フィリピンセブ不動産の売買、賃貸はCCPI社~そよ風に吹かれて

フィリピンセブ不動産の売買、賃貸お困り相談所。8ニュータウン他

フィリピン不動産CCPIのお問合せはinfoccpinc@gmail.com になります. 2019年10月よりフィリピンマニラマカティーオフィスからメインオフィスをバコールに移転いたしました。日本語対応は2人(うち1人はフィリピン人)、バコールオフィスは現在11人体制、セブオフィスは3人体制です。 CEOは日本の金融、不動産が日本の高度成長期に一番伸びたことからその経験を踏まえて フィリピン不動産から銀行、VISAまでのワンストップサービスを目指しています。 フィリピン不動産で特に、放置された物件は没収など非常に危険な状態です。 日本人の資産を守るために販売でもアメリカ法、イギリス法も勉強し、もちろんフィリピン法も弁護士と共に一番いい方法を模索させていただきます。 お気軽にメールいただければと思います。 Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

現在日本に戻っていて病院に入っておりますが。。

フィリピン不動産の話が続きましたので、今日はフィリピンと日本との違い。

7月に2回大きなフィリピンの病院に行きましたが、やはり医療水準が低いので、日本に数日前から戻ってきております。

今回は10日弱の病院となります。

この春から、日本への戻りの場合には、実家が東京なので、東京にもアクセスが良くて、空港までも近い、さらに病院にも近いということでGW前に大阪の拠点?を三宮に移しています。

三ノ宮までは歩いてなんとか駅までいける距です、空港バスで、伊丹空港神戸空港(モノレール)、そして関空とアクセスはとても良い場所です。ということでGW前の4月の移動シーズンの後に荷物などを置いたりしたりできるように確保した場所です。

 

病院食とは言え、フィリピンの食事に比較するとはるかにおいしい。

そして、安い。

ちなみにフィリピンの通院で1回約7000ペソ(薬代込み)でしたので、日本非居住者なので自費診療にはなりますが、それでもフィリピンとあまり変わらない金額で日本の病院に入ることができます。

 

最近は中国、タイなどから日本に医療ツーリズムでいらっしゃる方も多いということですが結構納得できますね。

日本への戻りはJALで戻りましたが、JALを使用するフィリピン人も3,4年前に比較すると、2~3倍になっているような感じがします。

フィリピンの富裕層は日本の富裕層と同じかそれ以上と言われていますので、フィリピン人の富裕層が日本に医療ツーリズムにいらっしゃるということも今後あるかと思います。

下のフィリピン情報をぽちっと押していただけるとフィリピンの他の人の情報も見れます。↓

ブログ フィリピン不動産ブログ フィリピン不動産 

フィリピン不動産お困り相談受け付けています。 フィリピン不動産の本当の運用ができていない方、転売、賃貸を希望される方は、 infoccpinc@gmail.com までお気軽に相談内容をメールください。