フィリピンセブ不動産の売買、賃貸はCCPI社~そよ風に吹かれて

フィリピンセブ不動産の売買、賃貸お困り相談所。8ニュータウン他

フィリピン不動産CCPIのお問合せはinfoccpinc@gmail.com になります. 2018年2月よりフィリピンマニラマカティーオフィスに事業拡張のために移転いたしました。日本語対応は2人、マニラオフィスは現在6人体制、セブオフィスは2人体制です。 CEOは日本の金融、不動産が日本の高度成長期に一番伸びたことからその経験を踏まえて フィリピン不動産から銀行、VISAまでのワンストップサービスを目指しています。 フィリピン不動産で特に、放置された物件は没収など非常に危険な状態です。 日本人の資産を守るために販売でもアメリカ法、イギリス法も勉強し、もちろんフィリピン法も弁護士と共に一番いい方法を模索させていただきます。 お気軽にメールいただければと思います。 Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

非常に多い物件放置

SEANです。

先日、CPM社様(近々、社名変更予定との事です)とミーティングをしてきたのですが、そこで改めて感じたのが、

 

既に鍵がリリースされているのに、放置されているユニットが非常に多い

 

という事でした。

 

放置されている、ということは、暑いセブなのにも関わらず、カーテンも付いていない、エアコンを動かすこともない状況。これが1年以上というのも、けっこうあります。

 

オーナーさんの中には、連絡自体が取れないケースもあります。

ここまで来たら、もう仕方ない(管理会社の範疇ではなくなりますから)のですが、連絡は取れるけれども、今後の方針が決まっていない、とか、コストを掛けたくない、という事で結果、放置になっているのであれば、もったいない状態ですので、今までコンタクトしてきた管理会社等に連絡するのをおすすめします。それがなければ、当社CCPI社にお問合せください。

 

以前から、管理会社と契約の”方向で” やりとりしてきたけれども、未契約という方。

これも、実質は放置と同じです。

 

も日本でしたら、契約前でも”ちょっと、部屋の中、チェックしておきますね”というのがあるかもしれませんが、ここフィリピンではまず、あり得ません。

 

ですから、管理契約を結んでいなければ、引き渡し後の管理費が未払状態でも、だれにもクレームは言えないのです(代行支払の約束を取り交わしていれば別ですが)。

 

引き渡し前に、MIF(MOVE IN FEE)として、管理費の3か月分を前払いしていますから、最初の3か月は払わなくて大丈夫ですが、4か月分からは、きっちり請求が来ます。

 

来ます、といっても、日本のオーナーさんの自宅に郵送ではなく、セブの郵便ポストに入っているだけ、ですから、請求来ていない、という認識の方が多いですが、実際には請求されていて、未払状態になっているのです。

 

あと、内装費の負担がきつい、というのも聞きますが、であれば、その状況を管理会社に率直に伝えてみる。

 

そうすれば、もしかしたら、分割支払いのプランとか、逆に提案がもられるかもしれません。

 

あとは、手前味噌になりますが、当社のサブリースプランであれば、当初の内装費用は家賃収入から賄いますので、内装費用はそもそも不要になる。

 

その代わり、”インカムのない”不動産、ということになります。

 

ですから、きっちり、インカムを追求、というのであれば、当社のサブリースは不向きです。

 

最後に余談になりますが、かなり多く質問があるのが、

 

CPM社とは競合ではないのですか? 

 

というもの、です。

 

ですから、オーナーさんの中から、

 

”CPM社では、このような内装が〇〇〇ペソだけど、CCPI社ではいくらでやってもらえますか?”

といった問い合わせが来ることもあります。

 

JACKもSEANも日本人ではありますが、日本から離れてだいぶ年数が経ったので、日本人の常識?が薄まってきたのか、そもそも、日本的な”競合”という意識がないので、このような問い合わせに戸惑うこともあるのですが、お答えとしては、

 

当社では、そのような内装はサービス メニューに入っていないので、CPM社さんにご依頼されるか、さらに他の会社さんにお問合せいただければと思います。

 

 

というものになりますね。

 

日本だったら、どこかの牛丼屋が豚丼をメニューに加えたら、他のチェーンも一斉に導入して、10円単位で値下げといった競争をしているようですが(かなり旧い話ですみません、、、)、これって、単なる消耗戦なのでは? と、私たちは考えています。

 

他社がやっていることを全てメニューに加えて、あとは価格競争、それと、最近読んだ話だと、某コンビニのコーヒーは手渡しにこだわっているそうですが、従業員のサービス合戦(フィリピンに住んでいたら、100円=50ペソのコーヒーにサービスとかホスピタリティを求めるな、という感じですね。その代わり、こちらのスタバは、コンビニより高い分、インテリアとかサービスはかなり高レベルでした。MOAの近くの店でしたが)。

 

当社は、社員10名未満ですし、オフィスも40平米しかありません。

 

そこで、すでに事業展開している同業者さんと同じサービスをしても、お客さんに受け入れられる訳がない(ちなみに、毎年、最低3%は物価が上がるフィリピンで価格競争というのは、絶対にやってはいけない事だと感じています)。

 

そこで考え出したのが、サブリーシング、という手法です。

(日本で最近話題になった、〇〇の馬車のサブリースとは違います。だって、こちらは、”インカムゼロ”と言っていますから笑、)

 

JACKのバックグラウンドは、債券や為替などのトレーディングですが、私SEANは、経営管理です。もう古いですが、マイケル E ポーターの競争戦略論などは分厚い、枕みたいな原書を読み込んできました。

 

日本語は出来ますが、日本に住んでいないこともあって、日本的な”競合論”みたいな考えは全くもっていません。

 

ですから、お客様からしたら、競合であるCPM社さん等と定期的にミーティングするのは、単に、お客様メリットを考えてやっているだけなのです(例えば、このユニットが放置されている、となったら、どちらかの会社からコンタクトして、方針を決めてもらいましょう、といった打ち合わせをします。結果的にどこの管理会社でも良いのですが、早く方針を決めれば、オーナー利益ですよね? という事)。

 

日本では、例えばゼネコン同志がミーティングをすると、下手したら逮捕される。

 

個人的には全くわからない世界ですね、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

にほんブログ村 株ブログ 海外投資へ
にほんブログ村 にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

フィリピン不動産お困り相談受け付けています。 フィリピン不動産の本当の運用ができていない方、転売、賃貸を希望される方は、 infoccpinc@gmail.com までお気軽に相談内容をメールください。