フィリピンセブ不動産の売買、賃貸はCCPI社~そよ風に吹かれて

フィリピンセブ不動産の売買、賃貸お困り相談所。8ニュータウン他

フィリピン不動産CCPIのお問合せはinfoccpinc@gmail.com になります. 2018年2月よりフィリピンマニラマカティーオフィスに事業拡張のために移転いたしました。日本語対応は2人、マニラオフィスは現在6人体制、セブオフィスは2人体制です。 CEOは日本の金融、不動産が日本の高度成長期に一番伸びたことからその経験を踏まえて フィリピン不動産から銀行、VISAまでのワンストップサービスを目指しています。 フィリピン不動産で特に、放置された物件は没収など非常に危険な状態です。 日本人の資産を守るために販売でもアメリカ法、イギリス法も勉強し、もちろんフィリピン法も弁護士と共に一番いい方法を模索させていただきます。 お気軽にメールいただければと思います。 Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

フィリピン不動産のreal estate TAXにつきまして

フィリピン不動産の固定資産税(real estate tax)の支払い時期ですが、こちらはCCTが出た後の1月1日現在CCTを所有している人に支払い義務が発生します。

 

よ~く見ている人は、、、あれ?デベロッパーの支払い、IHL(インハウスローン)の支払いの時にRET(real estate tax)を支払いしていなかったっけ??

そうです、IHLの支払いの時でも、一括支払いでもどちらもRETは支払いしないといけないのです。

 

で、どっちが得か?まず、デベロッパーが取るRETは本当のRETよりもはるかに大きい。多分概算で取っているのでしょうね。

 

フィリピン不動産の謎ですが、そんなものみたいです。あとで実際の価格との精算はしてくれません。

フィリピン不動産を買う時によくIHLを使えます。この時は通常5年ですが、その5年間の完済の後でCCTが出るまで2~3年??IHLを使用したらその間はRETは支払いしなくて済みます。

 

RETをセーブするという観点で考えた場合にはIHLでローン金額を100万ペソとか小さくする。そうしたら、IHLの金利も相対的に小さくなり、さらにRETも支払いしなくて済む。

こんな裏技?もありますよ。

にほんブログ村 株ブログ 海外投資へ
にほんブログ村 にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

フィリピン不動産お困り相談受け付けています。 フィリピン不動産の本当の運用ができていない方、転売、賃貸を希望される方は、 infoccpinc@gmail.com までお気軽に相談内容をメールください。