フィリピンセブ不動産の売買、賃貸はCCPI社~そよ風に吹かれて

フィリピンセブ不動産の売買、賃貸お困り相談所。8ニュータウン他

フィリピン不動産CCPIのお問合せはinfoccpinc@gmail.com になります. 2018年2月よりフィリピンマニラマカティーオフィスに事業拡張のために移転いたしました。日本語対応は2人、マニラオフィスは現在6人体制、セブオフィスは2人体制です。 CEOは日本の金融、不動産が日本の高度成長期に一番伸びたことからその経験を踏まえて フィリピン不動産から銀行、VISAまでのワンストップサービスを目指しています。 フィリピン不動産で特に、放置された物件は没収など非常に危険な状態です。 日本人の資産を守るために販売でもアメリカ法、イギリス法も勉強し、もちろんフィリピン法も弁護士と共に一番いい方法を模索させていただきます。 お気軽にメールいただければと思います。 Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

雨季突入

SEANです。

 

マニラは3月~5月の猛暑期が終わり、雨季に入りました。

ここ1週間ほど、日本の梅雨に時折スコールが加わったような天候が続いています。

 

じめっとしていますが、現在の気温は28度。

1か月前は昼間は35度くらいになっていましたから、どちらかと聞かれれば今の方がカラダはラクです。以前は昼間5分以上、外を歩くのを控えるくらい、暑かったですから。

 

ただし、移動中にスコールに遭うと、もう大変ですね。

先日、マカティの南にあるアラバンに出かけたのですが、オフィスに戻ろうとクルマに乗るところで猛烈なスコールに遭遇。

車寄せからクルマに乗るまでの数秒でずぶ濡れになって、こりゃ大変だ、、、と思ったのですが、移動を始めてマカティに近づいてきたら、全く降っていない。

局地的な大雨が多いようですね。

 

マカティの大部分は大雨でも洪水にはならなそうですが、あまり綺麗でないエリア、通り(マカティにもありまして、実は日本人ご用達のリトル東京付近は、あまり綺麗ではありません)になると、洪水になり勝ちのようです。

 

昨日、女性スタッフの一人が、ホットパンツにビーチサンダルという恰好で出社してきたのですが、自宅から通勤のためのバスに乗るまでの間が洪水なので、こんな格好で来ちゃいましたー、と、恥ずかしそうに、すぐに着替えていたり。

 

ミーティングの時間などのアポイントメントも、雨になったら全く当てにならないのだろうなあ、と思ったりもしています。

 

マニラとセブは全く同じ気候ではないものの、似てはいます。

となると、雨が続いて、海もプールの水も濁る、これから当分の間は、観光目的の人はかなり減るのではないかなあ、と思います。台風もありますしね。

 

 

 

 

フィリピン不動産お困り相談受け付けています。 フィリピン不動産の本当の運用ができていない方、転売、賃貸を希望される方は、 infoccpinc@gmail.com までお気軽に相談内容をメールください。