フィリピンセブ不動産の売買、賃貸はCCPI社~そよ風に吹かれて

フィリピンセブ不動産の売買、賃貸お困り相談所。8ニュータウン他

フィリピン不動産CCPIのお問合せはinfoccpinc@gmail.com になります. 2018年2月よりフィリピンマニラマカティーオフィスに事業拡張のために移転いたしました。日本語対応は2人、マニラオフィスは現在6人体制、セブオフィスは2人体制です。 CEOは日本の金融、不動産が日本の高度成長期に一番伸びたことからその経験を踏まえて フィリピン不動産から銀行、VISAまでのワンストップサービスを目指しています。 フィリピン不動産で特に、放置された物件は没収など非常に危険な状態です。 日本人の資産を守るために販売でもアメリカ法、イギリス法も勉強し、もちろんフィリピン法も弁護士と共に一番いい方法を模索させていただきます。 お気軽にメールいただければと思います。 Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

経済区庁(PEZA)大統領令で無期限凍結。

商業ビルには非常に重要なIT関連などの税金優遇制度のあるPEZA.

マクタンニュータウンでもマニュライフ生命の隣のビルとワンオフィスはPEZAに指定されていますので、そのため多くのIT企業、コールセンターが中に入り活況となっています。

現在ワンパシフィックレジデンスの敷地内にあるもう1本のオフィスビル、今年頭には同じくPEZA指定待ちということでこの秋には完成予定ですが、PEZA指定されたのでしょうか?

 

大統領制の国なので大統領府からいきなり大統領令が出ることがあります。

悲しいけれどもそれに翻弄されてしまいます。

 

今年同じく、ずっとフィリピンで1年以上研究してきました太陽光発電のFIT(固定買い取り制度)これがいきなり終了となりました。

フィリピンは原油の精製施設がほぼ無いに等しいのでタイのPttから購入しています。

ですから個人的には自給自足をエネルギー政策にすると思い当分は続くだろうと考えていましたが、それも終了になりました。

計算上では日本よりも30%発電効率が高くて(パネル1枚あたり)元々アジアで一番高いと言われています電気代なのでFITの買い取り価格も40円位とパネル原価が落ちている今では非常に有望だと思っていたのですが。。。

 

大統領の国というのはそういう国というのを覚えておいた方がいいかもしれませんね。

フィリピン不動産お困り相談受け付けています。 フィリピン不動産の本当の運用ができていない方、転売、賃貸を希望される方は、 infoccpinc@gmail.com までお気軽に相談内容をメールください。