フィリピンセブ不動産の売買、賃貸はCCPI社~そよ風に吹かれて

フィリピンセブ不動産の売買、賃貸お困り相談所。8ニュータウン他

フィリピン不動産CCPIのお問合せはinfoccpinc@gmail.com になります. 2018年2月よりフィリピンマニラマカティーオフィスに事業拡張のために移転いたしました。日本語対応は2人、マニラオフィスは現在6人体制、セブオフィスは2人体制です。 CEOは日本の金融、不動産が日本の高度成長期に一番伸びたことからその経験を踏まえて フィリピン不動産から銀行、VISAまでのワンストップサービスを目指しています。 フィリピン不動産で特に、放置された物件は没収など非常に危険な状態です。 日本人の資産を守るために販売でもアメリカ法、イギリス法も勉強し、もちろんフィリピン法も弁護士と共に一番いい方法を模索させていただきます。 お気軽にメールいただければと思います。 Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

マニラでかなり美味しくて唸ったもの

SEANです。趣味というか生きがいは、旨いものを食べること。

特に、その地ならではの食べ物とお酒が好きです。

別に高級レストランでなくてよいのです。

 

その点、マニラはなかなか厳しいなあ、と感じてはいるのですが、最近見つけたのが、

 

マグロのトロ

 

です。

 

ワン セントラル、ツー セントラルから徒歩5分のサルセド サタデー マーケット(名前の通り、毎週、土曜日の朝から昼くらいまでだけ開いている公園マーケットです)。ちなみに、毎週日曜日のみの、レガスピ マーケットも実は同じテナントが入っていましたね。土日で両方に店を出しているのでしょう。

 

このマーケット。普段、自宅近くのスーパーでは手に入らない、新鮮なオーガニック野菜や果物、肉、魚介類が売られていて、値段ははっきり言って日本よりも高いのですが、それでも、味と健康を考えたら、ということで、週末まとめ買いをしています。

 

先週の土曜日買ったのは、

 

オーガニックの玉子

野菜(白菜、オクラ、エリンギ、トマト、長ネギ)

地鶏丸ごと一羽(350ペソ、NATIVE チキンと書かれていましたが、確かに、脂肪分少なく身の引き締まった鶏でした。店で骨ごとカットしてもらい、自宅でスープにしました)

それと、写真になります、マグロのトロ(TUNA BERRY、1キロ400ペソ)。

 

これ、以前、一度買ったのですが、非常に美味しかったので、再び購入しました。

 

日本でマグロを皮付きで買ったことはなかったので、自宅でさばくのに、ちょっと戸惑いましたが、慣れれば、なんとかなります。皮と身の間にどうしても身が残りますが、その場合は、スプーンでこそげ取れば、”中落ち”のようになります。

SEANは、丁度買ってきた長ネギと和えて、”ネギトロ”にしました。

 

写真の通り、小型のマグロですが、肌理が細かく、サシが入っていて、とろけるような、まさしく、”トロ”でした。

 

この日の食事は、このトロの刺身、あとは日本から持ってきた焼きのり、日本米、ワサビ醤油、そして、日本酒をお燗して、純和風となりましたが、以前、SEANはバンコクに住んでいましたが、あちらでは美味しいマグロは食べられなかったのですが、まさかフィリピンで、トロづくしできるとは思いませんでした。

 

 

 

 

f:id:philippineshome:20180319164503j:plain

f:id:philippineshome:20180319164440j:plain

 

Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

にほんブログ村 株ブログ 海外投資へ
にほんブログ村 にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

フィリピン不動産お困り相談受け付けています。 フィリピン不動産の本当の運用ができていない方、転売、賃貸を希望される方は、 infoccpinc@gmail.com までお気軽に相談内容をメールください。