フィリピンセブ不動産の売買、賃貸はCCPI社~そよ風に吹かれて

フィリピンセブ不動産の売買、賃貸お困り相談所。8ニュータウン他

フィリピン不動産CCPIのお問合せはinfoccpinc@gmail.com になります. 2018年2月よりフィリピンマニラマカティーオフィスに事業拡張のために移転いたしました。日本語対応は2人、マニラオフィスは現在6人体制、セブオフィスは2人体制です。 CEOは日本の金融、不動産が日本の高度成長期に一番伸びたことからその経験を踏まえて フィリピン不動産から銀行、VISAまでのワンストップサービスを目指しています。 フィリピン不動産で特に、放置された物件は没収など非常に危険な状態です。 日本人の資産を守るために販売でもアメリカ法、イギリス法も勉強し、もちろんフィリピン法も弁護士と共に一番いい方法を模索させていただきます。 お気軽にメールいただければと思います。 Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

デング熱??

フィリピンもそろそろ雨季に入ろうとしています。

日本もそろそろ梅雨入りでしょうか?

今年の4,5月の呼吸をするのが苦しい暑さの時期もそろそろ終わり、雨季に入ると一番の大敵が蚊、蚊、蚊。モスキート君です。

 

下のフィリピン情報をぽちっと押していただけるとフィリピンの他の人の情報も見れます。↓

ブログ フィリピン不動産ブログ フィリピン不動産 

 

蚊は暑すぎると刺す力もなくなりますが、雨季により涼しくなり、なおかつあちこちに水たまりができるようになると、蚊がどこからともなく発生してきて、しかも。。

刺すようになります。

最近ゴキブリは手でつぶすようになりました。もうフィリピンではあまりの多さに慣れっこです。

蚊はいろんな病原体を媒介します。

一応日本を出る前に3種混合、B型肝炎、黄熱病など考えられるワクチン接種をして海外に出ました。

フィリピン、カンボジア狂犬病も多いので狂犬病のワクチンも打ってあります。

 

デング熱

これはワクチンがありませんし、かかった人の話ですとその苦しみは想像を絶するものだそうです。。。

バファリン、イヴ、ロキソニンなどは出血を増大させる可能性が高いので禁忌です。

唯一飲める解熱剤は日本でよく出されるカロナール。(アセトアミフェン)になります。

英文ではパラセタモールになります。

フィリピンでも普通にマーキュリードラッグとかに売っています。

長期連用は肝臓代謝型の薬物なので肝臓に負担がかかりますので、お酒は控えめに。。

というかデング熱の時はお酒なんか飲めない感じみたいです。

 

雨季はこれだけは嫌いです。

フィリピン不動産お困り相談受け付けています。 フィリピン不動産の本当の運用ができていない方、転売、賃貸を希望される方は、 infoccpinc@gmail.com までお気軽に相談内容をメールください。