フィリピンセブ不動産の売買、賃貸はCCPI社~そよ風に吹かれて

フィリピンセブ不動産の売買、賃貸お困り相談所。8ニュータウン他

フィリピン不動産CCPIのお問合せはinfoccpinc@gmail.com になります. 2018年2月よりフィリピンマニラマカティーオフィスに事業拡張のために移転いたしました。日本語対応は2人、マニラオフィスは現在6人体制、セブオフィスは2人体制です。 CEOは日本の金融、不動産が日本の高度成長期に一番伸びたことからその経験を踏まえて フィリピン不動産から銀行、VISAまでのワンストップサービスを目指しています。 フィリピン不動産で特に、放置された物件は没収など非常に危険な状態です。 日本人の資産を守るために販売でもアメリカ法、イギリス法も勉強し、もちろんフィリピン法も弁護士と共に一番いい方法を模索させていただきます。 お気軽にメールいただければと思います。 Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

【最重要】ワン パシフィック レジデンスのダウンペイメントは必ず確認してください

SEANです。

JACKの東京、大阪セミナー後、沢山のお問合せをいただいておりますが、JACKが体調崩しまして、返信が遅れておりますことをまずはお詫びいたします。

 

私の方で対応できることは順次やらせていただいているのですが、いま、一番、緊急度が高い事は、ワン パシフィック レジデンス(OPR)のダウンペイメントだと認識しています。

 

デベロッパーのメガ ワールド社から、まずは、TURN OVERに関する事前通知と支払いに関する文書が届くのですが、これに対して、メガに直接、英語でメール確認できる方は大丈夫でしょう。

 

でもそうではなくて、英文わからないから、とりあえず放置。これは本当に危険です。

 

この文書が来たら、メガワールドに対して、引き渡し計画とダウンペイメントの支払いをしたうえで、残金の支払い方法を連絡する必要がございます。

契約金額TCPの60%を支払わない限り、インハウスローン(IHL)を組むこともできませんし、残高に対して3%のペナルティが掛かってきます。これを放置していると膨大なペナルティを支払わなければなりません。

 

一部の方から言及いただいたのですが、別に弊社CCPI社を通さないと物事が進まない訳ではありません。メガ ワールド社から直接レターが届いている訳ですから、直接、そこに返信していただいて全く問題はございません。

 

ですが、英語が苦手で、といった方もいらっしゃるでしょうから、昨年12月、キャピタライズ コーポレーションからOPRの引き渡し業務を引継ぎさせていただきました。

 

ご不明点ある方は、メールいただければと思います。

 にほんブログ村 株ブログ 海外投資へ
にほんブログ村 にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

 

 

 

フィリピン不動産お困り相談受け付けています。 フィリピン不動産の本当の運用ができていない方、転売、賃貸を希望される方は、 infoccpinc@gmail.com までお気軽に相談内容をメールください。