フィリピンセブ不動産の売買、賃貸はCCPI社~そよ風に吹かれて

フィリピンセブ不動産の売買、賃貸お困り相談所。8ニュータウン他

フィリピン不動産CCPIのお問合せはinfoccpinc@gmail.com になります. 2018年2月よりフィリピンマニラマカティーオフィスに事業拡張のために移転いたしました。日本語対応は2人、マニラオフィスは現在6人体制、セブオフィスは2人体制です。 CEOは日本の金融、不動産が日本の高度成長期に一番伸びたことからその経験を踏まえて フィリピン不動産から銀行、VISAまでのワンストップサービスを目指しています。 フィリピン不動産で特に、放置された物件は没収など非常に危険な状態です。 日本人の資産を守るために販売でもアメリカ法、イギリス法も勉強し、もちろんフィリピン法も弁護士と共に一番いい方法を模索させていただきます。 お気軽にメールいただければと思います。 Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

フィリピン不動産や投資で問題があったら

SEANです。

何事もルーズなフィリピンですから、常に問題は付きまとうのですが、その中でも一番被害というか損失を被っているのは、間違いなく日本に住む日本人だと思います。

 

日本に住む日本人、とあえてしつこく書きましたが、現地フィリピンに住んでいなくて、日本で営業を受けて購入や投資を決めている人が殆ど。

 

そして、不動産という現物に対して、なぜか大きな夢を求めるのも、日本に住む日本人に多くみられるケースです。

 

既に完成となった物件だったら、それが2年後に倍になるとか3倍になるとかはあり得ないと正常な思考が働くのに、なぜか出来上がっていないプレビルド物件になると、3年後の完成時点には倍で売れますから、という営業トークに釣られて2ユニット購入した、という話を多々聞いてきました。

 

タイムマシン投資みたいな言葉を聞きますが、個人的には、こういう言葉が出てきた時点で、もはや、織り込み済みだと考えます。日本の40年前がこうだったから、フィリピンはこうなります、なんていうのは信じていません。情報の伝わり方とかテクノロジーとか産業構造がまるで違いますから。

 

あとは、リゾート物件についても個人的には懐疑的ですね。

ちなみに、セブ マクタンはリゾートとして有名ですが、最近のテナントの多くは仕事のために住んでいる、つまり実需です。仕事だからそこに住まなければいけないのです。

 

以前タイに住んでいたので、一時期、リゾート地のパタヤコンドミニアム建設のラッシュを見てきました。将来性は間違いないと言われていたのが、ロシア経済危機で一気にロシア人が引き揚げ、残ったのは大量の空室。結局、リゾートというのはこういうものなのだ、と。他の地域と異なる、よほどの差別化要因がない限り、ちょっと開発したから、空港が出来たから、等の理由で爆発的に価格が上がる可能性は低いと思います。

 

あとは、日本人だけが販売対象の物件、案件も、なぜかいつになっても生まれますね 笑

確かにフィリピンで日本人が開発を主導した物件であれば、高い評価を得られると思います。香港人とか中国人富裕層は特に、日本製の品質の高さと間違いのなさを知っていますから。

 

であれば、今や、日本人よりはるかに大金持ちの香港人や中国人向けにマーケティングすればいいのに、そういうのは見たことがありません。日本人にしか売らない。

これは海外不動産あるある、でしょうね 笑

 

結局、こういう話に飛びつくのは日本人だけ、という事なのでしょう。

 

そして、良い方のシナリオとして、高値掴みをした後で、安値で地元の人や中華系に売却して損切り終了、悪い方のシナリオですと、もう物件、案件自体がとん挫して、売ることもできない、、、

 

 

 

 

そんな中で、フィリピンの不動産や投資で、どうやら、やらかしてしまった、という方は結構多いかと思います。

一番良くないのは、放置とあきらめ、です。没収などで権利が簡単に消滅するのがフィリピンですので。

 

実際のところ、損切りにはなりますが、売却とか、いくらかでも返金となるように動いてみる。

このような時、意外と(失礼 笑)と法体系がしっかりしているのがフィリピンです。

 

私たちも日々の仕事の中で、色々な情報が集まるようになってきました。

ですから、直接、仕事にはならなくても、困っている日本人の方に役立つのであれば、ご相談には乗りたいと思うようになりました。

 

メールでも結構ですし、マカティオフィスにお越しいただいても結構です。

もちろん、わからない事、答えられない事もあるとは思いますが、いずれにしても、きちんとお聞きいただいている方に対してはご返事はしますので、お気軽にメールいただければと思います。

フィリピン不動産お困り相談受け付けています。 フィリピン不動産の本当の運用ができていない方、転売、賃貸を希望される方は、 infoccpinc@gmail.com までお気軽に相談内容をメールください。