フィリピンセブ不動産の売買、賃貸はCCPI社~そよ風に吹かれて

フィリピンセブ不動産の売買、賃貸お困り相談所。8ニュータウン他

フィリピン不動産CCPIのお問合せはinfoccpinc@gmail.com になります. 2018年2月よりフィリピンマニラマカティーオフィスに事業拡張のために移転いたしました。日本語対応は2人、マニラオフィスは現在6人体制、セブオフィスは2人体制です。 CEOは日本の金融、不動産が日本の高度成長期に一番伸びたことからその経験を踏まえて フィリピン不動産から銀行、VISAまでのワンストップサービスを目指しています。 フィリピン不動産で特に、放置された物件は没収など非常に危険な状態です。 日本人の資産を守るために販売でもアメリカ法、イギリス法も勉強し、もちろんフィリピン法も弁護士と共に一番いい方法を模索させていただきます。 お気軽にメールいただければと思います。 Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

マカオ空港を初めて利用してマニラ入り。

フィリピン不動産とは関係無いネタが続いています。

ネタが無いのではと思われますが、ありすぎて自分の中でも整理できず。。

フィリピン不動産は奥深いので。

で、今回はちょっとカスル程度ですが、昨日香港=マカオ=マニラを1日で仕事?していました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

月曜の朝一なので、早めに香港の銀行。

次にパスポート認証をするために、昼前にはマカオの行政庁(日本で言えば法務局と住民課が一体になったようなところ)に行きまして、パスポートと書類の認証。

パスポート認証をしておけば、パスポート期間中にフィリピンに来なくても日本で書類のやり取りできますので。

ということで、自分はパス認、パス認と呼んでます。

パス認は大体1時間位。とはいえ、待つ時間がほとんど。

書類の認証は北京語か、ポルトガル語

北京語はフィリピン人は読めないのでポルトガル語を選択。

元々フィリピンはスペインの統治下でしたから、スペイン語に近いポルトガル語(deとか)はなじみが深いです。ですので、なんとなくそのポルトガル語も読めるような。。。確かに英語ではマカオ行政庁ではほとんど表記は無く。香港とは異質な文化の空間の感じがします。

 

で、その後はAIAタワーの14Fのフィリピン大使館に行ってノートライズ(認証)をして、4日後以降に取りに来る。というルーチーンワーク。

フィリピン大使館は3時がカットオフタイムで4時まで。

仕事しないな~~と思いながらも、金、土お休みで日曜日はやっている(ちなみにマカオ行政庁は土日休みなので実質マカオに行けるのは月~木まで。

フィリピン大使館に来るとここはフィリピン?という感じでタガログ、ピサヤでフィリピン人同士で盛り上がっています。

ということで、フィリピン大使館を16時過ぎに出て、22時過ぎのセブパシでのマニラ入りのために初マカオ空港に向かいます。

 

ちなみにSEANは昔マカオにも住んでいたこともあり、マカオ=マニラの初フライトはエアアジアゼストでターミナル4で散々な目にあったという自分達がフィリピンの永住権VISAを丁度4年前に取りに来た時にはまだ、セブパシがマカオ=マニラに就航していないときでした。。

 

つづく

フィリピン不動産お困り相談受け付けています。 フィリピン不動産の本当の運用ができていない方、転売、賃貸を希望される方は、 infoccpinc@gmail.com までお気軽に相談内容をメールください。