フィリピンセブ不動産の売買、賃貸はCCPI社~そよ風に吹かれて

フィリピンセブ不動産の売買、賃貸お困り相談所。8ニュータウン他

フィリピン不動産CCPIのお問合せはinfoccpinc@gmail.com になります. 2018年2月よりフィリピンマニラマカティーオフィスに事業拡張のために移転いたしました。日本語対応は2人、マニラオフィスは現在6人体制、セブオフィスは2人体制です。 CEOは日本の金融、不動産が日本の高度成長期に一番伸びたことからその経験を踏まえて フィリピン不動産から銀行、VISAまでのワンストップサービスを目指しています。 フィリピン不動産で特に、放置された物件は没収など非常に危険な状態です。 日本人の資産を守るために販売でもアメリカ法、イギリス法も勉強し、もちろんフィリピン法も弁護士と共に一番いい方法を模索させていただきます。 お気軽にメールいただければと思います。 Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

SRRV保有の方へ、パスポート切り替えの時、どうするか

SEANです。

SRRVを取得したら、パスポートの査証欄にヴィザのシールを貼られます。

カンボジアやかつての中国と同じようなものです。

 

ブログ フィリピン不動産ブログ フィリピン不動産   

 

ちょうど、先日、お客様から質問を頂いたのですが、そのパスポートが更新になるので、どうしたらいいでしょうか?と。

 

私自身、同じ経験を以前したので確認はしていたのですが、方法はふたつ。

 

ひとつは、新しいパスポートにシールを貼り変えてもらう申請をPRAに行う、というもの。これは一番正しいやり方ですが、手続きの間(私の場合は2週間程度、と言われました)フィリピンに滞在しなければいけない(パスポートを預けるわけですから)、ということで、二つ目の方法を選びました。

 

ふたつ目は、フィリピンの出入国時、常に旧パスポートも持参しておき、入管で求められた際には提示できるようにしておく、というものです。

 

私自身、2014年にSRRVを取得してからしばらくは、二つ目の方法、つまり、旧パスポートも持参していたのですが、イミグレで提示を求められた事は皆無で30回以上の入出国をしてきたので、すっかり意識から遠のいていまして、持参は止めていました。

 

ところが、先週末の日本帰国から戻ってきた時のマニラ空港イミグレで、30回以上の入国ではじめて、”旧パスポートはどうしましたか?” と聞かれました。

 

”自宅に置いています”と答えたら、しばらくしかめっ面をされましたが、次回以降は必ず持ってくるように、と注意されたものの、入国が認められたので、まあ、ラッキーでした。日本以外の国ではたいていどこでも、審査官の裁量で何ともなるものですから、下手したら、旧パスポートをマカティの自宅から空港まで届けてもらわないと入国できなかったかもしれませんし、さらに怖いのは出国時ですね。もう搭乗時間に間に合いませんから。

 

ということで、SRRVをお持ちで、ヴィザのシールが旧パスポートに貼られている方は、多分、要求される可能性は低いですが念のため、旧パスポートも持参してくださいね。もちろん、SRRVカードも、ですが。

 

余談ですが、昨日、外国人で辺野古への移設反対をしている人が日本の入管で足止めを喰らい、それが人権侵害だ、といったトーンで日本の新聞で報道されていましたが、フィリピンはもちろん、かつて住んでいたタイでも、こんなに外国人に優しい?報道がされることは皆無です。さらに言えば、野党の国会議員が入管に電話して入国の働きかけ?をした、との記載もありましたが、こういう事も日本以外では殆ど考えられないと思います。

 

いくら日本のパスポートが世界最強クラス?と言っても、くれぐれもイミグレで居丈高に振舞ったりしないで、スムーズに入出国していただければと思います。

 

 

フィリピン不動産お困り相談受け付けています。 フィリピン不動産の本当の運用ができていない方、転売、賃貸を希望される方は、 infoccpinc@gmail.com までお気軽に相談内容をメールください。