フィリピンセブ不動産の売買、賃貸はCCPI社~そよ風に吹かれて

フィリピンセブ不動産の売買、賃貸お困り相談所。8ニュータウン他

フィリピン不動産CCPIのお問合せはinfoccpinc@gmail.com になります. 2018年2月よりフィリピンマニラマカティーオフィスに事業拡張のために移転いたしました。日本語対応は2人、マニラオフィスは現在6人体制、セブオフィスは2人体制です。 CEOは日本の金融、不動産が日本の高度成長期に一番伸びたことからその経験を踏まえて フィリピン不動産から銀行、VISAまでのワンストップサービスを目指しています。 フィリピン不動産で特に、放置された物件は没収など非常に危険な状態です。 日本人の資産を守るために販売でもアメリカ法、イギリス法も勉強し、もちろんフィリピン法も弁護士と共に一番いい方法を模索させていただきます。 お気軽にメールいただければと思います。 Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

小切手が落ちない、、、

SEANです。

Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

あまり日本ではなじみのない小切手、CHECK BOOKですが、こちらフィリピンでは

最もメジャーな決済手段です。

日本では手形の方が良く知られていて、”手形が落ちない” というと、意味している

のは、銀行の当座口座に預金がなくて、、、という事なのですが、こちらでは小切手が

落ちない、決済されなくて、当座口座の残高が数か月減っていない、長い方は1年以上、というケースが散見されています。

 

当座口座CHECKING ACCOUNTには、インハウスローンやダウンペイメントに必要な資金を入金していたのに、どこかのタイミングから小切手が決済されていない。そして、決済されなかった場合に、すぐに連絡が来ることはない、ということで

問題になっているのです。

 

それで、後から、支払遅延のペナルティ請求が来たり、さらには没収しますよ、

30日以内に、といった場合もあります。

 

ユニットオーナーとしては、ちゃんと資金を銀行に入れておいたのに、なんで、

ペナルティなの?という気持ちになるのはもっともなのですが、これがフィリピン

ルール。

 

ということで、JACKからもお知らせしていますが、弊社では、通帳記帳サービス

(毎月、月末から月初の小切手が決済されるタイミングで記帳して、スキャン

データをメール送信するサービス)、および小切手預かりサービス(突然、何らかの

支払が必要となった場合のため、弊社で小切手帳をお預かりして、必要な時に

支払代行するサービスです)このふたつを、暦年15000ペソでお受けしています。

 

ついでに申し上げますと、SEANが担当しておりますヴィザの更新サービス等で、

更新費用を以前は日本から海外送金していただいたのですが、お客様に時間と手間が

掛かるのと、さらには、着金手数料が差し引かれて、再度、送金いただいたりと

かなり大変だったのですが、弊社CCPI社では関連会社で金融業ライセンスを有して

おりますので、

 

日本の指定口座に日本円で送金(レートは当日の銀行レート適用)

 

いただければ、あとは送金手数料も、着金手数料が控除されることもなく、

1回で簡単に支払い完了するサービスも行っております。

 にほんブログ村 株ブログ 海外投資へ
にほんブログ村 にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

 

 

 

 

フィリピン不動産お困り相談受け付けています。 フィリピン不動産の本当の運用ができていない方、転売、賃貸を希望される方は、 infoccpinc@gmail.com までお気軽に相談内容をメールください。