フィリピンセブ不動産の売買、賃貸はCCPI社~そよ風に吹かれて

フィリピンセブ不動産の売買、賃貸お困り相談所。8ニュータウン他

フィリピン不動産CCPIのお問合せはinfoccpinc@gmail.com になります. 2018年2月よりフィリピンマニラマカティーオフィスに事業拡張のために移転いたしました。日本語対応は2人、マニラオフィスは現在6人体制、セブオフィスは2人体制です。 CEOは日本の金融、不動産が日本の高度成長期に一番伸びたことからその経験を踏まえて フィリピン不動産から銀行、VISAまでのワンストップサービスを目指しています。 フィリピン不動産で特に、放置された物件は没収など非常に危険な状態です。 日本人の資産を守るために販売でもアメリカ法、イギリス法も勉強し、もちろんフィリピン法も弁護士と共に一番いい方法を模索させていただきます。 お気軽にメールいただければと思います。 Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

明日から3連休です、

SEANです。

中華系の方が多いフィリピンでは、今年は明日が中国正月の祝日、という

ことで、金土日、と3連休になります。

現在、フィリピン時間は17時過ぎですが、いつもの金曜夕方よりも道路が

混んでいますね。

 

昨日と今日、SRRVの更新手続きの進捗確認のため、かねてから返信くれない

関係先に連絡入れましたが、連休を取っている担当者が複数居たり、、、

 

あらゆる事、特に手続き関係に異様なほど時間が掛かるフィリピンに居ますと、

個人的には連休は好きではありません。

 

連休が近づくと、連絡取れなくなり、連休が終わったら、担当者のアタマの中

から記憶がすっきり消えてしまい、一からまた説明しないといけない、、、

 

フィリピンの物価は正直、高いなあ、と感じることが多いのですが(特に電気代と

野菜、魚介類あとはサービス全般)、この背景には、いわゆる取引コスト

(単なる連絡に何度も電話やメールや確認をしなければいけない。約束は

したとしても、守られない。など)が高いことが原因のひとつとしてあるのでは

ないか?と感じています。道路渋滞もそうですね。

 

とはいえ、与えられた現実の中で、成果は出していかなければいけない、という

事で、毎日、イライラすることは多いですが(特にSRRVの手続きでは)、気持ちを

奮い立たせて仕事しています。

 

 

それと、最近、複数の方からご連絡いただいているのですが、自宅住所の変更手続

をしたいのですが、というもの。

 

これ、例えば、メガ ワールド社の物件でしたら、メガ ワールドの変更届の

書式がありまして、あくまで、それを提出した場合に、”有効な変更”となります。

 

メールでも受け付けてくれるかもしれませんが、正当な手続きではないので、

後で、変更内容が間違っていた、なんていう場合にコンプレインしたとしても、

まともに取り合ってもくれないでしょう。まして、当時、メールを受け取った

担当者が異動とか退社した場合には。

 

あとは、これはお客様にはちょっとお手数にはなるのですが、デベロッパー等の

代理で手続きや照会をする時、当社では、かならず委任状にサインを頂いています。

 

こちらを頂くまでは、アクション出来ません。

 

きっちり、書面で、委任を受けていることを証明できる状態で、代理として

お仕事させていただく、という基本中の基本を遵守しています。

 

一方、当社では、8ニュータウン、ワン パシフィック レジデンスの

引き渡し業務を引き継ぎましたので、ユニット オーナー様や代理人の方への

鍵の引き渡しを行っているのですが、ほぼ100%の代理人、管理会社の

担当者は、こちらから何も言わなくても委任状を持って、鍵を取りに来ます。

 

これが、常識、だからです。

 

日本的な感覚では、”そんな堅苦しくしなくても、、、”と思われるかもしれませんが、

鍵という重要なものを、簡単に手渡しするのはフィリピンではあり得ないこと

です(フィリピンだけでなく、日本以外の多くの国でそうだと思いますが)。

 

なお、ユニット オーナーの方は、このような手続きについて、頭を悩ませる

必要は全くございません。当社あるいは、他の管理会社、つまり、業者側が

委任状を用意して、オーナー様はサインだけすれば良いのです。

 

ですが、何に使う書類なのか? 位は確認してくださいね。

 

”とにかくサインだけしてください”といった進め方は当社では絶対に

しませんが、サインした書類は、法的に拘束力を有します。

 

ですから、きっちり確認していただきたいものです。

 

 

何事もスムースに進まないフィリピンだからこそ、

逆に、ルール、コンプライアンスは遵守する。

 

しっかりルールを守って仕事を進めていくことで、何かあった時にも、主張できる、

プロテクトできるのです。

Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

にほんブログ村 株ブログ 海外投資へ
にほんブログ村 にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

フィリピン不動産お困り相談受け付けています。 フィリピン不動産の本当の運用ができていない方、転売、賃貸を希望される方は、 infoccpinc@gmail.com までお気軽に相談内容をメールください。