フィリピンセブ不動産の売買、賃貸はCCPI社~そよ風に吹かれて

フィリピンセブ不動産の売買、賃貸お困り相談所。8ニュータウン他

フィリピン不動産CCPIのお問合せはinfoccpinc@gmail.com になります. 2018年2月よりフィリピンマニラマカティーオフィスに事業拡張のために移転いたしました。日本語対応は2人、マニラオフィスは現在6人体制、セブオフィスは2人体制です。 CEOは日本の金融、不動産が日本の高度成長期に一番伸びたことからその経験を踏まえて フィリピン不動産から銀行、VISAまでのワンストップサービスを目指しています。 フィリピン不動産で特に、放置された物件は没収など非常に危険な状態です。 日本人の資産を守るために販売でもアメリカ法、イギリス法も勉強し、もちろんフィリピン法も弁護士と共に一番いい方法を模索させていただきます。 お気軽にメールいただければと思います。 Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

SRRV保有者のFOLEX LOSS為替差損とは?

SEANです。
先日の東京、大阪セミナーの時にはマニラでお留守番をしておりましたから、
参加者の方とはお会いはしていませんが、JACKから聞いた話、それと、セミナー後に頂いたメールから分かったのが、タイトルの
 
FOLEX LOSS 為替差損
 
について、何の為替差損なのか、さっぱりわからない、という方が多いこと。
 
昨年末以降、業務を引き継いでわかったのが、そもそも、デベロッパーから事前の
説明がなかった事がわかりまして、これではオーナーさんが分からないのも仕方ない。
 
これは、SRRVでも物件担保にしている方にのみ発生するものでして、SRRVは持って
いても物件担保無しで預託金を納める”スマイル”を保有している私には発生しないので
分からなかった、というのもございます。
 
流れは次の通りです。
 
 
1)SRRV申請時
  デポジット相当額をメガ ワールド社が自社資金にて、フィリピン国外(香港やシ
  ンガポールと聞いています)からフィリピンに海外送金する。
 
  米ドルで海外から、フィリピンのPRA退職庁の指定口座に送金。
 
  ※これは、物件担保なしの”スマイル”タイプであれば、ヴィザ申請者本人がフィリ
   ピン国外から海外送金をしているのですが、フィリピン退職庁のルールによるも
   のです。
 
   このルールを物件担保の場合はメガ ワールドに課している、という事です。
 
2)ヴィザ発行の1か月後目途
  メガ ワールドが預託金をペソで引き出して、ペソから米ドルに替えて、その資金を元の
  国(香港かシンガポール)の口座に海外送金する。
  ここで為替差損が発生する場合がある。
 
3)物件の鍵リリース前
  メガワールドが物件のAUDIT、チェックを行った後、為替差損がある場合、
  ユニット オーナーに請求するが、ヴィザ取得から2年程度の時間経過となること
  もあり、オーナーが理解できないのがほとんど。
 
  また、メガワールドから事前のアナウンスもなかったので、販売会社も事前説明が
  出来なかった。
 
という顛末なのですが、確かに、担保無しSRRVを保有しているSEANも海外からの送金が必要とされていたから、香港から送った記憶が呼び戻りましたが、デベロッパーにも同じルールを課していたのか!と驚きました。
 
以前からオペレーション担当しているスタッフによると、過去最高(最悪?)のFOLEX LOSSは30万ペソだったそう。かなり強烈ですね。
 
こちら支払わないと、MIC入居許可証と鍵が出てきませんから、結局、何も進まない、ということになります。
 
フィリピン不動産お困り相談受け付けています。 フィリピン不動産の本当の運用ができていない方、転売、賃貸を希望される方は、 infoccpinc@gmail.com までお気軽に相談内容をメールください。