フィリピンセブ不動産の売買、賃貸はCCPI社~そよ風に吹かれて

フィリピンセブ不動産の売買、賃貸お困り相談所。8ニュータウン他

フィリピン不動産CCPIのお問合せはinfoccpinc@gmail.com になります. 2018年2月よりフィリピンマニラマカティーオフィスに事業拡張のために移転いたしました。日本語対応は2人、マニラオフィスは現在6人体制、セブオフィスは2人体制です。 CEOは日本の金融、不動産が日本の高度成長期に一番伸びたことからその経験を踏まえて フィリピン不動産から銀行、VISAまでのワンストップサービスを目指しています。 フィリピン不動産で特に、放置された物件は没収など非常に危険な状態です。 日本人の資産を守るために販売でもアメリカ法、イギリス法も勉強し、もちろんフィリピン法も弁護士と共に一番いい方法を模索させていただきます。 お気軽にメールいただければと思います。 Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

支払方法が違うだけでペナルティ

 

SEANです。

以前、小切手が落ちない(CHECK ACCOUNTに資金が入っていても)という記事は書きましたが、では、こういう質問が来そうです。

 

”小切手ではなくて、毎回、デベロッパーに送金(インハウスローンの返済を)ではダメなのでしょうか?”

 

以下、メガワールドについての回答となりますが、

 

事前に何らかの理由があって、メガから了承を得られたら、数回程度なら可能でしょう。ただし、新しい小切手が発行されるまでの暫定措置です。

 

以上が、現時点把握している情報からの答え、となります。

 

実際にあったケースでは、毎月、送金で支払っていた人がいたのですが、支払履歴にはペナルティが加算されていました。指定された支払方法(小切手)ではない、のがペナルティの理由です。契約書に書かれていたら、争う以前の事です。

 

インハウスローンの返済以外では、メガは送金を受け付けていますが(ダウンペイメントが代表例ですね)、これでも、着金確認に時間が掛かったり、ギリギリの金額で海外送金したら着金手数料が差し引かれて、やり直し、といったケースを多数見ています。

送金したら、必ず、送金レシートをメールで送って、着金確認の催促しない限り、放置される可能性はかなり高いです。

 

今、当社でインハウスローンの申込はバウンス(小切手が落ちないこと)のサポートをJACKが行っていますが、急いで小切手口座を作ってください、とお願いしても、なかなか理解されないケースもあるのですが、ルールにしたがって動かないと、結局は自分が損をする、という事だけはご理解いただきたいと思います。

 

Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

にほんブログ村 株ブログ 海外投資へ
にほんブログ村 にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

フィリピン不動産お困り相談受け付けています。 フィリピン不動産の本当の運用ができていない方、転売、賃貸を希望される方は、 infoccpinc@gmail.com までお気軽に相談内容をメールください。