フィリピンセブ不動産の売買、賃貸はCCPI社~そよ風に吹かれて

フィリピンセブ不動産の売買、賃貸お困り相談所。8ニュータウン他

フィリピン不動産CCPIのお問合せはinfoccpinc@gmail.com になります. 2018年2月よりフィリピンマニラマカティーオフィスに事業拡張のために移転いたしました。日本語対応は2人、マニラオフィスは現在6人体制、セブオフィスは2人体制です。 CEOは日本の金融、不動産が日本の高度成長期に一番伸びたことからその経験を踏まえて フィリピン不動産から銀行、VISAまでのワンストップサービスを目指しています。 フィリピン不動産で特に、放置された物件は没収など非常に危険な状態です。 日本人の資産を守るために販売でもアメリカ法、イギリス法も勉強し、もちろんフィリピン法も弁護士と共に一番いい方法を模索させていただきます。 お気軽にメールいただければと思います。 Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

銀行関連トピックス

SEANです。

銀行関連で意外と?問い合わせが少ないのが、BDOのATMカード更新について、です。

以前の記事で、1月末でカードが切り替えとなり、新カードしか使えなくなります、と書きましたが、結局は、殆どの方が日本に住んでいて、カードを使うこともないから、特に興味ない、という事なのかなあ、と。

 

マニラのニノイ アキノ空港やセブのマクタン空港に到着してから、BDOのATMにカードを入れたら使えない、ペソの引き出しできない、、、

 

特にマニラの支店で口座開設している方でセブでカードが使えない事が判ったら、どうにもなりません、、、

 

ぜひ、早めに開設支店に出向いて、新カードを受け取っていただきたいと思います。

 

BDOの他に、トンヤン バンクも昨年夏、カード切り替えしていたようですね。

 

この受取を代理でお願いできませんか?と聞かれるのですが、これはセキュリティ上、銀行がオッケーしません。確かに、暗証番号さえ聞き出せば簡単に引き出しできますからね。

 

ということで、とにかく、これはフィリピンに来ていただくしかない、ということです。

 

あと、問い合わせであるのは、通帳の記帳が昨年からなされていない(預けていたけれども、連絡がない)、というものも複数あります。

 

このケースで最悪なのは、インハウスローンの小切手がBOUNCE(決済エラー)となったにも関わらず、通帳をチェックしていないと、BOUNCEしたという事実を知らないまま時が過ぎて、数か月後になって、ペナルティが加算されている、というものです。

 

最悪の最悪のケースは没収、です。銀行口座にはお金が入っているのに、、、

日本のクレジットカードみたいに、銀行に残高あれば不足分が引き落とされる、という仕組みはありません。

 

こういう事態を避けるために、当社では小切手、通帳の預かり、記帳サービスを行っています。毎月末~月初に小切手が落ちますから、このタイミングで記帳して、スキャンデータをメール添付でお送りしています。

 

日本と異なり、フィリピンの銀行は、入出金や送金などで使っていないと、割と簡単に口座ロックをしてきますが、解除にはフィリピンに来ないといけませんから、きっちり口座の状態は把握していただきたいと思います。

 

またわからないことはお聞きいただければと思います。

 

Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

にほんブログ村 株ブログ 海外投資へ
にほんブログ村 にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

フィリピン不動産お困り相談受け付けています。 フィリピン不動産の本当の運用ができていない方、転売、賃貸を希望される方は、 infoccpinc@gmail.com までお気軽に相談内容をメールください。