フィリピンセブ不動産の売買、賃貸はCCPI社~そよ風に吹かれて

フィリピンセブ不動産の売買、賃貸お困り相談所。8ニュータウン他

フィリピン不動産CCPIのお問合せはinfoccpinc@gmail.com になります. 2018年2月よりフィリピンマニラマカティーオフィスに事業拡張のために移転いたしました。日本語対応は2人、マニラオフィスは現在6人体制、セブオフィスは2人体制です。 CEOは日本の金融、不動産が日本の高度成長期に一番伸びたことからその経験を踏まえて フィリピン不動産から銀行、VISAまでのワンストップサービスを目指しています。 フィリピン不動産で特に、放置された物件は没収など非常に危険な状態です。 日本人の資産を守るために販売でもアメリカ法、イギリス法も勉強し、もちろんフィリピン法も弁護士と共に一番いい方法を模索させていただきます。 お気軽にメールいただければと思います。 Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

大雨の時にはっきり出てくる違い

SEANです。

今週は火曜日から強弱の差はあれども、ずっと雨なのですが、オフィスがあるマカティ、アヤラ アベニュー周辺は洪水は殆どありません。同じマカティ市でも、日本人におなじみのリトル トーキョーあたりは下町という感じで、かなり水浸しになりますが、レガスピ ヴィレッジ、サルセド ヴィレッジと呼ばれているエリアは排水がしっかり整備されています。

加えて、オフィスのすぐ近くのデラ ロサ通り、北はマカティ メディカルから南はグリーン ベルトまでの1キロ強の部分は、全て雨よけ付きの高架道が整備されていて、地上を歩く必要がありません。

 

マカティ以外でも、BGCやオルティガスといった新興開発エリアは同様に整備が進んでいる感じです。

 

こうしたエリアは、企業からの潤沢な税金があるため、一般的なフィリピンのインフラとはかなり異なり、割とまとも、です。

 

私は以前、バンコクに住んでいましたが、外国人居住エリアでも大雨の時には洪水になっていましたが、マカティのオフィス周辺は全く問題なしで快適です。

 

庶民的なエリアよりも物価全般高いですが、雨季になると、生活の質がまるで異なってくるものですね。

 

(余談)

先日書きました、某取引先ですが、先週金曜日時点では、今週月曜日に再配達するとメールしてきたのですが、月曜日には何もなし。そして水曜日になってメールが来まして、

 

”台風のため、配達できず、すみませんでした”

と一応お詫びされたのですが、実は月曜日は雨でも何でもなかった、というオチ 笑

 

雨が降ると、仕事を忘れた格好の言い訳になるフィリピンです 笑

フィリピン不動産お困り相談受け付けています。 フィリピン不動産の本当の運用ができていない方、転売、賃貸を希望される方は、 infoccpinc@gmail.com までお気軽に相談内容をメールください。