フィリピンセブ不動産の売買、賃貸はCCPI社~そよ風に吹かれて

フィリピンセブ不動産の売買、賃貸お困り相談所。8ニュータウン他

フィリピン不動産CCPIのお問合せはinfoccpinc@gmail.com になります. 2018年2月よりフィリピンマニラマカティーオフィスに事業拡張のために移転いたしました。日本語対応は2人、マニラオフィスは現在6人体制、セブオフィスは2人体制です。 CEOは日本の金融、不動産が日本の高度成長期に一番伸びたことからその経験を踏まえて フィリピン不動産から銀行、VISAまでのワンストップサービスを目指しています。 フィリピン不動産で特に、放置された物件は没収など非常に危険な状態です。 日本人の資産を守るために販売でもアメリカ法、イギリス法も勉強し、もちろんフィリピン法も弁護士と共に一番いい方法を模索させていただきます。 お気軽にメールいただければと思います。 Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

ニイノアキノ空港ターミナル1

フィリピン至上最悪の空港と呼ばれていたニイノアキノ空港ターミナル1.

日本からですと、JALとジェットスターが乗り入れしていて日本人比率が多いです。

9月の今月久しぶりに(1月以来?)JALの翼でマニラ=成田を往復します。

日本人比率が多いということでぼったくりも多く、その合間をかいくぐりながらタクシー、GRABに乗り込みするという荒業が必要。

SEANはへっちゃらという感じでターミナル1をよく利用していますが、自分はターミナル3派なので、なかなか慣れません。。

とはいえ、改装されてからはターミナル1もだいぶきれいにはなりました。

1,7月はマニラマカティーのJALカウンターではキャンペーンをしています。

日本往復360USDフェア。

マニラ発券ですと燃油サーチャージもかかりませんので、燃油サーチャージが上がってきている最近では、日本行はセブパシで空のスーツケースだけ運ぶ(スーツケースの中にさらにスーツケースを入れて日本行)預け荷物15kgを指定。スーツケースは全部で3個。

日本からはマニラ路線は特典航空券が取れやすいので1万マイルで、快適な空のたびを!!(荷物は30㎏×3)なので荷物受け取りターンテーブルからは快適では無くなります。

30kgのスーツケース3個+7キロの機内持ち込みで約100kgの物資輸送の旅です。

フィリピンは決して物価は安くは無く、日本で買ってきた方が安いものも多数。

 

当社のマカティーオフぃスは基本毎日、日本から持ってきた象印の結構いい電子ジャーで毎日日本米を食べています。

フィリピン米も最近1kg50ペソ→70ペソに値上がりしています。

まあ、マクドナルド、ケンタッキーでご飯が売っているという奇妙な国なので、調べてみたら、米の消費量が世界7番目。

ちなみに1位がバングラディシュ。ここはカレーがおいしいですね。

日本は50位ということで主食が米ですと言えるのかという国ですが、それでも日本のお米はおいしいです。

 

お米をおいしく炊く方法は、、

お米を洗って30分おいておくこと(これは皆さん知っている?)で、そのあとその水を冷やすために氷を入れるとあら不思議、もっちもちもご飯ができあがります。

自分もオフィスのお米を研ぎますが、その時は水に浸したお釜を冷凍庫で30分寝かせてから炊き始めます。

一度ご賞味あれ~~。

フィリピン不動産お困り相談受け付けています。 フィリピン不動産の本当の運用ができていない方、転売、賃貸を希望される方は、 infoccpinc@gmail.com までお気軽に相談内容をメールください。