フィリピンセブ不動産の売買、賃貸はCCPI社~そよ風に吹かれて

フィリピンセブ不動産の売買、賃貸お困り相談所。8ニュータウン他

フィリピン不動産CCPIのお問合せはinfoccpinc@gmail.com になります. 2018年2月よりフィリピンマニラマカティーオフィスに事業拡張のために移転いたしました。日本語対応は2人、マニラオフィスは現在6人体制、セブオフィスは2人体制です。 CEOは日本の金融、不動産が日本の高度成長期に一番伸びたことからその経験を踏まえて フィリピン不動産から銀行、VISAまでのワンストップサービスを目指しています。 フィリピン不動産で特に、放置された物件は没収など非常に危険な状態です。 日本人の資産を守るために販売でもアメリカ法、イギリス法も勉強し、もちろんフィリピン法も弁護士と共に一番いい方法を模索させていただきます。 お気軽にメールいただければと思います。 Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

当社の民泊に対する考え方

SEANです。

最近、複数の問い合わせがあったのが、民泊について、です。

エアビーに代表されるものですが、まず、現時点で当社では民泊サポートのサービスは行っておりません。マニラ、セブ共に、サポート業者さんは複数あると思いますから、ご希望の方はお問合せされるのがよろしいでしょう。

 

以前、JACKが書きましたが、当社のメインオフィスはマカティにありますが、たった40平米しかありません。普段は5人程度ですが、ここにサテライトオフィスの社員とかサポート会社のスタッフも来て10人くらいになると、かなり酸欠モードみたいになります、、、

 

仕事が忙しいからと社員を増やすのは簡単、でも、そうやって、どんどん社員を増やした後で業務が減って、結局、リストラして士気が下がっては良くない、ということで、フィリピンらしくはないですが、少数で極限まで効率化を進める方向です。

 

となると、全ての方のニーズを当社だけで満たすことはできませんが、別に当社でなくても、他社さんに頼んでいただければ困ることはない、そう考えています。

 

ですから、今、民泊サポートは当社のサービスメニューにはありません、という事になります。

 

では、民泊自体の考え方ですが、コンドミニアムであれば管理組合があり、規約で禁止されている所でしたら、”絶対的に”おすすめしません。

 

もちろん、規約では禁止でも、特別なルート、コネクションがあって、民泊の受け入れが出来ている、というケースもあるでしょう。

 

トラブルなく運営できていれば良いと思いますが、万が一、何かあった時、最終的に責任が及ぶのはユニット オーナーさんです。

 

当社の基本スタンスは、フィリピンの法律およびルールを遵守することですが、もし、管理規約で禁止されている民泊営業を行っていて大きなトラブルになった際、オーナーからしたら法外なペナルティ等を請求されても、そもそもがルール違反の行為をしているわけで、さらに外国人ですから非常に立場は弱いです。

 

このような、予測不能なリスクに、オーナーさんを晒すことはできない。もちろん、自分もオーナーの立場だったら、このようなリスクは負いたくない。

 

ということで、規約、ルール違反の民泊はお勧めしない訳です。

 

 

Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

にほんブログ村 株ブログ 海外投資へ
にほんブログ村 にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

フィリピン不動産お困り相談受け付けています。 フィリピン不動産の本当の運用ができていない方、転売、賃貸を希望される方は、 infoccpinc@gmail.com までお気軽に相談内容をメールください。