フィリピンセブ不動産の売買、賃貸はCCPI社~そよ風に吹かれて

フィリピンセブ不動産の売買、賃貸お困り相談所。8ニュータウン他

フィリピン不動産CCPIのお問合せはinfoccpinc@gmail.com になります. 2018年2月よりフィリピンマニラマカティーオフィスに事業拡張のために移転いたしました。日本語対応は2人、マニラオフィスは現在6人体制、セブオフィスは2人体制です。 CEOは日本の金融、不動産が日本の高度成長期に一番伸びたことからその経験を踏まえて フィリピン不動産から銀行、VISAまでのワンストップサービスを目指しています。 フィリピン不動産で特に、放置された物件は没収など非常に危険な状態です。 日本人の資産を守るために販売でもアメリカ法、イギリス法も勉強し、もちろんフィリピン法も弁護士と共に一番いい方法を模索させていただきます。 お気軽にメールいただければと思います。 Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

CRSに加盟していないカンボジアで銀行口座開設!!

CRSという税情報の自動開示が続々と始まっています。

既に日本居住者も持つ外国銀行口座の55万件を日本の国税庁は把握したと報道がありました。

ブログ フィリピン不動産ブログ フィリピン不動産 

自分は香港とフィリピンで納税者番号を持っていますので、ID制度のきちんとしている香港税務当局に自分のOECD加盟100か国以上の税情報が集まってきているみたいです。

確証はないのですが、中国、香港ともに(マカオも)CRSに加盟しています。

中国は中国、香港、マカオ間だけどうも税情報の交換をやっているような感じがします。

CRSに加盟予定だけれどもCRSに加盟するかは未定の国にフィリピンとカンボジアがあります。

そもそもCRSに加盟の意思を見せていない国には、モンゴル、台湾、タイ、ベトナムラオスなどがあります。

ということで、半年に一度はカンボジアに行っているのですが、カンボジアの中でもプノンペンは空港で簡単にVISAが取れてさらに即日口座開設可能。(VISAの種類にもよりますが)

USD定期で5%位の利回りですが、ある種類のVISA取得者は現地永住者と同じ源泉の10%位と非常に有利。

フィリピンもそこかしこにある大手銀行で年4.5%位まで定期金利が上がってきています。(源泉20%かかります)

カンボジアは現在宿泊しているホテルの住所で口座開設できる方法があるという面白い国になります。

興味のある人集めていきたい人はツアーやってみてもいいかなと考えています。

 

フィリピン不動産お困り相談受け付けています。 フィリピン不動産の本当の運用ができていない方、転売、賃貸を希望される方は、 infoccpinc@gmail.com までお気軽に相談内容をメールください。