人達の立場としては、フィリピンの物価は日本の3分の一で豊かな年金生活を送れます、とアピールしますが、それは、田舎のローカル地域でエアコンも冷蔵庫も温水シャワーもないような生活であれば可能でしょうが、大部分の日本人が期待するクオリティ オブ ライフとなると、まるで無理です。個人的にはタイ、バンコクなら、まだ、日本人としては暮らしやすいと思っています(ちなみに住んでいた時の電気代は5、6000円でしたから、フィリピンの半分から3分の一、でした。同じ位の暑さなのですが)。

 

インフラの根幹である電気代が日本より高いのですから、あらゆるものが高くなるのは自然です。さらに現在のインフレ率は6%。はっきり言って、日本の年金収入だけでフィリピンで暮らす経済的なメリットは殆どないと考えています。とりわけ病気にでもなったら。

 

そんな、実は物価が高いフィリピンですが、これは安い!と感じるのが、ローカル向けの長距離バスです。

 

先週末は、マニラから北に約100KMのパンパンガ州アンヘレスに日帰りでバス旅行をしてきました。カジノ開発で中国人が流入していると聞いていたので、雰囲気を見たかったから、です。

 

フィリピン国内の移動手段で同じ島内であれば、何と言ってもバスが圧倒的です。

ただし、これが外国人には実に判りにくくて、バスタ新宿のような複数のバス会社が乗り入れているバスターミナルはマニラにはなく、バス会社ごとに点在しているのです。

 

だいたい、マカティの隣のパサイ、LRT TAFT駅周辺か、QUEZON CITYのCUBAO駅周辺に多数の発着所があります。

 

時刻表なんてないので、とにかく、まずは、発着所に行って、目的地行きのバスを見つけたら乗っていき、満席になったら出発、という流れです。

 

先日はCUBAOからアンヘレス行きに乗りましたが(マカティからタクシーで200ペソ程度です。パサイからも乗れるのですが、結局、マカティからパサイに行って、再度、パサイからマカティをEDSA通りを抜けていくので時間の無駄になるわけで、私はいつもCUBAOです)、行きと帰りでバス会社が異なり、行きは129ペソ、帰りは139ペソでした。両方ともエアコン付きで、エアコンなしだと少し安くなる(といっても20ペソくらい)のですが、エアコンなしだと窓全開で、排気ガスを吸い込むことになりますから、私は絶対にエアコンバスを選びます)。

CUBAO からアンヘレスのDAU BUS TERMINALまで約100KM、時間ですと、土日の都心部の渋滞が少ない場合は片道90分程度、平日で渋滞すると3時間以上になるようですが、いずれにしても、日本円で300円未満。これは安いと思います。

かつて暮らしていたバンコクパタヤ間のバスが130バーツ程度、450円くらいですから、タイよりさらに安いということになります。

 

もし、アンヘレスまでGRABを使ったら?と思い、今、検索したら、片道1,790ペソでしたから、10分の一未満、ということになります。

 

このように激安ではあるのですが、注意点、デメリットもあります。

まずはトイレ、です。殆どのバスにトイレは付いておらず、さらに、2時間、3時間位の路線ですとサービスエリア休憩さえありません。

ですから、ビール片手にバス旅行、なんていうのは出来ないですね。

そういえば、ローカルバスの中でビールや酒を飲んでいるフィリピン人を見たことはないですね。

 

どうしても、お腹の調子が悪くなって我慢できなくなったら、ドライバーに申し出れば止まってくれますが、サービスエリアでも何でもない路上だったり、します。

 

私はもう20回以上、ローカルバスに乗っていて、まだお腹が痛くなった事はないですが、トイレが無いと覚悟を決めると意外と大丈夫なものですね。

 

でも、尿意を催して、もうどうにもならず、持っていたマウンテン デュー(もう日本では売っていないと思いますが、こちらの屋台では圧倒的に売れています)のペットボトルに”詰め替え”たという話を聞いたことはあります。まあ、これは小問題、没問題。

 

一方で大きな方となると、車内に香りが充満しますから、確実に大問題です。

以前、赤ちゃんがしちゃったのに遭遇して、まあ、赤ちゃんだから笑えましたが、、、

 

トイレの次の留意点としては、車内の物売りとか歌手?それと、映画がうるさいこと、です。

水とかスナック類の売り子が出発してからしばらくは乗車しているのですが、狭い通路を大量の商品を持ってウロウロするので、通路側に座ると非常にザワザワします。

 

あと、先日遭遇したのは、20代の女性二人が聖書の講話をして、そのあと、一人が突然、BGMにのせて歌いだしたこと、、、歌の前に乗客に使い古しの汚い封筒を配っていったのですが、これにお金を入れてください、という事なのです。

 

しかし、かなり下手な歌で睡眠妨害されて、さらにお金払わないといけないの?と思うのですが、ここは自己メリットしか考えない人が多いフィリピンですから、あるある、の世界です。

おそらく、運転手にいくらか、分け前の一部が分配されるシステムなんでしょうね。

こういう仕組み化だけはうまいのが、フィリピンです。

 

あとは、これはお金は取られないサービスですが、映画も時折、かなりの音量になるので、睡眠妨害になります。イヤホンなんてありませんから。

 

最後に挙げることとしては、エアコンが最強に効きすぎていることがあるので、上着は必須だ、ということですね。

 

このように、料金だけを見たら激安の長距離バス、なのですが、余程旅慣れた方以外には、あまりお勧めできないのですが、リアルなフィリピンを感じてみたいという奇特な方には、一度乗車していただき、下手な歌にチップ20ペソでも上げてみるのもよろしいかと思います。

 

 

フィリピン不動産お困り相談受け付けています。 フィリピン不動産の本当の運用ができていない方、転売、賃貸を希望される方は、 infoccpinc@gmail.com までお気軽に相談内容をメールください。