フィリピンセブ不動産の売買、賃貸はCCPI社~そよ風に吹かれて

フィリピンセブ不動産の売買、賃貸お困り相談所。8ニュータウン他

フィリピン不動産CCPIのお問合せはinfoccpinc@gmail.com になります. 2018年2月よりフィリピンマニラマカティーオフィスに事業拡張のために移転いたしました。日本語対応は2人、マニラオフィスは現在6人体制、セブオフィスは2人体制です。 CEOは日本の金融、不動産が日本の高度成長期に一番伸びたことからその経験を踏まえて フィリピン不動産から銀行、VISAまでのワンストップサービスを目指しています。 フィリピン不動産で特に、放置された物件は没収など非常に危険な状態です。 日本人の資産を守るために販売でもアメリカ法、イギリス法も勉強し、もちろんフィリピン法も弁護士と共に一番いい方法を模索させていただきます。 お気軽にメールいただければと思います。 Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

日本的感覚では捉えきれないフィリピン経済

SEANです。

フィリピン経済という言葉でイメージされるのは、高い経済成長率とか人口ピラミッド(数年前は、人口ピラミッドという言葉だけで、多くの日本人がプレビルドを購入していたような気がします 笑)といったところかと思いますが、実際に住んでみると、なかなか複雑というか、一筋縄ではいかない印象です。

 

まず、高い経済成長率というのは、間違いなさそうです。

ここ数年、7%位で推移していますし、現在のインフレ率もだいたい4%から5%くらい。

当社オフィスがあるマカティ、アヤラ アベニュー付近は高層ビルの建築ラッシュで、常に粉塵と工事音に囲まれている状況。

建設資材、建設コストは当然、上昇しています。

 

この点では、確かに力強い経済成長だな、と思えます。

 

一方、株価と為替。

フィリピンの株価指数は年初から20%近くの下落となっていて、さらにペソは対ドルでは歴史的な安値推移です。

 

それと、賃金と失業率。

マニラの最低日給は500ペソですが、地方となると大幅に下がります。

下記の通り、西ビサヤ地区では、現状、300ペソにも満たないレベルです。

 

西ビサヤ地域、最低賃金改定 | フィリピン経済・金融・投資情報 

 

フィリピンの国民食ジョリビーのセットメニューが100ペソですから、

仮に3食ジョリビーにしたら、もう給料は残りません。

 

さらに、失業率ですが、”統計上”は6%弱となっていますが、これは全く現実とは違うと

感じています。特に地方では仕事の機会が圧倒的に少ないのと、あったとしても、あまりに低賃金であることから、やる気が起きず、昼間から何もせずに過ごす“タンバイ”が問題になっているのです。個人的感覚では、10%から20%くらいの就業すべき人が仕事していない現状だと感じています。

 

失業率の推移(1980~2018年)(フィリピン, 日本) - 世界経済のネタ帳  

 

日本的感覚だと、かつての高度成長期のように、まずは国全体が成長すれば、成長の果実が全国民に配分されていく、と理解するのですが、こちらフィリピンでは全く異なっています。ある意味では、中国と似ているかもしれませんね。

 

相変わらず、絶望的に貧しい人は変わらず貧困から抜け出せないのです。

 

ですから、”フィリピンは高い経済成長”という言葉に釣られて、日本との違いを考えずに、個別の不動産とかに投資するというのは、かなり危険なことだと考えます。

 

仮にフィリピンの株価指数ETF等を持っていても、経済成長率とは全く反対の動きをしている位です。最適な資源配分にはなっていないので、ちゃんと見極めないと、期待とは全く外れの結果になってしまうと思います。

 

 

フィリピン不動産お困り相談受け付けています。 フィリピン不動産の本当の運用ができていない方、転売、賃貸を希望される方は、 infoccpinc@gmail.com までお気軽に相談内容をメールください。