フィリピンセブ不動産の売買、賃貸はCCPI社~そよ風に吹かれて

フィリピンセブ不動産の売買、賃貸お困り相談所。8ニュータウン他

フィリピン不動産CCPIのお問合せはinfoccpinc@gmail.com になります. 2019年10月よりフィリピンマニラマカティーオフィスからメインオフィスをバコールに移転いたしました。日本語対応は2人(うち1人はフィリピン人)、バコールオフィスは現在11人体制、セブオフィスは3人体制です。 CEOは日本の金融、不動産が日本の高度成長期に一番伸びたことからその経験を踏まえて フィリピン不動産から銀行、VISAまでのワンストップサービスを目指しています。 フィリピン不動産で特に、放置された物件は没収など非常に危険な状態です。 日本人の資産を守るために販売でもアメリカ法、イギリス法も勉強し、もちろんフィリピン法も弁護士と共に一番いい方法を模索させていただきます。 お気軽にメールいただければと思います。 Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

マクタンニュータウン内の商業施設計画発表。

マクタンニュータウンの商業施設に関するニュースが本日一斉にニュースが流れましたので、転載させていただきます。

 

 フィリピンの不動産開発大手メガワールドは、セブ州マクタン島のラプラプ市に2階建ての商業施設「マクタン・ニュータウン・ビーチ・ウオーク(MNBW)」を建設する。総工費は15億ペソ(約31億円)で、2021年の完工を目指す。

 商業施設の建設は、同島で進める新都市「マクタン・ニュータウン」(広さ28.8ヘクタール)開発事業の一環。MNBWは、メガワールドの「ライフスタイル・モール」ブランドとして運営される。

 延べ床面積は3万平方メートルで、敷地内には「メガワールド・ホテルズ」ブランドのホテル(3階建て48室)やレストラン、映画館なども整備する。面積1.4ヘクタールの人工ラグーンも建設する予定だ。屋上には太陽光パネルを設置し、施設への電力供給に活用する。

 メガワールドのケビン・タン最高戦略責任者(CSO)は「米カリフォルニア州の商業施設をモデルとして、来場者が多目的に利用できる施設を完成させたい」と話した。

 

下のフィリピン情報をぽちっと押していただけるとフィリピンの他の人の情報も見れます。↓

ブログ フィリピン不動産ブログ フィリピン不動産 

フィリピン不動産お困り相談受け付けています。 フィリピン不動産の本当の運用ができていない方、転売、賃貸を希望される方は、 infoccpinc@gmail.com までお気軽に相談内容をメールください。