フィリピンセブ不動産の売買、賃貸はCCPI社~そよ風に吹かれて

フィリピンセブ不動産の売買、賃貸お困り相談所。8ニュータウン他

フィリピン不動産CCPIのお問合せはinfoccpinc@gmail.com になります. 2018年2月よりフィリピンマニラマカティーオフィスに事業拡張のために移転いたしました。日本語対応は2人、マニラオフィスは現在6人体制、セブオフィスは2人体制です。 CEOは日本の金融、不動産が日本の高度成長期に一番伸びたことからその経験を踏まえて フィリピン不動産から銀行、VISAまでのワンストップサービスを目指しています。 フィリピン不動産で特に、放置された物件は没収など非常に危険な状態です。 日本人の資産を守るために販売でもアメリカ法、イギリス法も勉強し、もちろんフィリピン法も弁護士と共に一番いい方法を模索させていただきます。 お気軽にメールいただければと思います。 Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

OPRで発生している、DEEM ACCEPTANCEとは?

SEANです。

OPR ワン パシフィック レジデンスのオーナーさんからの

問い合わせのひとつに、”DEEM ACCEPTANCE"というタイトルのレターが

届いたのですが、これは何でしょうか?

 

というものがあります。

 

ちなみに、英語が全く分からないので、全部翻訳してください、という

リクエストをいただく時もありますが、このような、対象オーナー全員に

送られている定型文であれば、すぐに日本語でお伝えできますから、

対応させていただきますが、これは厳しめの言い方になりますが、タイトル

位はネット検索で調べるようにした方が良いとは思います。

 

その積み重ねで英語も分かってくると思いますので。

 

なお、このような定型文は無料で翻訳、内容をお伝えしていますが、

個別文章については有料サービスとなります。予めご了承いただければと

思います。

 

さて、本題のDEEM ACCEPTANCEですが、これは引き渡し前のインスペクションを、

オーナーに代わって、デベロッパーのメガ ワールドのQC部門がやりまして、

インスペクションを完了したとみなします、という意味です。

 

ちょっと日本では考えられないですが、施工主が自ら、完成検査をして、オッケーを

出す、とイメージしていただければよろしいでしょう。

 

これは、DEEMEDになる前に届いていたメガ ワールドからのレターに返信

していない場合、発生するものです。

 

では、DEEMEDになった場合のデメリットですが、鋭い方なら想像されるかも

しれないですが、DEEMEDになって、その後、引き渡しとなった後、オーナーが

部屋の不具合を見つけても、クレームできない、と思われるかもしれませんが、

その心配はありません。

 

WARRANTYと言いまして、1年間はクレーム対応してもらえますので。

ただし、DEEMEDであろうとACCEPTANCEとなったら、そこからASSOCIATION

DUE FEE 管理費修繕積立金の支払いが発生してきます。

 

つまりは不具合があって、実際に居住できないような状態でも、管理費の支払は

しなければいけない、という不利な状況になるので、やはり、メガからのレターは

無視しないで、きっちり対応するのが一番だと思います。

 

ちなみに、弊社CCPI社では、DEEMEDになったユニットの”自主検査”を代行する

業務を行っています。セブに来れないという方はお問合せいただければと思います。

 

 

 

 

 

フィリピン不動産お困り相談受け付けています。 フィリピン不動産の本当の運用ができていない方、転売、賃貸を希望される方は、 infoccpinc@gmail.com までお気軽に相談内容をメールください。