フィリピンセブ不動産の売買、賃貸はCCPI社~そよ風に吹かれて

フィリピンセブ不動産の売買、賃貸お困り相談所。8ニュータウン他

フィリピン不動産CCPIのお問合せはinfoccpinc@gmail.com になります. 2018年2月よりフィリピンマニラマカティーオフィスに事業拡張のために移転いたしました。日本語対応は2人、マニラオフィスは現在6人体制、セブオフィスは2人体制です。 CEOは日本の金融、不動産が日本の高度成長期に一番伸びたことからその経験を踏まえて フィリピン不動産から銀行、VISAまでのワンストップサービスを目指しています。 フィリピン不動産で特に、放置された物件は没収など非常に危険な状態です。 日本人の資産を守るために販売でもアメリカ法、イギリス法も勉強し、もちろんフィリピン法も弁護士と共に一番いい方法を模索させていただきます。 お気軽にメールいただければと思います。 Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

セブツアー、、、続き

今回参加の方ほとんどの方がセブは初めてということで、基本はセブマクタン空港のあるラプラプを中心としたツアー。

まずは、ラプラプのマクタンニュータウン内のご案内。

いろんな方向からマクタンニュータウン内にある8ニュータウンのユニットの見学と探索。エレベーターも見てもらったり、屋上のシーリングも見てもらったり。。。

 ブログ フィリピン不動産ブログ フィリピン不動産 

もちろん8ニュータウンの隣のワンパシフィックレジデンス、それから来年引き渡しが始まると言われているワンマンチェスターの配管構造を見える間に見てもらったり。

今年春には最後ギリギリ見えた鉄筋構造などなどの説明と、One office.

さらには、同じくホテルコンドを本物ホテルで売っているSAVOYホテルを見たり。(こちら来年完成予定ですが)

さらにさらにそこから海まで歩き、バギー乗り場で土地の形状を見てもらったり、一応現在はパブリックの海水浴場の中に入り、海の家(と海外ではいうのでしょうか??)や白い砂浜(一応砂を入れた砂浜ですが)と白くない砂浜(笑)ももちろん見てもらい。

午後からはフィリピン料理と100%果実(果汁でなくて)ジュースを飲みながら、スクワッター(スラム)探検?の準備をしていよいよ既存の売買事例のそこそこある価格がこなれたマクタンニュータウンのすぐ近くのホテルコンドへのスラムを抜けての探索ツアーと続いていきました。  続く。。。

フィリピン不動産お困り相談受け付けています。 フィリピン不動産の本当の運用ができていない方、転売、賃貸を希望される方は、 infoccpinc@gmail.com までお気軽に相談内容をメールください。