フィリピンセブ不動産の売買、賃貸はCCPI社~そよ風に吹かれて

フィリピンセブ不動産の売買、賃貸お困り相談所。8ニュータウン他

フィリピン不動産CCPIのお問合せはinfoccpinc@gmail.com になります. 2018年2月よりフィリピンマニラマカティーオフィスに事業拡張のために移転いたしました。日本語対応は2人、マニラオフィスは現在6人体制、セブオフィスは2人体制です。 CEOは日本の金融、不動産が日本の高度成長期に一番伸びたことからその経験を踏まえて フィリピン不動産から銀行、VISAまでのワンストップサービスを目指しています。 フィリピン不動産で特に、放置された物件は没収など非常に危険な状態です。 日本人の資産を守るために販売でもアメリカ法、イギリス法も勉強し、もちろんフィリピン法も弁護士と共に一番いい方法を模索させていただきます。 お気軽にメールいただければと思います。 Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

フィリピン、今年2回目の政策金利上げ。

フィリピンのインフレが政府目標以上に加速しています。

アメリカも金利を上げたのでそれに伴い、フィリピンは5,6月と連続で0.25%ずつの金利を上げることを決定、即日実施しました。

 

フィリピンのTVを見ていたら、通貨防衛(ドル高にならないように)の意味あいと、想定以上の好景気により、消費行動が止まらないと言う。

フィリピンが一番海外に頼らないといけないのは原油

中国が昔は自転車の洪水、ベトナムがバイクの洪水と同じく、フィリピンは車だらけ。

先日SEANとも話しましたが、日本と日本製品の車の新車価格がそんなに変わらない。(多分1~2割高くらい)

タイだと最低でもその5割~100%増し。

タイでは現地工場もあるのにと言いながら、関税の高さかもしれませんね。

 

昨日土曜日はメトロマニラのはるか南、ラグナ州に行ってきました。

行きはgrabタクシーだと約1000ペソ。帰りは地元の人とおなじようにバスに乗り帰ってきて46ペソ。そこからジプニー(多分7ペソ?おつりもらい忘れたので不明)

ということで20分の1のコストでの移動。

 

そうそう、久しぶりに切符切りを見ましたね。昔国鉄が改札で切符を切る光景。

40歳以上の人なら覚えているかもしれませんんが、バスでは乗った場所、降りる場所、金額を切符でパチパチとパンチ入れていき、途中高速に乗ったところでお金の回収に回る。

フィリピンのキャッシュレス化はまだまだ先のような気がしますね。笑

フィリピン不動産お困り相談受け付けています。 フィリピン不動産の本当の運用ができていない方、転売、賃貸を希望される方は、 infoccpinc@gmail.com までお気軽に相談内容をメールください。