フィリピンセブ不動産の売買、賃貸はCCPI社~そよ風に吹かれて

フィリピンセブ不動産の売買、賃貸お困り相談所。8ニュータウン他

フィリピン不動産CCPIのお問合せはinfoccpinc@gmail.com になります. 2018年2月よりフィリピンマニラマカティーオフィスに事業拡張のために移転いたしました。日本語対応は2人、マニラオフィスは現在6人体制、セブオフィスは2人体制です。 CEOは日本の金融、不動産が日本の高度成長期に一番伸びたことからその経験を踏まえて フィリピン不動産から銀行、VISAまでのワンストップサービスを目指しています。 フィリピン不動産で特に、放置された物件は没収など非常に危険な状態です。 日本人の資産を守るために販売でもアメリカ法、イギリス法も勉強し、もちろんフィリピン法も弁護士と共に一番いい方法を模索させていただきます。 お気軽にメールいただければと思います。 Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

ワンパシフィックレジデンス(OPR)の問い合わせが増えています

セブの不動産の8ニュータウンの隣のワンパシフィックレジデンスの問い合わせが増えています。基本的には全部英語でのやり取りになりますので、それができずに没収が相次いでいます。

autholization letterというものを作れば少なくとも当社に委任できます。

自分でできる人はもちろん自分でやるのがいいかと思いますが、特にインスペクション(内装検査)は大体3回行くのが普通です。

かつて見たものではドアノブが無い、エアコンのコントローラーが1つ足りない。トイレの便座の付け忘れ。。。etc

きりがありません。それをデベロッパーが自分で検査して自分でOKを出すということにOPRはなってしまいました。

既に当社ではトライアルでそのレターを提出してOKをもらいました。いつまで可能かは分かりませんが、とにかく何かのレターがメガワールド社から送られたら、絶対的な責任は取れませんが、内容は英語なら把握してお伝えできます。

そこまでは無料でやらせていただきます。

インスペクションに来れない方はそれも代行で有料にはなりますができるように今努力しています。

 

とにかく、なんだか英文だし。。。

これは8ニュータウン、ワンパシフックレジデンス共に一番危ないパターンということは言っておきます。

にほんブログ村 株ブログ 海外投資へ
にほんブログ村 にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

フィリピン不動産お困り相談受け付けています。 フィリピン不動産の本当の運用ができていない方、転売、賃貸を希望される方は、 infoccpinc@gmail.com までお気軽に相談内容をメールください。