フィリピンセブ不動産の売買、賃貸はCCPI社~そよ風に吹かれて

フィリピンセブ不動産の売買、賃貸お困り相談所。8ニュータウン他

フィリピン不動産CCPIのお問合せはinfoccpinc@gmail.com になります. 2018年2月よりフィリピンマニラマカティーオフィスに事業拡張のために移転いたしました。日本語対応は2人、マニラオフィスは現在6人体制、セブオフィスは2人体制です。 CEOは日本の金融、不動産が日本の高度成長期に一番伸びたことからその経験を踏まえて フィリピン不動産から銀行、VISAまでのワンストップサービスを目指しています。 フィリピン不動産で特に、放置された物件は没収など非常に危険な状態です。 日本人の資産を守るために販売でもアメリカ法、イギリス法も勉強し、もちろんフィリピン法も弁護士と共に一番いい方法を模索させていただきます。 お気軽にメールいただければと思います。 Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

マカティ ワン セントラル、ツーセントラルの現状

SEANです

 

日本人オーナーが非常に多い、ワンセントラル OC とツーセントラル TC

ですが、両方のユニットで目立つのは圧倒的に中華系の入居者です。

日本人は非常に少ないですね。投資用として購入されている、ということですね。

 

たまに見かけますが、お子様連れは見たことがありません。

先週末、近くのサルセド サタデーマーケットに行った時には、小さなお子様連れの

お母さま達を見かけましたが、就学年齢が近づいてきたら、やはりBGCに引っ越しと

なるのでしょう。

そうなると、お父さんの通勤は大変になるかもしれません。

職場がマカティだったら、朝晩はBGCとマカティのたった3キロ強でも1時間

掛かります、、、カビテだとしても、マカティからでしたらスカイウェイ、

高速の入り口が近くですから割とスムーズですが、BGCからですと、かなり

大変かも、、、 でも、香港でもバンコクでも、住まい選びは子供とママさん

優先になるのは、ここフィリピンでも同じなようです。

 

話を戻して、ワンセントラル、ツーセントラルですが、周辺はビジネス街で、

以前は、夜、部屋に戻る前に何か食べようか、と思っても、レストランは数軒

ありますが、日本人が普通に満足できる、リトル トーキョーにあるような

日本料理店、居酒屋は無し(ローカル向けの日本レストランはありますが、

日本人として思うのは、日本の雰囲気と料理方法そのままの店に行きたい、

という思いですから、別にローカル向けの店が美味しくない、と言う意味では

ありません。でも、トンカツとかの海苔巻きとかは、日常的に食べようとは

思わなくて、普通のトンカツ定食とか、普通の焼き魚定食を食べたいと、海外

生活ですと、なおさら思うものです)。

 

となると、残るは、ファストフードかコンビニ。

これは至るところにあるのですが、さすがに寂しい、、、

 

となると、自炊なのですが、昨年までは、最寄りの食品スーパーまで徒歩10分強

かかり、かなりしんどかったのが、年明け、スリーセントラルのモールの2階に、

RUSTAN'Sというスーパーマーケットが出来まして、8時から22時まで開いている

ので、非常に便利になりました。

http://www.rustansfresh.com/our-stores  

 

レジに一人しか店員がいなくて、5分から10分くらい待たされたりすることは

あるのですが、これはフィリピン仕方ない、、、

(余談ですが、店内にはたくさんの従業員はいるのです。ですが、現金を扱う

レジは決まった人しか触れないのでしょう。犠牲になるのはお客、、、これが

フィリピンです)

 

それでも、徒歩0分(1分?)にスーパーが出来たのはとても良いことで、

今後のテナント付けにもプラス材料間違いないと思います。

 

最近もっぱら自炊のSEANは、日常の買い物は、このスーパー。

あと、週末は、マーケットで、オーガニックの野菜や卵、肉、魚介類を

買うことにしています。

 

スーパーだけでなく、他のお店もこれからオープンしてきますから、

さらに住みやすくなってくると期待しています。

 

Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

にほんブログ村 株ブログ 海外投資へ
にほんブログ村 にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

 

 

フィリピン不動産お困り相談受け付けています。 フィリピン不動産の本当の運用ができていない方、転売、賃貸を希望される方は、 infoccpinc@gmail.com までお気軽に相談内容をメールください。