フィリピンセブ不動産の売買、賃貸はCCPI社~そよ風に吹かれて

フィリピンセブ不動産の売買、賃貸お困り相談所。8ニュータウン他

フィリピン不動産CCPIのお問合せはinfoccpinc@gmail.com になります. 2018年2月よりフィリピンマニラマカティーオフィスに事業拡張のために移転いたしました。日本語対応は2人、マニラオフィスは現在6人体制、セブオフィスは2人体制です。 CEOは日本の金融、不動産が日本の高度成長期に一番伸びたことからその経験を踏まえて フィリピン不動産から銀行、VISAまでのワンストップサービスを目指しています。 フィリピン不動産で特に、放置された物件は没収など非常に危険な状態です。 日本人の資産を守るために販売でもアメリカ法、イギリス法も勉強し、もちろんフィリピン法も弁護士と共に一番いい方法を模索させていただきます。 お気軽にメールいただければと思います。 Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

フィリピン不動産のオペレーションでSMDCから人材獲得

フィリピン不動産で今までは土地を借りての商業施設の建設およびそのサブリースをしていましたが、現在はレジデンシャル(コンドミニアム)にもサブリースの手法を取り入れています。

トライアルで始めたセブ8NTのサブリース事業ですが、まずはトライアルで自分のユニットを約20件ほど行いました。1か月で全て賃貸が付き、さらに知り合いに紹介しましたところこちらもすぐに賃貸が付きました。

 

基本は内装費費用は無し、入居者が希望すればカーテンと電気温水器を入れる(こちらは当社負担)すでに内装(ベッド、ソファー、テーブル)などがあるので割とそのまま貸すことができます。

現在の管理ユニット数も1か月半いろんなテナントの問題を当社CEOが全部受けてほぼクリアになりました。

その上で内装をしないで、(ただし、最初のリペアが必要であればそれと滞納していればコンドミニアム管理費はお支払いしてもらいます)あとは、毎月当社セブスタッフが管理費修繕積立金をお支払いいたします。ので将来転売希望の場合にはとりあえずランニングコストはRET(real property tax)のみになります。

 

当社はフィリピンのBPIをメイン銀行にしていますのでそのレートで日本で送金してもらい、こちらからはpesoでの支払いのワンストップサービスができるように、フィリピンのファイナンシャル会社を正式にM&Aも進めています。

 

そんな中、フィリピンで大きな財閥と言えばアヤラとSMですがそのSMのデベロッパー(SMDC)から10年近く書類作成などのオペレーション業務を行っていた優秀な人材をCCPI社に12月1日から入社が決まりました。

 

少数精鋭ではありますが、フィリピン人のいい人材を今集めています。

急激に成長していますが、当社の考えはWin-Winです。そして物件を維持しつつ転売までもっていくのが当社の役割と考えています。

 

今後ともよろしくお願いいたします。

フィリピン不動産お困り相談受け付けています。 フィリピン不動産の本当の運用ができていない方、転売、賃貸を希望される方は、 infoccpinc@gmail.com までお気軽に相談内容をメールください。