フィリピンセブ不動産の売買、賃貸はCCPI社~そよ風に吹かれて

フィリピンセブ不動産の売買、賃貸お困り相談所。8ニュータウン他

フィリピン不動産CCPIのお問合せはinfoccpinc@gmail.com になります. 2018年2月よりフィリピンマニラマカティーオフィスに事業拡張のために移転いたしました。日本語対応は2人、マニラオフィスは現在6人体制、セブオフィスは2人体制です。 CEOは日本の金融、不動産が日本の高度成長期に一番伸びたことからその経験を踏まえて フィリピン不動産から銀行、VISAまでのワンストップサービスを目指しています。 フィリピン不動産で特に、放置された物件は没収など非常に危険な状態です。 日本人の資産を守るために販売でもアメリカ法、イギリス法も勉強し、もちろんフィリピン法も弁護士と共に一番いい方法を模索させていただきます。 お気軽にメールいただければと思います。 Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

CCT受け取りを委任する?しない?

CCT(権利証)が鍵の引き渡しと同時というのはアヤラという不動産デベロッパーが有名ですね。

自分もアヤラの物件を持っていますが、鍵が出るまでに全額支払いをしなければいけない。できなければ没収。

それを回避するためのIHLという方法が無い。

VISAを持っていればその物件を担保にフィリピンの銀行ローン位しか借りさせてくれるところが無い

という物件でした。(物件によって違うでしょうが。。)

購入した当初からCCT番号が与えられて、そのままのプロセスで進んでいくので転売というのがそもそも不可能なので属性のいい方が買われています。

 

アヤラ、SMDC、メガワールド、ロビンソンが4大デベだと思っていますが、マクタンニュータウンの近くにあるアミサという不動産。

こちらはマクタンニュータウン内の8ニュータウンが販売と同じ時に販売されました。

当時12%アミサの方が安かったのですが、自分はアミサでは無くてこちら8ニュータウンの方にしました。

ちなみにアミサはロビンソンの物件。真ん中にプールがありそれを取り囲むようにレジデンス棟が立っているという作りになっています。

アミサも8ニュータウンもIHLを使用することができます。

確かアミサは14%、8ニュータウンは9%(VISA無しだと12%)だったと思います。

下のフィリピン情報をぽちっと押していただけるとフィリピンの他の人の情報も見れます。↓

ブログ フィリピン不動産ブログ フィリピン不動産 

どちらもCCTが当初一括で支払いした方には出始めています。

CCTの受け取りに関しては、管理会社があっても必ずデベロッパーと所有者の間でSPAが必要になります。(認証されたもの)

まあ、逆にCCTが管理会社がかってに取れるとなるととっても危険。

CCTを受け取りしましたら、金庫で保存。

ちなみに、VISAの担保の場合には抵当権が打たれて手元に来ますし、銀行担保の場合には抵当権が打たれて銀行に保管されますので自分の手元には来ませんよ。

フィリピン不動産お困り相談受け付けています。 フィリピン不動産の本当の運用ができていない方、転売、賃貸を希望される方は、 infoccpinc@gmail.com までお気軽に相談内容をメールください。