フィリピンセブ不動産の売買、賃貸はCCPI社~そよ風に吹かれて

フィリピンセブ不動産の売買、賃貸お困り相談所。8ニュータウン他

フィリピン不動産CCPIのお問合せはinfoccpinc@gmail.com になります. 2018年2月よりフィリピンマニラマカティーオフィスに事業拡張のために移転いたしました。日本語対応は2人、マニラオフィスは現在6人体制、セブオフィスは2人体制です。 CEOは日本の金融、不動産が日本の高度成長期に一番伸びたことからその経験を踏まえて フィリピン不動産から銀行、VISAまでのワンストップサービスを目指しています。 フィリピン不動産で特に、放置された物件は没収など非常に危険な状態です。 日本人の資産を守るために販売でもアメリカ法、イギリス法も勉強し、もちろんフィリピン法も弁護士と共に一番いい方法を模索させていただきます。 お気軽にメールいただければと思います。 Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

フィリピンの月末の光景

SEANです。

昨晩、マカティを歩いていたら、目に入ったのが、10人以上の行列。

 

行列の元は、銀行のATMでした。

 

昨日は月末で月2回の給料日、という事で、現金を引き出す人の行列になっていたのです。

 

フィリピンの給料日は15日と月末となっていますが、日本のようにクレジットカードは一般的には無いので、あくまで、現金が必要、という事になる訳です。ちなみに、意外と使われているのが、デビットカードですね。日本では、特にメリットを感じることもないですが、JALでBDOのデビット決済限定の料金設定をやっていたり、プロモーションが色々あるのが、こちらフィリピンです。

 

ATMから現金を引き出したら、買い物に使ったり、家賃を払ったり、さらには、借金を返したり、と使うのでしょうが、知り合いに、

 

”もし、会社が給与遅配したら、どうなるの? もう、社員は会社に来なくなるの?”

 

と聞いたら、労働関係を管轄する役場に即座に駆け込むそう、です。

 

日本より過激な? 対応ですが、大部分のフィリピン人が殆ど貯金が無い生活をしているので、給料がもらえないと、すぐに生活が立ちいかなくなる、という事なのでしょう。

 

前回の記事で教育について書きましたが、マネーリテラシーという言葉が、フィリピンには無いのではないか? と感じるくらい、お金に対しては弱いですね。

 

そして、貧困層の人の場合、仮に自分が倹約、節約して、わずかでも貯金したとしても、周りの人から借金を求められたら可哀そうだから貸すのですが、返済されないケースもあり、そんな事を繰り返していたら、結局、貯金するのが馬鹿らしくなってしまう。

 

そんなケースをたくさん見聞きしてきました。

 

お金の教育もきっちりしないと、いくら、フィリピンの国全体の経済が伸びても、貧困層は豊かになれないと感じています。

 

 

 

フィリピン不動産お困り相談受け付けています。 フィリピン不動産の本当の運用ができていない方、転売、賃貸を希望される方は、 infoccpinc@gmail.com までお気軽に相談内容をメールください。