フィリピンセブ不動産の売買、賃貸はCCPI社~そよ風に吹かれて

フィリピンセブ不動産の売買、賃貸お困り相談所。8ニュータウン他

フィリピン不動産CCPIのお問合せはinfoccpinc@gmail.com になります. 2018年2月よりフィリピンマニラマカティーオフィスに事業拡張のために移転いたしました。日本語対応は2人、マニラオフィスは現在6人体制、セブオフィスは2人体制です。 CEOは日本の金融、不動産が日本の高度成長期に一番伸びたことからその経験を踏まえて フィリピン不動産から銀行、VISAまでのワンストップサービスを目指しています。 フィリピン不動産で特に、放置された物件は没収など非常に危険な状態です。 日本人の資産を守るために販売でもアメリカ法、イギリス法も勉強し、もちろんフィリピン法も弁護士と共に一番いい方法を模索させていただきます。 お気軽にメールいただければと思います。 Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

直接送金したのに、カオス、、、

SEANです。

ここ数日、複数の方のトラブル シューティングに追われていたのですが、主な現象は、

 

日本からデベロッパーに直接、海外送金したのですが、反映されていないので、確認してください

 

といったものでした。

 

例えば、1月の20日過ぎに送金は完了していた。でも、未払のままになっている、というお申し出。

 

直接、デベロッパーに送金しているのに、何故?と思われるのは、日本人だったら、非常に自然なものと思います。

 

SEANもかつて、日本で居住用のマンションを新築で購入したことがありましたが、デベロッパーから指定された銀行口座に振り込んで、何も問題なかったですし。

 

ところが、こちらフィリピンでは、直接送金しても、もし、何もフォローアップをしなかったら、たぶん、その入金は反映されない

 

こう考えておくのが安全と感じています。

 

今回、お手伝いしたケースでも、お客様からちゃんと、送金レシートを送って確認を求めていたのに、1か月以上かかりましたので。

 

でも、このようになっている原因はちゃんとありまして、デベロッパーの送金口座は、物件ごとに分かれていないのです。

 

イメージ的には、

 

三井不動産”とか、”三菱地所”といった大会社でも、オーナー振込用の口座はひとつだけ、ということです。信じがたいと思いますが、小切手主義のフィリピンだから、というのもあるのでしょう。

 

カオスになって当然、と思います。

 

では、どうしたらよいのか?

 

一番良いのは、小切手を用意しておくこと。持っていないなら、小切手口座を開ける銀行口座を開設しておくこと、これが正攻法です。フィリピン渡航は必要ですが。

 

ということで、当社のお客様限定ですが、フィリピンの現地行の口座開設サポートを開始したところです。

 

HSBC香港の口座をお持ちの方は多いと思いますが(ちなみに、HSBCフィリピンは非常に使いづらいと言われておりまして、実際に上手に活用されている方のお話は聞かないですね、、、)、SAVING ACCOUNT とCURRENT ACCOUNTがあったのを覚えている方もいらっしゃると思いますが、実際使っていたのは、SAVINGだけ、という方が大部分でしょう。

 

一方、フィリピンでも両方ありますが、こちらで良く使うのは、CURRENT またはCHECK ACCOUNTと書かれている銀行もありますが、日本語でしたら当座口座。

こちらがメインですね。治安の点からも、小切手であれば、リスク軽減になりますし、フィリピンの小切手文化は、まだ当分続くのでは、そう感じています。

 

 

Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

にほんブログ村 株ブログ 海外投資へ
にほんブログ村 にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

フィリピン不動産お困り相談受け付けています。 フィリピン不動産の本当の運用ができていない方、転売、賃貸を希望される方は、 infoccpinc@gmail.com までお気軽に相談内容をメールください。