フィリピンセブ不動産の売買、賃貸はCCPI社~そよ風に吹かれて

フィリピンセブ不動産の売買、賃貸お困り相談所。8ニュータウン他

フィリピン不動産CCPIのお問合せはinfoccpinc@gmail.com になります. 2018年2月よりフィリピンマニラマカティーオフィスに事業拡張のために移転いたしました。日本語対応は2人、マニラオフィスは現在6人体制、セブオフィスは2人体制です。 CEOは日本の金融、不動産が日本の高度成長期に一番伸びたことからその経験を踏まえて フィリピン不動産から銀行、VISAまでのワンストップサービスを目指しています。 フィリピン不動産で特に、放置された物件は没収など非常に危険な状態です。 日本人の資産を守るために販売でもアメリカ法、イギリス法も勉強し、もちろんフィリピン法も弁護士と共に一番いい方法を模索させていただきます。 お気軽にメールいただければと思います。 Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

merienda メリエンダ と通勤事情

SEANです。

当社ではランチに日本米を無償支給していて食べ放題なのは以前お伝えしましたが、ランチ以外に朝食と夕方の軽食 メリエンダもオフィスで食べるスタッフも結構います。特にメリエンダは、全員と言っても良いくらいで、さきほども、ホットサンドイッチを作ってみんなで食べました(冷蔵庫に私が持ってきた千切りキャベツとトマトの残りとマヨネーズがあったのですが、ツナ缶が無いよ~ とスタッフが言ったので、日本から持ってきていたサバ缶を使ったのですが、とても美味しかったです)。

 

朝食、昼食、そして、メリエンダが加わったら、3食会社で食べていることになりますが、スタッフ達の通勤事情を考えると、全く不思議でもなんでもありません。

 

いま、周りにいるスタッフの通勤時間ですが、1時間程度は一人だけで、2時間程度が二人、2時間から3時間程度が二人います。みんな、ジプニーとバスかUV EXPRESSという乗り合いバンで通勤しますが、いずれも、ぎゅうぎゅう詰めで大変です。

 

夕方4時から7時くらいのマカティ、アヤラ アベニューあたりで通勤バスを待つ大行列とすし詰めの車内を見ると、メトロ マニラの通勤事情というのは実に過酷なものだと思い知らされます。

 

朝の通勤で2時間から3時間で、会社に着いたら、コーヒーとパンでほっとひと息、となりますし、帰宅前にもちょっと、メリエンダで腹ごしらえしないと、帰りの通勤で踏ん張りが効かないのでしょう。

 

当社以外でも、2時間程度の通勤時間はメトロ マニラではごく普通の事のようですが、距離にしたら、せいぜい、20キロ~30キロくらいなのです。

 

とにかく、地下鉄のような公共鉄道と道路インフラが整備されていないから、このような状況。

 

近い将来、フィリピンの人達が長時間通勤から解放されるようになったら、メリエンダの習慣はどうなるのかなあ? なんて考えたりもしますね。

 

 

 

 

フィリピン不動産お困り相談受け付けています。 フィリピン不動産の本当の運用ができていない方、転売、賃貸を希望される方は、 infoccpinc@gmail.com までお気軽に相談内容をメールください。