フィリピンセブ不動産の売買、賃貸はCCPI社~そよ風に吹かれて

フィリピンセブ不動産の売買、賃貸お困り相談所。8ニュータウン他

フィリピン不動産CCPIのお問合せはinfoccpinc@gmail.com になります. 2018年2月よりフィリピンマニラマカティーオフィスに事業拡張のために移転いたしました。日本語対応は2人、マニラオフィスは現在6人体制、セブオフィスは2人体制です。 CEOは日本の金融、不動産が日本の高度成長期に一番伸びたことからその経験を踏まえて フィリピン不動産から銀行、VISAまでのワンストップサービスを目指しています。 フィリピン不動産で特に、放置された物件は没収など非常に危険な状態です。 日本人の資産を守るために販売でもアメリカ法、イギリス法も勉強し、もちろんフィリピン法も弁護士と共に一番いい方法を模索させていただきます。 お気軽にメールいただければと思います。 Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

フィリピン不動産会社のライセンスにつきまして

フィリピンの不動産会社で、当社はマカティー専門です。BGC専門です。という会社がネット上ではいっぱいあります。ある意味その会社は信用していいかと思っています。

うちに問い合わせしてきましたとあるお客様のトラブルでマカティー専門に取り扱いをしている不動産会社にSPAをもって行ってきたことがあります。

ビジネスパーミット、BIR(税務署)はきちんとマカティーで登録。SECの上でも不動産賃貸、売買仲介業が入っていましたので全く問題無し。

不動産ブローカーズライセンスを持った人はいなかったのですが、その代り、売買が5%ではなくて3%の仲介手数料なのでごく普通。

セカンドオピニオンとして行ってきました結果になります。

 

同じくマクタン島内でビジネスをするにはLAPULAPU市のビジネスパーミット、BIRとコルドバ自治区までカバーするのでしたらコルドバ自治区はセブ市なので両方の営業許可証が必要となります。

個人的には香港ランドが開発をしていますマンダウェーのビジネスパーミットを取得したらマクタン島とその隣接部の市はほぼカバーできるようになるのではと考えていますが、固定コストもかかりますのでそことの比較になりますね。

 

下のフィリピン情報をぽちっと押していただけるとフィリピンの他の人の情報も見れます。↓

ブログ フィリピン不動産ブログ フィリピン不動産 

フィリピン不動産お困り相談受け付けています。 フィリピン不動産の本当の運用ができていない方、転売、賃貸を希望される方は、 infoccpinc@gmail.com までお気軽に相談内容をメールください。