フィリピンセブ不動産の売買、賃貸はCCPI社~そよ風に吹かれて

フィリピンセブ不動産の売買、賃貸お困り相談所。8ニュータウン他

フィリピン不動産CCPIのお問合せはinfoccpinc@gmail.com になります. 2018年2月よりフィリピンマニラマカティーオフィスに事業拡張のために移転いたしました。日本語対応は2人、マニラオフィスは現在6人体制、セブオフィスは2人体制です。 CEOは日本の金融、不動産が日本の高度成長期に一番伸びたことからその経験を踏まえて フィリピン不動産から銀行、VISAまでのワンストップサービスを目指しています。 フィリピン不動産で特に、放置された物件は没収など非常に危険な状態です。 日本人の資産を守るために販売でもアメリカ法、イギリス法も勉強し、もちろんフィリピン法も弁護士と共に一番いい方法を模索させていただきます。 お気軽にメールいただければと思います。 Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

フィリピンからの英文レターは必ず開封確認してください

Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

 

SEANです。

8NTのユニット オーナーさんからメールをいただきました。

デベロッパーから、物件没収の最終通告が来た、というもの。

タイトルには、”FORFEITURE” と書かれています。

 

没収、失権、という意味です。

 

英語が不得意な方でも、以前、このブログで記しましたように、タイトルだけは

ネット検索して意味をその場で確認していただきたい、というのは、このように、

”没収”という単語があったら、緊急事態だ!と判っていただけるから、です。

 

もしかしたら、中には、読むのが面倒くさいから、開封もしていない、

というケースもあるかもしれませんが、これは大変危険です。

 

必ず開封して、タイトルだけでも良いですから確認してください。

内容を理解できないのであれば、スキャンして弊社にお送りください。

 

ちなみに、お問合せいただいたケースは、1か月以内に未払金額を支払い

しないと没収になる、というものなのですが、日本と行き来しているJACKと

役割分担しながら、とにかく、資産を保全するべく、動いているところです。

 

おそらくは、日本国内送金で不足金額の送金を受けたら、速やかに、フィリピン

で当社で小切手を切り、という流れかと思います。

 

という感じで、最近は毎日、野戦病院のような状態ですが、頑張ります。

 

フィリピン不動産お困り相談受け付けています。 フィリピン不動産の本当の運用ができていない方、転売、賃貸を希望される方は、 infoccpinc@gmail.com までお気軽に相談内容をメールください。