フィリピンセブ不動産の売買、賃貸はCCPI社~そよ風に吹かれて

フィリピンセブ不動産の売買、賃貸お困り相談所。8ニュータウン他

フィリピン不動産CCPIのお問合せはinfoccpinc@gmail.com になります. 2018年2月よりフィリピンマニラマカティーオフィスに事業拡張のために移転いたしました。日本語対応は2人、マニラオフィスは現在6人体制、セブオフィスは2人体制です。 CEOは日本の金融、不動産が日本の高度成長期に一番伸びたことからその経験を踏まえて フィリピン不動産から銀行、VISAまでのワンストップサービスを目指しています。 フィリピン不動産で特に、放置された物件は没収など非常に危険な状態です。 日本人の資産を守るために販売でもアメリカ法、イギリス法も勉強し、もちろんフィリピン法も弁護士と共に一番いい方法を模索させていただきます。 お気軽にメールいただければと思います。 Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

6月も半ばに入れば雨季、病気に注意!!

6月も10日あたりを過ぎれば雨季が始まります。

4,5月は呼吸をするのも苦しい位暑いのですが、雨季に入ればそれも無くなります。

4,5月は日本で言う7月終わりから8月の感覚で雨が降らない。そんな感じです。

ブログ フィリピン不動産ブログ フィリピン不動産 

タイ、カンボジアは今週から雨季に入り保健省が警戒を出しています。

フィリピンの保健省(日本でいう厚生省)も多分じきに警戒を出すとは思いますが。。

 

本音を言えば、7,8,9月はセブとかボラカイ、パラワンとかには行きたくないというのが本音です。(マニラのBGCはきれいなので基本大丈夫かと)

仕事が無ければ行きませんし、多分この3か月で行くのは1回だけ。

デング熱(これはかかった日本の方に聞きましたが本当に死ぬかと思うくらいつらいそうです)

マラリア(日本では死語ですが、新興国では普通にあります)

この2つは蚊が媒介します。

自分は刺された時のためにムヒの一番強いのか医療用ステロイドを常にリュックに入れています。

ただ、刺されたら運が悪ければ終わり。。

ですから虫よけは必須アイテムなのですが、5月GWからの戻りで5本スプレータイプの虫よけ。(小さい携帯用のをうち2つ)と、カビキラーを預け荷物に入れておいたのですが、、、

JALの規定で、カビキラーの成分からボーディングゲートの手前で(あと30mで飛行機というところで)荷物の中身を見せてくださいと。。

 

??

 

と思いながら開けたら、カビキラーとスプレーもダメということで没収されてしまいました。

あ~~、虫よけスプレー前に持ち込みした1本しか残り無し。

JAL,ANA,ジェットスターあたりはそこらへん厳しいですね。。

セブパシで前は運べたからフライトは狭くて厳しいですが、そのためにセブパシにしようかな。。。なんて考えています。

 

ちなみにあとは、コレラ赤痢(自分はかかりました)、ねずみがいるところ(いないところはまず無いのですが、、、)はレプトスピラ。。

 

昨年も夏休みに来られた方があとで報告がありまして、普通に赤痢になりましたと。。。

これらの病気に注意してもし夏休みに行くなら気を付けてくださいね。。

自分なら、夏休みは北海道か日本から近い外国ならウラジオストクかなと思ってしまいますが。。。

 

フィリピン不動産お困り相談受け付けています。 フィリピン不動産の本当の運用ができていない方、転売、賃貸を希望される方は、 infoccpinc@gmail.com までお気軽に相談内容をメールください。