フィリピンセブ不動産の売買、賃貸はCCPI社~そよ風に吹かれて

フィリピンセブ不動産の売買、賃貸お困り相談所。8ニュータウン他

フィリピン不動産CCPIのお問合せはinfoccpinc@gmail.com になります. 2018年2月よりフィリピンマニラマカティーオフィスに事業拡張のために移転いたしました。日本語対応は2人、マニラオフィスは現在6人体制、セブオフィスは2人体制です。 CEOは日本の金融、不動産が日本の高度成長期に一番伸びたことからその経験を踏まえて フィリピン不動産から銀行、VISAまでのワンストップサービスを目指しています。 フィリピン不動産で特に、放置された物件は没収など非常に危険な状態です。 日本人の資産を守るために販売でもアメリカ法、イギリス法も勉強し、もちろんフィリピン法も弁護士と共に一番いい方法を模索させていただきます。 お気軽にメールいただければと思います。 Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

セブマクタンニュータウンの将来像の絵図が手に入りました。

マクタンニュータウン

マクタンニュータウン

マクタンニュータウン

マクタンニュータウン

フィリピンはセブ、マクタン島のマクタンニュータウンの不動産開発の絵図が上記のようになるそうです。

ブログ フィリピン不動産ブログ フィリピン不動産 

現在、マクタンニュータウンには8ニュータウン、ワンパシフィックレジデンスがほぼ引き渡し完了。ワンマンチェスターがあと1年後位から引き渡し開始。

SAVOYホテルが来年半ばから引き渡し開始。同時期にワンパシフィックレジデンスのC棟の目の前のオフィス棟が引き渡しの予定。

とワンパシフィックレジデンスはあと3~4割の鍵の引き渡し待ちで需要(オフィスの)と供給(鍵の引き渡しによる物件供給)とが来年は入り乱れる年になりそうですね。

 

最終的にはワンマンチェスターのあとのラビクトリアグローバルプレースが住居棟としては最後の供給になるということです。

その後、上記の写真のように、人工ラグーンを建設してその周りにコテージ風のホテルを作るという計画だそうですよ。

 

フィリピン不動産お困り相談受け付けています。 フィリピン不動産の本当の運用ができていない方、転売、賃貸を希望される方は、 infoccpinc@gmail.com までお気軽に相談内容をメールください。