フィリピンセブ不動産の売買、賃貸はCCPI社~そよ風に吹かれて

フィリピンセブ不動産の売買、賃貸お困り相談所。8ニュータウン他

フィリピン不動産CCPIのお問合せはinfoccpinc@gmail.com になります. 2018年2月よりフィリピンマニラマカティーオフィスに事業拡張のために移転いたしました。日本語対応は2人、マニラオフィスは現在6人体制、セブオフィスは2人体制です。 CEOは日本の金融、不動産が日本の高度成長期に一番伸びたことからその経験を踏まえて フィリピン不動産から銀行、VISAまでのワンストップサービスを目指しています。 フィリピン不動産で特に、放置された物件は没収など非常に危険な状態です。 日本人の資産を守るために販売でもアメリカ法、イギリス法も勉強し、もちろんフィリピン法も弁護士と共に一番いい方法を模索させていただきます。 お気軽にメールいただければと思います。 Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

電気代高いなあ、、、

SEANです。

今月分の電気代の請求書が届いたのですが、6500ペソでした。

約14000円です。高いですね、、、

 

40平米のスタジオ、ワンルームです。

先月4月は4000ペソ弱だったのですが、一番暑い時期を迎え、エアコンをつけっぱなし(といっても、昼間は不在だから夜から朝までですが)にしている事が大きいですね。

 

以前住んでいましたバンコクコンドミニアムでは、ほぼ同じ広さで、1500ペソを超えることはありませんでした。日本円換算だと約5千円ですから、バンコクの3倍くらいの感覚です。

 

最低賃金の人の月給が15000ペソ程度なので、その人が住む家でエアコンはまずありません。仮にプレゼントされたとしても、毎月の電気代が高すぎて払えないから、です。

 

庶民クラスでは、エアコンなんてもっての他で、冷蔵庫も、洗濯機も無いのが普通です。ちなみに水道代は高いとは感じません。

 

以前も書きましたが、私はフィリピン移住を推奨するビジネスは行っていませんし、日本人向けにコンドミニアムを販売もしていないので、自分が感じたことをリアルに、そのまま書きますが、フィリピンの物価が日本の4分の一で済みます、というのは、エアコンも冷蔵庫も無し。移動手段はタクシーではなくジプニーやバス。食事は日本食レストランではなくてローカルのスーパーかマーケットで食材を買って自炊か、外食ならジョリビーで100ペソのミール、というなら、確かに4分の一でいけるかもしれません。

 

でも、殆どの日本の方がイメージする海外移住生活というのは、

 

日本と同じか、ほぼ近い快適な生活を、日本より安く実現する

 

ことだと思っていますが、これはさすがに無理ですね。

 

アジア移住ブームがあった5年くらい前と比べても、日本は物価上昇していないのに、ここフィリピンは年率平均で3%くらい上がっていますし、家賃は5%上がるのが普通です。

 

でも、物価が上がって経済が伸びているわけですから、ビジネスチャンスはあります。

ですから、リタイアメント生活というよりも、稼ぐために来るのがフィリピンという風に感じていますし、自分自身、稼ぐためにマニラに住んでいる訳です。

 

 

 

 

 

フィリピン不動産お困り相談受け付けています。 フィリピン不動産の本当の運用ができていない方、転売、賃貸を希望される方は、 infoccpinc@gmail.com までお気軽に相談内容をメールください。